サイコブレイク ザ・アサインメントは本編よりもホラー感たっぷりでした。クリア後の感想

『龍が如く0 誓いの場所』をプレイする前にやっておこうと思い『サイコブレイク ザ・アサインメント』をクリアしました。クリア時に出たクリアタイムは2時間39分38秒で、死亡回数は15回でした。

150312_サイコブレイク_001

本編とは違うゲーム性
この『ザ・アサインメント』は本編とは、まったく違うゲーム性です。隠れたり逃げながら進む非戦闘型のステルスホラー。戦闘要素も0ではありませんが、基本はステルスゲーム。シンプルな装備・アイテムのみで、成長要素はありません。

標準装備はフラッシュライト。
拾って使用可能なアイテムは、ビンと斧のみ。
あとは収集系アイテム。

150312_サイコブレイク_003

本編よりホラー要素が濃い
基本的には非戦闘型のゲームなので緊張感があり、敵を倒せるゲームに比べて数倍怖いです。ハラハラドキドキの連続でした。重いドアやバルブを回すときはボタン連打するのですが、追われている状態だと「早く開いてくれーーー」っと必死になるシーンが数回あった。お化け屋敷的なビックリさせるネタも仕込まれています。

バイオハザードのキャッチコピーである「そこを歩く、という恐怖。」も感じられた。

150312_サイコブレイク_006

ボリュームは丁度良かったです。2時間40分の中で様々なパターンの敵が出て来て面白かった。ステルスホラーで長時間になるとパターンが限られてダレると思う。銃撃ゲームなら撃っているだけで楽しい部分もあるけど、ステルスだけだとキツイ。ボリュームと密度には満足しています。

150312_サイコブレイク_004

死にゲー
2時間40分で15回死んでいるのでサイコブレイク本編と同様に、けっこうな死にゲーです。

即死系も多くて、だからこそ逃げなきゃいけない恐怖があるのですが、他ゲームのレビューでも即死要素は、あまり好まれてない印象なので好みが分かれると思う。

リトライのロード時間は、死亡して画面が赤くなった瞬間からプレイアブルになるまで18秒程度かかる。PS3基準で考えれば普通くらいですが、PS4はリトライが早いゲームが多く、即死も多いこのゲームで長めなのは良くない。

150312_サイコブレイク_005

グラフィックは並以下
グラフィックは並以下という印象。場所やオブジェクトによってクオリティ差が目立ち、良いところもありますがPS3クオリティを感じるところも多々ある。でも暗いシーンが多くて、ごまかしが効くので雰囲気は出ている。

150312_サイコブレイク_007

シネマスコープサイズは見難いです。ステルスゲームとの相性も悪いと思った。中盤辺りからは慣れましたが、操作と視点に慣れるまではストレスになりますね。ゲーム性は違いますが、操作感やカメラの具合は本編と大差ありません。

本編で明かされなかった部分が見えてくる
本編との物語の絡みは良い感じです。「あの時のキッドは、こういう状況だったんだ」と知る事が出来て、もう1度本編をプレイしたくなってくる。本編は抽象的過ぎて、あまり物語は楽しめなかったですが、こちらは中々興味をそそられました。

150312_サイコブレイク_002

『ザ・アサインメント』と『ザ・コンセクエンス』という前編・後編に分かれているので、まだスッキリできない。1,080円という価格から考えたら十分な内容でしたし『ザ・コンセクエンス』も買いたいと思えた。

サイコブレイク
ベセスダ・ソフトワークス
2014-10-23