90点か60点か評価の分かれるサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』

本日リリースされた『エイリアン アイソレーション』。

評価が分かれた海外レビュー
メタスコアは79点ですが「80点前後のゲーム」という認識では間違いかもしれません。評価が分かれるタイプのゲームです。50件の評価中、90点以上をつけたメディアが12件、69点以下をつけたメディアが5件あり、その中でも超大手のGameSpotが60点、IGNが59点だったのは話題になりました。

『Alien: Isolation』海外レビュー - Choke Point

高難易度のゲームで、ストレスが溜まるようなところが低評価に繋がったようです。メーカーは、この件に対応してリリースの3ヶ月後に難易度:Very Easyを追加しています。日本版には最初から難易度:Very Easyがある。ゲームが難し過ぎて詰むという問題は緩和されていますので、評価は大きく変わるかもしれない。

2014年の6位
各メディアのGOTY数を集計したブログで23個のGOTYを獲得して2014年の6位に選出されています。

1位 Dragon Age: Inquisition - 134
2位 Middle-earth: Shadow of Mordor - 49
3位 Mario Kart 8 - 28
4位 Super Smash Bros. - 28
5位 Far Cry 4 - 26
6位 Alien: Isolation - 23
7位 Bayonetta 2 - 22
8位 Dark Souls II - 15
9位 Destiny - 13
10位 Hearthstone: Heroes of Warcraft - 8

2014 GAME OF THE YEAR - GAME OF THE YEAR PICKS BLOG

日本版は完全版
日本版は海外版の追加要素を含む完全版でリリースされています。『日本限定コンプリートパッケージ』という言葉を見ると、コンプリートパッケージ版が限定リリースされるような感じも受けますが、通常版が完全版という事です。むしろ通常版しかない。

・オリジンミッション「搭乗員は放棄してよし」を収録。
・オリジンミッション「最後の生存者」を収録。
・サバイバルモードの追加ミッションとマップを収録。
・難易度Very Sasy、Nightmareを収録。

日本限定コンプリートパッケージ - ALIEN: ISOLATION エイリアン アイソレーション 公式サイト

ローカライズは決定、英語音声/日本語字幕
決定ボタンは。音声は英語のみで日本語の字幕がついています。端末で見る事のできるメールなどのテキストも日本語化されています。

ステルスの緊張感と恐怖感
難易度:Normal、ミッション5途中時点での感想。ステルスの緊張感と恐怖感は素晴らしい。そして難しい。敵は人、アンドロイド、エイリアンの3種に遭遇しましたが、エイリアンに見つかればほぼ死亡確定。アンドロイドは銃で応戦もできるが、弾薬は限られるので基本的には使用しない前提。戦闘要素は薄い。

150611_エイリアン アイソレーション_002

メタルギア、スプリンターセル、ラストオブアスらに含まれるステルス要素とは方向性が違うとも感じる。これらのゲームはレーダー機能が充実していたり、敵の配置や動きもわかりやすい。いざとなれば戦って進めるし、ステルス要素はひとつの選択肢に過ぎず、かなりプレイヤー側に有利なシステムでもある。『エイリアン アイソレーション』の場合、特にエイリアンのいるエリアでは見つかったらほぼ死亡確定。そしてレーダーの機能も十分ではない。ミニマップのような便利な物は無く、R1を押すと動体探知機を取り出し、動体の位置を表示する。やっかいなのが、この動体探知機は音を発するので敵の近くで使うとこちらの位置がバレるリスクがある。けっこうクセのある機械です。最初に述べた3タイトルのように楽なステルスをやらせてくれるわけではなく、敵の位置の把握も難しい生きるか死ぬかの緊張感があるステルスになっている。

150611_エイリアン アイソレーション_001

リトライはセーブデータをロード
キツイのが、死亡した時のリトライがセーブデータのロードという仕様。セーブはセーブポイントでのみ可能なので、場合によってはガッツリ巻き戻る。エイリアンの動きを見極めるためにロッカー等に隠れて長時間待機する事もあり、それが見つかって帳消しになる精神的ダメージは大きい。GameSpotは「トライアル&エラー+距離の離れたチェックポイント=ストレス」と書いていましたが、60点の評価をしたのは、こういう部分が大きいようだ。

しかし、デメリットが大きいからこそ死が恐怖になる部分もある。セーブ後のプレイ時間が増すごとに「今は絶対死にたくない」という気持ちになる。瞬時に直近から始まれば、作業的に繰り返しプレイ出来てしまう。ゲーム的に快適になればストレスは大幅に軽減されるが、死のデメリット・恐怖も大幅に軽減されるので難しいところだ。

150611_エイリアン アイソレーション_004

ストーリーには引き込まれていない
まだミッション5の途中ですが、今のところストーリーに惹かれるところはありません。言われた事をやらされている感じ。

150611_エイリアン アイソレーション_003

PlayStation Cameraとの連動は面白い
このゲームにはPlayStation Cameraを使った機能があります。これらの連動要素はOFFにも出来る。

ひとつは音。PlayStation Cameraが音を拾って、その音でエイリアンにバレるという機能。隠れている時に電話がかかってきたりインターホンが鳴ったら終わりですね。

もうひとつは覗きこむ動作がプレイヤーの頭の動きに対応。これは中々面白かった。VRみたいに感覚的に覗き込める。ロッカーの隙間から右側を見たいなと思えば、頭を左に移動させれば右側の方が見えたりする。

150611_エイリアン アイソレーション_005

ロッカーや物陰に隠れてドキドキし、エイリアンのルートを予測しながら意を決して進む。緊張感と恐怖は最高峰。しかし難易度は高い。IGNのレビューにも「何よりも何百回(そう、単位は百だ)理不尽な死を迎えた」と書いてありましたが、そういった死を何度も乗り越えてプレイできる人向け。ただ死ぬ事以上にセーブポイントまでの巻き戻りがツライ。難易度:Very Easyなら簡単だとは思いますが、このゲーム性で簡単になっちゃって面白いかな?というところはある。