『Ultra Street Fighter IV』がVer1.03になって多くの問題が解決

『Ultra Street Fighter IV』(ウルトラストリートファイターIV)がアップデートでバージョン1.03になりました。バージョン1.02でも多くの修正がありましたが、バージョン1.03でも読むのが面倒なほど修正点があります。

150612_ウル4_001

インプットラグがXbox360版と同等になった
・Reduced input latency

今回の修正で最重要はこれかなと思います。バージョン1.02まではボタンを押してからキャラクターの動きが反映されるまでの時間がXbox360版よりも遅かったのですが、バージョン1.03で同等になりました。

ハード 解像度/fps 測定値(幅) 動画リンク(DisplayLag)
PS4 1080p/60fps 89ms(83-92ms) Ultra Street Fighter IV Input Lag Test (VER 1.03)
PlayStation 4
Xbox360 720p/60fps 86ms(75-100ms) Ultra Street Fighter IV Input Lag Test
Xbox 360
測定元:Video Game Input Lag Database - DisplayLag

新規タイトルなら細かなバージョンアップもわかりますが、完成形のある移植物のゲームが発売3週目でバージョン1.03は早い。移植を手掛けたのはOther Ocean Interactiveのようですが、信用を落としてしまって必死に挽回しようとしたんでしょうかね。

150612_ウル4_002

日本でのリリースはアナウンスされていませんが、これならリリースしても良さそうですね。北米ではダウンロード専用タイトルですので、日本でリリースするなら同じになるかと思います。ダウンロード専用タイトルはリリース直前になって発表されたり、急にリリースされたりもしますので、これもポッと出るかもしれませんね。

ULTRA STREET FIGHTER IV 新生の書 (ARCADIA EXTRA)
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-09-04