ワーナー『バットマン:アーカム・ナイト』でも物議を醸しそうな仕様

『ダイイングライト』のローカライズで物議を醸したワーナー・エンターテインメント・ジャパンですが、7/16にリリースを予定している『バットマン:アーカム・ナイト』でも物議を醸しそうな仕様がありました。

本編は日本語音声完全収録、ストーリーDLCは英語音声(一部日本語)・日本語字幕

『ハーレークィン パック』などのストーリーダウンロードコンテンツは英語音声・日本語字幕の仕様となります。(一部音声は日本語の場合がございます)

バットマン:アーカム・ナイト【公式サイト】

『バットマン:アーカム・ナイト』は「アーカム シリーズ初の日本語音声完全収録!」という事をアピールしていましたが、『ハーレークィン パック』などのDLCは英語音声・日本語字幕になるという。さらに「一部音声は日本語の場合がございます」とも書いてある。仕様の統一ができていないようです。

『ハーレークィン パック』は初回生産版にDLコードが同梱されています。ダウンロード版購入特典としても入手可能です。



こだわり
個人的には北米版タイトルを遊ぶ事も多くて言語面で苦労しているのでローカライズしてもらえるだけでも有難い。が、映画ファンなら字幕か吹替かの違いだけでも作品の雰囲気に重大な影響を与えると考える人も多いでしょうし、ましてや初回同梱DLCで混在してしまう仕様となると呆れてしまうかもしれない。

『ダイイングライト』も『バットマン:アーカム・ナイト』の件もユーザーは、それが重要だと考える人もいれば「どっちでもいい」と考える人もいるでしょう。これらの意見の正当性を言い合う事は意味がない。間違いなく2つの受け取り方があるというだけの話。ユーザーはどちらの受け取り方でもいいでしょうけど、ワーナー・エンターテインメント・ジャパンのローカライズを見ると作り手側が「どっちでもいい」人だという印象を受ける。他のゲームソフトと同じ土俵である以上、もう少し物作りにこだわれないと厳しい見方をされるかなと思います。

ダイイングライトの問題との違い
『ダイイングライト』の時との問題の違いは、明確な事前発表をしているかどうか。『ダイイングライト』は「ゾンビの血や内臓部分の色味を暗色へ変更」としか発表していなかったので、血色が暗色というよりむしろ明るい緑、そして人間の血色までが緑という事をごまかすような事前発表だった。この件に関して消費生活センター等に問い合わせるといった声もありましたので、『ダイイングライト』の血色が修正されたのは、単にユーザーの厳しい声に応えたわけじゃなく、虚偽に近い発表をしてしまった責任をとった部分が大きいのかと思う。『バットマン:アーカム・ナイト』のDLCが英語音声(一部日本語)/日本語字幕なのは、明確に発表されている。

150613_batman_002

期待値は高い
2011年10月18日にリリースされた『Batman: Arkham City』は超高評価を得たタイトルです。今回の『バットマン:アーカム・ナイト』も旧世代機には対応せず、PS4/XboxOneでクオリティにこだわった開発がされているようです。2015年のゲームアワードは『ウィッチャー3』が最有力かと思いますが、それに対抗できる可能性のあるタイトル。

Batman: Arkham City for PlayStation 3 Reviews - Metacritic

150613_batman_001

DLCだけが英語音声(一部日本語)/日本語字幕という本編と違う仕様なのは残念ではありますが、7/16『バットマン:アーカム・ナイト』本編は最大級の期待を持ってプレイしたい。