Dying Light(ダイイングライト)のDLC第一弾『Cuisine & Cargo』をプレイ

2月10日にリリースされたDying Light(ダイイングライト)のDLC第一弾『Cuisine & Cargo』。

単品での販売価格は$4.99で、$19.99のシーズンパスにも含まれています。容量は1MBですので、アンロックキー方式のDLCかと思います。

「いつも使うPS4として登録する」をしておけば、ダウンロード版のソフト同様に北米アカウントでダウンロードして、日本アカウントでもプレイする事が可能。

150211_Dying Light_001

2種のチャレンジDLC
このDLCはQUESTSのCHALLENGESに属し、2種あります。

・SLUMSの「HORY YEAR TUNNEL」
・OLD TOWNの「THREE MOONS RESTAURANT」


本編拡張型のDLCですので、本編のセーブデータが有効。
難易度はどちらもHardですので、ある程度ゲームを進行させている人向け。 
プレイ時間は各10分かからない程度。

SLUMS「HORY YEAR TUNNEL」
地下鉄で穴から湧き出るゾンビを止めるためコンテナを落として穴を塞ぐ(2つ)。その後にエリアのゾンビを一層するとクリア。穴を塞がないと無限にゾンビが湧くので、素早くコンテナに上ってコンテナを落とす必要があります。

150211_Dying Light_002

OLD TOWN「THREE MOONS RESTAURANT」
THREE MOONS RESTAURANT内を捜索し、5つのアイテムを回収するチャレンジ。 

150211_Dying Light_003

短時間で終わっちゃう汎用ミッション的なミッション。水増しDLCという感じで、印象は悪い。しかし、本編拡張型なので、本編で育てたキャラや集めた武器をそのまま持ち込めるので、単純に遊び場が増えて良いとは思える。本編が面白いから買って損したDLCとは思えない。これが先日プレイしたファークライ4の「ドゥルゲシュからの脱出」みたいに本編と別だったら、どうしようもないDLCだったでしょう。

ダイイングライトもファークライ4もシーズンパスを販売しており、こういった有料DLCも含むわけですが、手抜きとも思えるようなパッとしないDLCが当たり前になってきちゃうと残念です。トラブルがあって無料になってしまいましたが、アサシン クリード ユニティの『デッド キング』みたいな良いDLCを作ってほしい。$4.99で汎用ミッションみたいなDLCより、$9.99~$19.99で『デッド キング』みたいな中身のあるDLCで遊びたい。

シーズンパスのDLCといえばウォッチドッグスの『Bad Blood』もちゃんと作ってあって面白かった。シーズンパスのDLCは、ゲームによって格差がありそうだ。

ダイイングライト (初回生産限定:ゾンビ モードDLCコード 同梱)
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
2015-04-16