『Stealth Inc: Ultimate Edition』も810円になっていました。その概要と感想

1月21日(日)までスクウェア・エニックス エクストリームエッジ ウィンターセールが行われており、PS Storeでダウンロード版のソフトが安売りされています。プレコミュの告知でPS4関連は『THIEF』と『MURDERED: 魂の呼ぶ声』の表記しかありませんでしたが、実際は『Stealth Inc: A Clone In the Dark ULTIMATE EDITION(ステルスインク クローン イン ザ ダーク アルティメット エディション)』もセール対象でした。

Stealth Inc: Ultimate Editionの通常価格は1,620円(税込)で、今なら半額の810円。

150109_スクエニSALE_001

ローカライズは丁寧
決定ボタンは日本仕様のボタンになっていますし、壁の文字なども日本語化されています。翻訳も自然で特に違和感は覚えない。丁寧にローカライズされている印象。

150109_Stealth Inc_001

150109_Stealth Inc_002

基本ルール
PCをハックして出口扉を開ける→出口に向かう、というのが基本のクリアルール。それを邪魔するのが監視カメラなどの存在で、カメラの撮影範囲に入ると攻撃を受けて死亡する。

カメラなどの撮影・射程範囲に入らないように移動し、PCをハックして出口に向かうアクションパズルゲームです。

150109_Stealth Inc_003

やや爽快感不足
パズルゲームにおける爽快感とは、解けた時の喜び。先日クリアしたThe Swapperと比較してしまいますが、パズルゲームとしての爽快感は、やや不足している。

具体的に言うと、The Swapperのステージデザインはシンプルで、プレイヤーにステージの情報が全て与えられたうえで試行錯誤して解いていける。考えをまとめてから動いて一気に解く事ができる。Stealth Incの場合、最初は暗闇になっていてどうなっているかわからないエリアがあったり、ボタンを押してもどこがどう反応するのかわからないところがあります。そこは自分で動いてみて確かめるしかない。「手探りでいじりながらやってたらクリアできちゃった」という印象にもなるので、パズルゲームとしての爽快感は薄まってしまう感じ。

このへんのデザインは好み次第、先がわからないから緊張感があるという魅力もある。

150109_Stealth Inc_004

150109_Stealth Inc_005


光線を避けたり、パズルゲームにしてはアクション性がやや強い。適当にやればサクサク死ねるゲームでもありますが、即リトライできるうえにチェックポイントは細かく設定されていますのでストレスにはならない。

ロードは不満なし、ゲーム進行もサクサク
テンポの良いゲームです。1ステージも短いし、サクサクプレイできる。
ロード面での不満も無くて快適。

ステージエディットができる
このゲームは自分でステージを作成する事ができます。

150109_Stealth Inc_007

150109_Stealth Inc_008

メタスコアは73点か
メタスコアですがPS4版は3件しか評価がなく、80点/70点/70点なので平均73点ということになる。ユーザースコアは6.4点(26件)。

150109_Stealth Inc_006

動画
Stealth Inc: Ultimate Editionの冒頭15分プレイ動画です。PS4のSHARE機能で録画したものを直接Youtubeにアップロードしています。