2度目のPS4容量限界。4TBか6TB化を目指す

昨年12月16日に1TBのSSHDが容量限界になって初期化したのですが、昨日再び容量限界を迎えました。1度限界を迎えると次は早いですね。

150321_HDD_001

HDDに入れておかないと自動アップデートされない

ゲームのインストールデータをHDDに入れておきたい最大の理由は自動アップデートです。HDDに入れておかないと自動アップデートされません。ドライブクラブやアサシンクリードユニティは極端な例ですが、それ以外にも最近のゲームは発売後のアップデートで進化・改善されるのが当たり前になってきている。北米版であればアップデートで日本語対応する事もある。ということで、なるべく自動アップデートの網を張っておきたい。

3.5インチのHDDをPS4に接続可能にするNyko Data Bank

ゲームニュースをチェックしていれば見ていると思いますが、PS4に3.5インチのHDDを接続可能にする『Nyko Data Bank』という周辺機器が北米で3/31にリリースされます。訂正:5/31でした。コメントでの指摘ありがとうございます!

150321_HDD_002

PS4は通常2.5インチのHDDにしか換装できませんので、現時点での最大容量は2TB。これが3.5インチが使えるとなると4TBや6TBのHDDにも対応できる事になる。

6TBまで認識するようだ

Nyko Data Bankを使った接続ではありませんが、海外ユーザーの方がPS4に6TBのHDDを接続している動画をアップロードしています。



ストレージ容量は5.38TBになるもよう。

150321_HDD_003

使用されているHDDは、Seagate 6TB Desktop HDD 6Gb/s 128MB Cache 3.5-Inch Internal Drive Retail Kit (STBD6000100)。



不具合の可能性

6TBまでの認識を確認しましたが、不具合が出る可能性もある。海外フォーラムで6TBのHDDを使うと起動に毎回セーフモード起動が必要になるとの報告もありました。上記動画でもPS4本体起動の前に別の機器の電源を入れているので、6TB HDDを通常起動するにはそういう措置が必要なのかと思う。

Nyko Data Bank使用時にどうなるかは使ってみるまでわからない。6月中には入手して試してみたいところです。