シングルプレイで遊んでいるつもりだったのに、いつの間にかオンライン対戦していたんだと気付いたウォッチドッグス

昨日発売を迎えたウォッチドッグス。期待以上の面白さで楽しんでします。
オンラインマルチプレイシステムに衝撃を受けましたので紹介します。

まず、メインチャプターを進めようとしたら「侵入された」というイベント発生。
これは台詞付きのイベントなのでオフラインのイベントだと思います。

140627_watchdogs_001

このイベントは、
1.ハッキングをしている人物を探す。
2.特定したら始末する。
という隠れんぼ→鬼ごっこという感じのイベント。

140627_watchdogs_002

140627_watchdogs_003

箱庭ゲーでは、固定のイベントとは別に、こういった突発的に発生するイベントがよくありますので特に何も思うところなく受け入れていました。
その後も2回ほど同じタイプのイベントが突発的に発生したので、ハッカーを始末。

140627_watchdogs_004

しかし、4回目に違和感を覚える。
こちらが捜索範囲に入ると敵は捜索範囲圏外に出る。
じゃあ捜索範囲外も見てみようかと動くと、敵は捜索範囲内に入る。
こちらの動きを監視して、考えて動いているのがわかりました。
小馬鹿にされているようで、CPU頭良いなと思いつつも、とても人間的な動きだと感じた。

140627_watchdogs_005

そこで人間を騙すように迂回して捜索範囲内に戻ってみると、いかにも人間が操作しているという独特な動きをしている青い車を発見。

140627_watchdogs_006

そこでやっと気づいた。
今まで単なるランダムミッションだと思って始末していたハッカーは、他プレイヤーだったんだと。

ということで、アプリ「オンライン契約」から「オンラインハッキング」を選択し、今度は自分が侵入して確認。
逃げる側の心理がわかれば、自分が追う時も有利になります。

140627_watchdogs_007

今までとは逆の立場でオンライン対戦になりました。

140627_watchdogs_008

このオンライン侵入はオプションで「OFF」にもできます。デフォルトは「ON」です。
しかし、OFFにするとスコアが初期化されますので、気分によって切り替えるような事には不向き。
ONでポイントを稼いだら、ずっとONにしておかないとポイント維持できません。

なぜ2人目、3人目の時点で気付かなかったのかと考えると。

・1人目がメインイベントと重ねて発生するイベントで、これ自体は固定イベントだとわかりますので「疑似オンライン」のランダムイベントだと思った。
・そもそも最初はシングルに集中してマルチプレイを遊ぶ気が無く、マルチプレイ設定をした覚えがない。
・2人目、3人目は人間的な動きを感じられず単純なCPUを相手にしたような感覚だった。
・こういった箱庭ゲームで、知らない間にオンラインマルチプレイになったという経験が無い。シングルプレイのステージでオンラインマルチプレイに移行するゲームでも、どこかに「オンラインですよ」という区切りがあるのが普通だった。

という感じか。

風ノ旅ビトやデモンズソウルなんかも「いつの間にか他プレイヤーがいた」という感じだったと思いますが。
こういった箱庭ゲームでは初めての感覚でした。