『Toren』はICOの影響を強く受けた感じのゲームでした

5/12に北米PS Storeでリリースされた『Toren』。ブラジルのデベロッパーが開発したゲームです。

2時間未満
初回クリアまで約1時間40分でした。$9.99なりのボリュームですね。

トロフィーも残り3つなので、やり込むような要素も無い感じです。

ICOに強い影響を受けている
ゲームのシステムや雰囲気などICOの影響が強いと感じた。キャラの動き、特にジャンプの感覚はICOっぽかったです。

150513_Toren_002

ICOと違ってテキストは多めです。言語は英語のみですので、わかりにくいところもありました。

150513_Toren_003

ICO
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2011-09-22


雰囲気は良い
ゲームの雰囲気は良いです。幻想的なところもあり、シビれるような演出もあり。ビジュアルだけでなく音楽も良い。このゲームの魅力は9割以上が雰囲気や演出の良さだと思う。

150513_Toren_001

技術的には低い
ビジュアルの雰囲気は良いですが、グラフィックとしては稚拙さも感じる。プレイ中の読み込みでカクカクするところもあり、技術的には低いと感じた。

150513_Toren_004

簡単なアクションアドベンチャー
ゲーム的には簡単過ぎて物足りない。解けた時に爽快感を感じるレベルのパズルは無いし、アクション的にも地味で簡単でした。戦闘はアクションというよりパズル的で、倒し方がわかれば簡単に倒せる。戦闘自体が少ない。簡単なのでゲーム進行にストレスはありません。道もほぼ1本道の単純な作りで、ICOと比べるとゲーム性はかなり劣る。雰囲気に浸るのがメインかという感じ。

150513_Toren_005

ICOを意識して作られたようなゲームで、雰囲気や演出は良いけどゲームとしてはICOに遠く及ばないという印象。雰囲気や演出を楽しむのにゲーム性が邪魔をしないという意味では良いです。それでも雰囲気ゲーというよりは「ICOみたいなゲームを作りたかった」というところの方が強く感じられる。

PS4の北米タイトルで遊ぼう