読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インディ・ジョーンズライクなパズルアドベンチャー『ADAM'S VENTURE: ORIGINS (北米版)』をクリア

北米で2016年のエイプリルフールにリリースされていた『ADAM'S VENTURE: ORIGINS (北米版)』を今さらクリアしてプラチナトロフィーも獲得しました。

『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』最初の感想

本日、2017年3月16日発売『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』をプレイしました。

火星の秘密を知る体感アトラクション『アンアーシング・マーズ』

本日、2017年3月7日配信開始の『アンアーシング・マーズ』(1,680円)。VR専用タイトルで低予算のB級SF映画的な体感アトラクションゲーム。

『Horizon Zero Dawn』のメインストーリーをクリア

『Horizon Zero Dawn』のメインクエストをクリアしました。ストーリーも面白かった。

Decima Engineがすごい『Horizon Zero Dawn』最初の感想

期待以上のクオリティだった『Horizon Zero Dawn』。小島秀夫監督がこのゲームエンジンを選択したのも納得です。

あのニーアが帰ってきた!『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』最初の感想

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』をプレイしています。最初は手ごたえが弱かったのですが、楽しくなってまいりました。

ローグライクな初代バイオハザード風ゲーム『Vaccine (北米版)』

トレーラーを見て初代バイオハザードっぽさが気になっていた『Vaccine (北米版)』($9.99)をプレイしました。

地下で基地づくりをして力を蓄えてから地上に侵略する『Dungeons 2』

ダンジョンの運営とリアルタイム戦略ゲームという『Dungeons 2』をプレイしました。地下パートと地上パートがあり、地下はダンジョンキーパー系の基地づくりと防衛で、力を蓄えてから地上に出てRTSバトル。

ヘディング&パズルで頭を使う『ヘディング工場』クリア

VR専用のヘディングゲーム『ヘディング工場』をクリアしました。

VR空間だからこそ微妙なズレが非常に気になる『VR Ping Pong (北米版)』

配信開始日に購入してちょっとプレイしていたのですが、『仁王』に一息ついたので再プレイしてみました。スポーツをVR空間でリアルに再現することの難しさを感じました。

そろそろ終盤の『仁王』どうしてこんなに面白いのか

どハマりしている『仁王』。2月中旬にして個人的年間GOTYを決めちゃいそうな面白さです。どうしてこんなに面白いのかを考えました。

立派になって卒業したっぽい『仁王』最初の感想

『仁王』の九州篇をクリアしました。最初の感想として大満足。

Ninja TheoryのVR専用レール式シューティング『Dexed (北米版)』

北米Storeで2017年1月30日に配信された『Dexed』。Move モーションコントローラー2本持ちのレール式シューティングです。日本語にも対応しています。

ファミコン全盛期にダブルドラゴン4が出ていたらこうなっていたという感じの『Double Dragon 4 (北米版)』

日本版は発売予定日になって急遽延期となってしまいましたが、北米版は予定通り1月30日(火)に配信されました。日本語にも対応しています。

バイオハザード7 DLC第一弾『Banned Footage Vol.1』解禁

『バイオハザード7 レジデント イービル』のDLC第一弾がPS4先行で解禁されました。3つのゲームがあります。

最高のPS VRコンテンツ『バイオハザード7 レジデント イービル』をPS VRでクリア

『バイオハザード7 レジデント イービル』をPS VRでクリアしました。通常プレイでも良作だと感じていましたが、PS VRでクリアした今では並ぶ物がない傑作だと感じています。

『7』というよりリブート1作目の『Resident Evil VII biohazard (北米版)』クリア

北米で1月24日(火)にリリースされた『Resident Evil VII biohazard (バイオハザード7)』をクリアしました。

『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』 PS VR解禁

『デッド オア アライブ エクストリーム 3 フォーチュン』のPS VRコンテンツが解禁されました。製品版を購入している人なら2017年2月28日まで無料でVRパスポートをダウンロード可能。

動き回るのが楽しい『GRAVITY DAZE 2(グラビティデイズ2)』続編らしい続編

2017年1月19日に発売された『GRAVITY DAZE 2(グラビティデイズ2)』。14時間ほどプレイし、非常に楽しんでおります。続編らしい続編で、ゲームの方向性は変わらないまま、グラフィック、操作性、システム、ボリュームがパワーアップしている。

プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセットとワイヤレスサラウンドヘッドセットの比較

本日、2017年1月19日発売の『プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15005)』と2015年12月3日に発売されていた『ワイヤレスサラウンドヘッドセット』を比較しました。

最強寒波を迎えて『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』クリア

『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』をクリアしました。

『スクールガールゾンビハンター』 キャンペーンモードをクリア

2017年1月12日(木)に発売された『スクールガールゾンビハンター』のキャンペーンモードをクリアしました。

『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』 第2章をクリアしての感想

本日、2017年1月12日(木)発売『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』の第2章までクリアしました。

VRでピンボール『Pinball FX2 VR (北米版)』

2016年11月29日に北米Storeでリリースされた『Pinball FX2 VR』($14.99)。「VRでピンボール?」というところが気になって購入しました。

『Anima: Gate of memories』の感想と最初のボスまで攻略手順

本日、2017年1月6日から配信開始された『Anima: Gate of memories』(2,590円)。昨年6月7日から配信されていた北米版($19.99)をクリアしていますが、日本語は国内PS4版独占ということで購入しました。

FPSの銃撃動作をVRで体験できた『Lethal VR (北米版)』投擲は適当で

北米Storeで12月20日にリリースされたVR専用タイトル『Lethal VR』($14.99)。銃撃とナイフ投擲で的を狙うゲームです。

『ダウンタウン乱闘行進曲 かちぬきかくとうSP』 概要とトロフィー攻略

2016年12月26日にリリースされた『ダウンタウン乱闘行進曲 かちぬきかくとうSP』(1,500円)の概要とトロフィー攻略。

『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』1話クリア時点での感想

2016年12月22日発売『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』をプレイして最初の事件をクリアしました。

二刀流でフルーツをバッサバッサと斬りまくる『Fruit Ninja VR (北米版)』

2016年12月20日に北米PlayStation Storeでリリースされた『Fruit Ninja VR』($14.99)。Move モーションコントローラー二刀流でフルーツを斬りまくるゲーム。日本語にも対応しています。

仮想現実の世界にエスケープするPS VR専用ソフト『Perfect (北米版)』

詳細不明だった北米Storeの『Perfect』を体験してみました。PS VR専用ソフトで、風景を見るソフトです。ゲームではありません。

優れたバランス調整と定番のJRPGネタ満載の『アスディバインハーツ』

2016年12月13日に配信された『アスディバインハーツ』(1,080円)をクリアしました。クラシックなJRPGです。

PS VRと相性が良かった『STAR STRIKE ULTRA VR』

『STAR STRIKE ULTRA』がPS VRにフル対応してVR専用モードも追加された『STAR STRIKE ULTRA VR』。

シュール過ぎた『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』ホラーゲーというより奇ゲー

怖いもの見たさで手を出してしまうVRホラーゲーム。でもホラーゲームというよりシュールで奇妙なゲームだった『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』。

桐生一馬伝説、最終章『龍が如く6 命の詩。』クリア後の感想

桐生一馬伝説、最終章『龍が如く6 命の詩。』をクリアしました。PS4独占になり基礎部分が大幅パワーアップしつつも、ブレない龍が如く。

『ファイナルファンタジー15』 隠しダンジョンについてと一区切りつけての感想

JRPG定番、クリア後の隠しダンジョン・裏ダンジョン的なダンジョンに到達したFF15。ここで一区切りつけて感想。

綿密な計算で作られた印象の『バイオハザード7 TEASER - BEGINNING HOUR -』VRモード

『BIOHAZARD 7 TEASER - BEGINNING HOUR -』がアップデートでPS VRや4K/HDRに対応しました。非常に気になっていたVRモードをプレイ。

掛け値なしに楽しい『ファイナルファンタジー15』最初の感想

ただいまプレイ中の『ファイナルファンタジー15』。めちゃくちゃ楽しめています。

シンプルすぎたシュートゲーム『NBA 2KVR Experience (北米版)』をプレイ

NBA 2KシリーズのVR専用ゲーム『NBA 2KVR Experience (北米版)』。$14.99で単品販売されています。

セールで買った『タイタンフォール2』キャンペーンモードをクリア

セールで購入した『タイタンフォール2』のキャンペーンモードをクリアしました。

$19.99は安い!『Darksiders: Warmastered Edition (北米版)』

2016年11月22日に北米Storeでリリースされた『Darksiders: Warmastered Edition』。『ダークサイダーズ ~審判の時~』のHDリマスター版で日本語にも対応。$19.99は安いです。

Pro+SSDでロード快適な『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』

『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』をPS4 Pro+SSDでプレイしています。Proの一番の恩恵は4Kではなくロードの速さでした。

『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』の4Kがとてもキレイ

PS4 Proロンチの時に見ていたわけですが、所持している4K対応タイトルをザッと見た後でも『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』の4Kがわかりやすい美しさでした。

『FINAL FANTASY XV JUDGMENT DISC』の感想や画質モードやHDRモードなど

『FINAL FANTASY XV JUDGMENT DISC』をプレイした感想と、画質モードやHDRモードの比較。

せつなく心に残ったパズル&アドベンチャー『SILENCE (北米版)』クリア

2016年11月15日に北米Storeで配信された『SILENCE』($29.99)をクリアしました。パズル&アドベンチャーゲームです。日本語テキストに対応。

スタンダードモデルとPS4 ProでのPS VR比較

PS4 ProでPS VRをプレイしてスタンダードモデルと比較してみました。プレイしたゲームは『DRIVECLUB VR』『Robinson: The Journey』『Rez Infinite』。

PS4 ProのHDRとREGZA 43G20XのHDRモード

全てのPS4本体がアップデートで対応したHDR。テレビを買い替える大きな理由にもなりました。PS4 ProのHDRと43G20Xの感想。

マヨネーズ瓶をクリックするだけのジョークソフト『My Name is Mayo (北米版)』20分でプラチナトロフィー獲得

マヨネーズ瓶をクリックするだけのゲームと聞いて気になっていた『My Name is Mayo (北米版)』。$0.99という超低価格です。プラチナトロフィーを20分で獲得できました。

日本語対応の『Robinson: The Journey (北米版)』で酔いました

北米Storeで2016年11月8日に発売された『Robinson: The Journey (北米版)』。日本語テキストと音声に対応しています。早速プレイしてみましたが、30分で耐えられなくなってしまいました。

ほぼ映画だった全編実写のクリックアドベンチャー『The Bunker (北米版)』

北米Storeのセールで購入した『The Bunker (北米版)』。全編実写のクリックアドベンチャーです。

ひたすらゾンビから逃げるゲーム『Corridor Z (北米版)』

北米Storeのセールで$3.99だった『Corridor Z (北米版)』。ひたすらゾンビから逃げるゲームです。