ハック アンド スラッシュ(Hack and Slash)について

8/21にはPS4版のディアブロIIIが発売されます。
ディアブロIIIはゲーム要素的にハック アンド スラッシュ(Hack and Slash)と分類にされます。
と、ここでハック アンド スラッシュ(Hack and Slash) ベスト10の例を出すと

1 ベヨネッタ
2 ゴッド・オブ・ウォー 3
3 ダンテズ・インフェルノ
4 Star Wars: The Force Unleashed
5 デビル メイ クライ
6 ニンジャガイデン ブラック
7 プリンス・オブ・ペルシャ
8 メタルギア ライジング リベンジェンス
9 LOLLIPOP CHAINSAW ロリポップチェーンソー
10 Heavenly Sword 〜ヘブンリーソード〜

1 ディアブロ
2 X-MEN ORIGINS WOLVERINE
3 DARKSIDERS II
4 VAMPIRE SMILE
5 GOLDEN AXE
6 ニンジャガイデン 3
7 ゴッド・オブ・ウォー
8 Star Wars: The Force Unleashed
9 VIKING
10 CONAN

「平凡なランキングだな~」とか「鬼武者が入ってないとかありえない」とか思った人は、hack(切り刻む) and Slash(叩き斬る)の意味を知っている方だと思いますが、ディアブロの存在が大きすぎてディアブロみたいなゲームのことをハック アンド スラッシュと分類するという誤解もけっこうあるように思う。具体的に言うとhack(切り刻む) and Slash(叩き斬る)の部分じゃなくて、トレージャーハント要素があるゲームをハクスラと分類しているという誤解。

けっこうどうでもいい話です。
Hack and Slashに限らず、最近のゲームはジャンル・要素分けが難しい。
「箱庭」に関しても解釈が様々なようで、インターネットコミュニティでも意見がぶつかっているのを見る事があります。

おそらく、語源である北米でのHack and Slashの使われ方を理解しているような人は、日本では本来の意味とは少し違って使っている人が多いという事も理解している人が多いでしょうから、その時々でその人が言わんとする意味もわかると思います。しかしながら、鬼の首を取ったように指摘される可能性もありますので、Hack and Slash Gameはディアブロの他に、ゴッド・オブ・ウォー、デビルメイクライ、ベヨネッタ、ニンジャガイデン、鬼武者なんかがランキングの常連という事も知っておいたほうが良いでしょう。

多数決の原理で、元々の意味がどうであれ、多く使われているほうが市民権を得るという事もありますので「ゴッド・オブ・ウォーみたいなハック アンド スラッシュのゲームがもっと出ないかな~」などと積極的に発言しないほうが良いとは思います。日本においては、もう既にディアブロみたいなトレジャーハンティング要素のあるゲームがカタカナ表記の「ハクスラ」で正しいかもしれない。