北米ユーザーが高評価したゲームBEST20 ユーザーに評価されたDying Light

世界最大級のレビューまとめサイトであろうMetacriticのPS4ユーザースコアBEST20。DLCを含む240タイトル以上の中の上位20タイトルです。

順位ユーザー
スコア
タイトル
メタスコア
18.7The Last of Us Remastered
(ラスト・オブ・アス リマスタード
) 
95
28.6P.T.tbd
38.5Resident Evil HD Remaster
(バイオハザード HDリマスター) 
84
48.3Oddworld: Abe's Oddysee - New 'n' Tasty84
58.3The Wolf Among Us83
68.3Life is Strange: Episode 1 - Chrysalis78
78.2Valiant Hearts: The Great War
(バリアント ハート ザ グレイト ウォー) 
77
88.2Rayman Legends90
98.2Tales from the Borderlands: Episode One - Zer0 Sum82
108.2Hotline Miamitbd
118.2Guilty Gear Xrd -SIGN-84
128.2Grim Fandango Remastered82
138.2Grand Theft Auto V97
148.1Dying Light
(ダイイングライト) 
73
158.1Middle-earth: Shadow of Mordor
(シャドウ・オブ・モルドール
84
168.1The Walking Dead: Season Two - A Telltale Games Series81
178.1Super Mega Baseball84
188.0Wolfenstein: The New Order
(ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー
79
198.0Transistor
(トランジスター) 
83
208.0Alien: Isolation79
青文字はパッケージ版あり

Dying Light(ダイイングライト)は面白い
あまり気にしないユーザースコアを見直してみたのは、このタイトルのため。北米版をプレイしていてとても面白いんですが、メタスコアは現時点で73点(9件)。評価件数が少ないとはいえ不当に低いと感じられたので、じゃあ8.1点(382件)のユーザースコアは全体でどれくらいの順位なのか気になった。

ユーザースコアは全体14位の高評価。メタスコアで14位だと86点クラスです。ユーザースコアBEST20の中で、このDying Lightだけがメタスコアが異常に低い。同時期に競合タイトルも少なく、そこそこビッグタイトルなのに評価件数も少ない。発売前にレビューは公開されていませんでしたので、レビュー規制でもあったのかと思う。その反感もあって低くされてるのかなとも思ってしまう。

『Dying Light(ダイイングライト)』ファーストインプレッション ゾンビだらけの街に放り出されて最高

ダイイングライト (初回生産限定:ゾンビ モードDLCコード 同梱)
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
2015-04-16


Super Mega Baseballも面白い 
これの高評価は嬉しい。掘り出し物でした。テキストは少ないゲームですし、CEROも問題なしのA指定でしょうから、是非とも日本でもリリースしてほしい。

草野球のような魅力『Super Mega Baseball』が面白い

141218_Super Mega Baseball_003

安いゲームは満足度が高い
ユーザースコアは価格が評価に直結する印象で、上位に低価格ゲームが多いです。2位のP.T.は無料ですしね。Resident Evil HD Remaster(バイオハザード HDリマスター)は日本だと3,990円ですが、北米だと$19.99です。昨日紹介したLife is Strange: Episode 1は6位で$4.99。

リマスター系は無難
リマスター系タイトルも多い。元々の評価が良いので、それをキレイにしただけなら評価は下がりにくい。

上位は参考になるが下位はメチャクチャ
ユーザースコアのランキング上位は「面白い!」という参考になりますが、中位・下位が「つまらない」という参考にはなりにくい。注目度や期待値が大きすぎるゲームは厳しい評価になりがちですし、様々な対立関係によってアンチ的な人の0点評価も受けやすい。Minecraft: PlayStation 4 Editionが5.9点というところで、どうでもいい評価だとわかる。

ゲームをプレイしていなくても誰でも気軽に0点がつけられるシステムですし、実際に0点がつけられまくっているので、ユーザースコアの低評価は、それほど気にする必要はないかと思います。逆に、このカオスの中で数百件の評価数でも8.0点を越えているタイトルは、実際にそれなりのモノは持っているんだと思う。自作自演で評価を高めようものなら、すぐ反感を買ってしまいますし。

まとめると、低価格が受けやすい中で$59.99のDying Light。話題性のあるタイトルには厳しい評価がつく中で、年明け1発目の新規で(そこそこ)ビッグタイトルであるDying Lightが382件の評価で8.1点。つまりDying Lightは、かなり面白いゲーム。メディアの低評価に異を唱えたい。もしかしてDaylightと間違えたのかな?