『ダイイングライト』がバージョン1.02のアップデートで赤い血になりました。

PS4版『ダイイングライト』がバージョン1.02のアップデートで血の色が赤になりました。

日本版の発売当初、この件がもっとも大きな問題として騒がれていましたので、それが改善されたのは『ダイイングライト』にとって素晴らしいアップデートだと思います。ゲーム自体の出来はとても良くて、ローカライズの規制具合がネガティブ要素になってしまっていたので、この大きな問題が解決したのは嬉しい。

CEROの壁は超える事が出来ませんので規制自体は仕方ないですが、やる必要のない規制までやったり、今回の『ダイイングライト』のように人間の血が緑であった事を隠すような事前発表は良くなかった。かなり反感が多かったので今回のアップデートに繋がったと思いますが、改善してくれたので嬉しいです。今回のこの行動で次のワーナー・エンターテインメント・ジャパンのローカライズ作品への期待値が回復しました。

アマゾンレビューは星1が圧倒的に多いですが、ほとんどがゲームの基本部分は褒めているものの、緑の血色が帳消しにしているという星1。星2も同様。その問題が無くなったのは本当に大きい。

150526_ダイイングライト_002

ダイイングライト【CEROレーティング「Z」】
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
2015-04-16