『ウィッチャー3』は○決定にするか×決定するか選択可能

以前書いた記事『○×問題』のコメント欄から情報いただきました。電撃オンライン様の『ウィッチャー3』紹介記事によると、PS4版は決定ボタンをにするか×にするかをオプションで切り替えることが可能とのこと。下記リンク先の記事では、ウィッチャー3の基本がわかりやすく紹介されているので読んでいるとワクワクしてきます。購入を迷っている人が読んだら思いっきり背中を押されそうです。

PS4『ウィッチャー3』レビュー。物語やアクション、自由なゲームプレイのすべてを高評価 - 電撃

そして、日本語/英語の選択も自由。

字幕のON/OFF
テキストの日本語/英語
音声の日本語/英語

本当に頑張っている感じがするローカライズ。PS3のスターオーシャン4 インターナショナルで×決定の変更オプションがありましたが、PS4タイトルでは初かと思います。

規制具合
規制に関しては以前にも紹介しています。


分離欠損もありなのでアクションに関しては北米版と同じ感覚でプレイできそう。

エロに関してはCEROでしっかり規制されているので難しいところではあります。性表現描写の変更がどのような形になっているかに注目。

150516_w3_001

GOTY候補
メタスコアが現時点で92点。2015年のGOTY候補でもあります。GOTYと言っても、実際のところ300ほどのGOTYが存在し、モンドセレクション並にGOTYの看板が掲げられている部分もあります。

個人的に「真のGOTY」と言えるのは下記の3つかと思います。

The Game Awards  - 全世界のゲームメディアが投票で選ぶGOTY。
Game Developers Choice Awards - IGDAに参加するゲーム開発者達が投票で選ぶGOTY。
GAME OF THE YEAR PICKS BLOG - 300ほどあるGOTYの獲得数を集計したブログ。

「The Game Awards」のGOTYと「GAME OF THE YEAR PICKS BLOG」の1位作品は高確率で同じタイトルになるかと思いますので、実質は2つかな。メディアが選ぶ物と開発者が選ぶ物という性質の違いがあります。「The Game Awards」自体は2014年からの開催ですが、VGXという大イベントの後継イベントです。ゲームアワードとしては世界最大のイベントと言えると思います。

2015年、世界最高のゲームになるかもしれないウィッチャー3を丁寧にローカライズしてもらえるのは嬉しい。

ウィッチャー3 ワイルドハント
スパイク・チュンソフト
2015-05-21