北米版『DmC Devil May Cry: Definitive Edition』は日本語対応

北米Storeで3/10リリースの『DmC Devil May Cry: Definitive Edition』は日本語対応です。ゲーム内テキストとトロフィーが日本語に対応。デフォルトだと字幕がオフになっていますので、オプションからオンにしたほうが良いでしょう。音声はPS3版の時から英語のみです。

150311_DmC_002

150311_DmC_003

単にキレイになっただけじゃない
DmC Devil May Cry: Definitive Editionの詳細。

・1080p/60fpsに対応。
・手動ロックオン機能の追加。
・ゲーム速度が20%アップするターボモードの追加。
・高難易度『Gods Must Die』が追加。
・バージル用のブラッディパレスを追加。
・バランス調整。戦闘要素や敵の行動、スタイルシステムに変更あり。
・PS3版とはトロフィーが変更。
・新コスチューム追加。
・全DLCを収録。 ※特典のはスキンだけかな?
PS3版のDLC内容
第1弾 コスチュームパックネオダンテ、ダークダンテ、クラシックダンテのコスチュームセット。
第2弾 ブラッディパレス101のミッション。敵を殲滅して次のミッションへ進む感じ。
第3弾 バージル ダウンフォールダンテの兄、バージルでプレイするオリジナルエピソード。
特典 ゴールドウェポンパック&アイテムファインダーダンテの武器がゴールドになるパックと、シークレットアイテムを見つけることができるアイテムファインダー。
特典 ボーンウェポンパック&オーブハーヴェストダンテの武器が骨をイメージしたものになるパックと、獲得レッドオーブが通常より増えるオーブハーヴェストト。
特典 サムライウェポンパック&アップグレードポイントダンテの武器が日本をイメージしたデザインになるパックと、技獲得に必要なアップグレードポイント。

ターボモードが良い
Choke Point様で紹介されていたレビューの中に「新Turboモードは素晴らしいので常にオン推奨」と書いてありましたので使ってみました。ゲームスピードが20%アップするのですが、ホントに良い感じです。無理な速さじゃなく心地良いスピード感で、もう通常スピードには戻りたくなくなります。

ターボモードと日本語化具合の確認用に動画をアップしました。



フレームレートの安定度は高い
DigitalFoundryがフレームレートを測定しています。動画を見た感じだと90%以上は60fpsで安定。激しい場面では50台になっている事も。瞬間的に40後半になる事もあるが、これは一瞬だけ。ほぼ60fps維持で、激しい場面でも50台なら問題ないでしょう。

この測定動画はプレイアブル時のものですが、海外レビューだとムービーシーンでのカクつきが指摘されていました。



メタスコア高評価
現時点でメタスコアは86点(31件)、ユーザースコアは7.1点(46件)の高評価。これは当然ですね、PS3版が85点の高評価で、それをさらにパワーアップしているわけですから。

150311_DmC_001

開発元のNinja TheoryはPS4で『Hellblade』というタイトルを開発中。こちらも期待してしまいますね。

現時点では日本でのリリース予定がない
日本でリリースされないって事は無いと思いますが、北米で『DmC Devil May Cry: Definitive Edition』と『Devil May Cry 4 Special Edition』がアナウンスされた後、日本では『Devil May Cry 4 Special Edition』だけが2015年夏にリリースされるというアナウンスがあり『DmC Devil May Cry: Definitive Edition』に関しては情報が無い。

北米PlayStation Storeでの価格は$39.99。日本のアマゾンでも輸入販売されています。



PS4の北米タイトルで遊ぼう