『CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)』トゥルーエンド&プラチナトロフィー攻略

f:id:Hamasukei:20180904081252j:plain

『CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)』のトゥルーエンド&プラチナトロフィー攻略。

 

1周目のエンディングは共通ルート。妄想トリガーによる分岐があるのは2周目から。2周目は個別ルートの他に4章の『マッピングトリガー』で2回連続で間違えると共通 BAD ENDが見られる。CGもあるので、コンプリートするには必須。

初期設定のままならスキップしていても妄想トリガーではストップがかかります。R1でスキップして妄想トリガーの画面だけ操作しましょう。

基本的には狙いたいルートのキャラクターが関係する妄想トリガーをポジティブにするだけ。

来栖乃々編

 

内容 相手 選択
1章-1 キャンピングカー/宮代拓留「へ?」 尾上 ネガティブ
1章-2 教室/宮代拓留「……どうでもいいよ」 伊藤 ネガティブ
1章-3 教室/1人の女生徒が、教室内をのぞき込んでいた。 来栖 ポジティブ
1章-4 教室/川原雅司「……宮代。またお前か。今度は何したんだ」 来栖 ポジティブ
1章-5 新聞部/とは言え、見れたのは一瞬。 来栖 ポジティブ→MORE
1章-6 新聞部/部で一番PCのスキルがあるのは、このほぼネトゲ廃人の香月だ。  香月 ネガティブ
1章-7 ラブホテル/耳を澄ませてみるが、何も聞こえなかった。 尾上 ネガティブ
1章-8 キャンピングカー/いつもの、僕の部屋だ。 尾上/有村 ネガティブ
1章-9 キャンピングカー/棚をごそごそとやっている僕を見て世莉架が言った。 尾上 ネガティブ
1章-10 新聞部/来栖は甘い物が好きだ。 来栖 ポジティブ
[1]2段目の左 [2]3段目の中 [3]1段目の右 [4]2段目の右 [5]3段目の左
[6]力士シールは左 [7]1段目の中
1章-11 生徒会室/なんで、ここに……? 有村 ネガティブ
1章-12 生徒会室/宮代拓留「…………その。ホ、テル、で……」 有村 ネガティブ
2章-1 部室/宮代拓留「なんでもない。……なんだそれ?」 尾上 ネガティブ
[1]2段目の左 [2]1段目の左 [3]2段目の右 [4]2段目の中 [5]1段目の中
2章-2 校門/わかってる。 有村 ネガティブ
2章-3 新聞部/香月華「ん?」 香月 ネガティブ
2章-4 トイレ/尾上世莉架「…………」 尾上 ネガティブ
3章-1 廊下/表情こそいつも変わっていないが、何か困っているような雰囲気だった。 香月 ネガティブ
3章-2 昇降口/めちゃくちゃベタな状況じゃないか。 香月 ネガティブ
3章-3 教室/宮代拓留「い、いえ……」 有村 ネガティブ
3章-4 新聞部/尾上世莉架「こちょこちょこちょ~」 尾上/香月 ネガティブ
[1]1段目の中「特殊な能力を持っていた」
4章-1 青葉医院外/黙って建物を仰ぎ見る。
トロフィー「事件を追うのはやめなさい」 
来栖 ポジティブ


4章-1の妄想トリガーで来栖乃々編は確定しています。
9章の途中から乃々編に移行します。乃々編のエンディングは1種のみですので以降はテキトーでOK。
トロフィー回収用に乃々編の妄想トリガー前でセーブしておくと良いでしょう。

・Real Sky End

内容 相手 選択
5章-1 久野里自宅/ふと見ると。 うき -
[1]1段目の中「未来がわかると豪語していてその予知で有名だった」
[2]2段目の左「歌声を聴いた人々がトランス状態になってしまった」 
[3]1段目の右「顧客の心が読めているみたいな営業ぶりだった」
[4]1段目の左「有名人になることができた」
[5]1段目の右「大量のファンを持つヴォーカリストになった」
[6]1段目の中「発火能力者」 
7章-1 食堂/さいわい、放課後の営業が終わる時刻なので、食堂内の人影はまばらだ。 伊藤 -
7章-2 食堂/中途半端に能力を受けたコーヒーの空き缶は、その軌道を乱し、
※7章-1をポジティブにした場合に発生。 
伊藤 -
7章-3 食堂/伊藤真二「ふむっ。予想通り、純白フリルだったかっ」
※7章-2をポジティブにした場合に発生。
伊藤 -
7章-4 食堂/や、や、やばい!
※7章-3をポジティブにした場合に発生。
伊藤 -
7章-5 食堂/来栖も香月も世莉架も、誰一人、スカートなんて微動だにしていない。
※7章-4をポジティブにした場合に発生。
伊藤 -
7章-6 食堂/このままじゃ、絶対に怪し過ぎる!
※7章-5をポジティブにした場合に発生。
ポジティブでトロフィー「風……吹いてきてる。確実に」
伊藤 -
[1]1段目の中「南沢泉理」 - 襲ってきた女。
[2]1段目の中「発火能力者」 - その能力は。
[3]1段目の右「僕が一人きりに……」 - カフェLAXで。
[4]1段目の中「乃々は「南沢泉理が犯人なんて……」 - 来栖と有村の口論。
[5]1段目の左「地震で南沢泉理が死亡……」 - 嘘だと指摘したのは。
[6]2段目の左「結衣」 - 襲撃しようとしたのは。 
[1]中「ラブホテルの中を学園の制服で歩いていたのに……」
[2]右「渡部は文化祭前からすでに思考誘導を受けていて……」
[3]左「公園や街中の力士シールの数がいきなり増えていた」
[4]右「俺たちをパイロキネシストが待っている場所へと……」
[5]中「杯田理子が『南沢泉理』のIDカードを持っていたから」 
[1]左「事件と力士シールの関連性に気づけなかったかもしれない」
[2]中「碧朋学園新聞部」
[3]左「IDカードは来栖が慰霊碑の下に納めたが……」
[4]中「僕の過去のトラウマをひたすら責め立て……」
[5]右「犯行動機が『南沢泉理の復讐』というのに……」 
[6]犯行の可能性がないのは、 ※○の5人
× × ○
× ○ ○
○ ○ ×
× 
[7]写真を見せる事が出来た3人は、
1段目の左「来栖乃々」
1段目の中「尾上世莉架」
4段目の左「宮代拓留」
乃々編-1 外/宮代拓留「ありがとう」 来栖 -

 

有村雛絵編

 

内容 相手 選択
1章-1 キャンピングカー/宮代拓留「へ?」 尾上 ネガティブ
1章-2 教室/宮代拓留「……どうでもいいよ」 伊藤 ネガティブ
1章-3 教室/1人の女生徒が、教室内をのぞき込んでいた。 来栖 ネガティブ
1章-4 教室/川原雅司「……宮代。またお前か。今度は何したんだ」 来栖 ネガティブ
1章-5 新聞部/とは言え、見れたのは一瞬。 来栖 ネガティブ
1章-6 新聞部/部で一番PCのスキルがあるのは、このほぼネトゲ廃人の香月だ。  香月 ネガティブ
1章-7 ラブホテル/耳を澄ませてみるが、何も聞こえなかった。 尾上 ネガティブ
1章-8 キャンピングカー/いつもの、僕の部屋だ。 尾上/有村 ネガティブ
1章-9 キャンピングカー/棚をごそごそとやっている僕を見て世莉架が言った。 尾上 ネガティブ
1章-10 新聞部/来栖は甘い物が好きだ。 来栖 ネガティブ
[1]2段目の左 [2]3段目の中 [3]1段目の右 [4]2段目の右 [5]3段目の左
[6]力士シールは左 [7]1段目の中
1章-11 生徒会室/なんで、ここに……? 有村 ポジティブ
1章-12 生徒会室/宮代拓留「…………その。ホ、テル、で……」 有村 ポジティブ
2章-1 部室/宮代拓留「なんでもない。……なんだそれ?」 尾上 ネガティブ
[1]2段目の左 [2]1段目の左 [3]2段目の右 [4]2段目の中 [5]1段目の中
2章-2 校門/わかってる。 有村 ポジティブ
2章-3 新聞部/香月華「ん?」 香月 ネガティブ
2章-4 トイレ/尾上世莉架「…………」 尾上 ネガティブ
3章-1 廊下/表情こそいつも変わっていないが、何か困っているような雰囲気だった。 香月 ネガティブ
3章-2 昇降口/めちゃくちゃベタな状況じゃないか。 香月 ネガティブ
3章-3 教室/宮代拓留「い、いえ……」
トロフィー「あでぃおすぐらっしあー」
有村 ポジティブ


3章-3の妄想トリガーで有村雛絵編は確定しています。
6章の途中から雛絵編に移行する。有村雛絵編に専用の妄想トリガーがあります。全てポジティブにするか全てネガティブにするかでエンディング分岐。BAD ENDはTRUEルートへの条件ではありませんのでTRUEを目指すなら後回しにしてOK。回収用に有村雛絵編の最初の妄想トリガーでセーブしておきましょう。

・Dark Sky End - 有村雛絵編の妄想トリガーを全てポジティブ。
・雛絵編 BAD END - 有村雛絵編の妄想トリガーを全てネガティブ。

内容 相手 選択
雛絵編-1 キャンピングカー/な、なんだよ、その目は? 有村 ポジティブ or ネガティブ
雛絵編-2 廊下/迂闊だった。まさかこの能力にそんな使い方があったとは! 有村
雛絵編-3 教室/有村雛絵「宮代先輩。チャオっす!」 有村
雛絵編-4 デート/宮代拓留「そうだな……」  有村
雛絵編-5 新聞部/……なんとなく気まずい空気が流れた。 有村

 

山添うき編

 

内容 相手 選択
1章-1 キャンピングカー/宮代拓留「へ?」 尾上 ネガティブ
1章-2 教室/宮代拓留「……どうでもいいよ」 伊藤 ネガティブ
1章-3 教室/1人の女生徒が、教室内をのぞき込んでいた。 来栖 ネガティブ
1章-4 教室/川原雅司「……宮代。またお前か。今度は何したんだ」 来栖 ネガティブ
1章-5 新聞部/とは言え、見れたのは一瞬。 来栖 ネガティブ
1章-6 新聞部/部で一番PCのスキルがあるのは、このほぼネトゲ廃人の香月だ。  香月 ネガティブ
1章-7 ラブホテル/耳を澄ませてみるが、何も聞こえなかった。 尾上 ネガティブ
1章-8 キャンピングカー/いつもの、僕の部屋だ。 尾上/有村 ネガティブ
1章-9 キャンピングカー/棚をごそごそとやっている僕を見て世莉架が言った。 尾上 ネガティブ
1章-10 新聞部/来栖は甘い物が好きだ。 来栖 ネガティブ
[1]2段目の左 [2]3段目の中 [3]1段目の右 [4]2段目の右 [5]3段目の左
[6]力士シールは左 [7]1段目の中
1章-11 生徒会室/なんで、ここに……? 有村 ネガティブ
1章-12 生徒会室/宮代拓留「…………その。ホ、テル、で……」 有村 ネガティブ
2章-1 部室/宮代拓留「なんでもない。……なんだそれ?」 尾上 ネガティブ
[1]2段目の左 [2]1段目の左 [3]2段目の右 [4]2段目の中 [5]1段目の中
2章-2 校門/わかってる。 有村 ネガティブ
2章-3 新聞部/香月華「ん?」 香月 ネガティブ
2章-4 トイレ/尾上世莉架「…………」 尾上 ネガティブ
3章-1 廊下/表情こそいつも変わっていないが、何か困っているような雰囲気だった。 香月 ネガティブ
3章-2 昇降口/めちゃくちゃベタな状況じゃないか。 香月 ネガティブ
3章-3 教室/宮代拓留「い、いえ……」 有村 ネガティブ
3章-4 新聞部/尾上世莉架「こちょこちょこちょ~」 尾上/香月 ネガティブ
[1]1段目の中「特殊な能力を持っていた」
4章-1 青葉医院外/黙って建物を仰ぎ見る。 来栖 ネガティブ
5章-1 久野里自宅/ふと見ると。
トロフィー「あ、あの……」 
うき ポジティブ


5章-1の妄想トリガーで山添うき編は確定しています。
8章の途中から山添うき編に移行する。うき編は3回の妄想トリガーの選択でエンディングが5パターンに分岐。TRUEに必要なのはDream Sky Endのみ。回収用に山添うき編の最初の妄想トリガーでセーブしておきましょう。

Dream Sky End - ポジティブポジティブポジティブ
Another Sky End - ポジティブネガティブポジティブ
山添うき BAD END 1 - ネガティブ
山添うき BAD END 2 - スルー→スルー→ネガティブ
山添うき BAD END 3 - スルー→スルー→スルー
山添うき BAD END 4 - スルー→スルー→ポジティブ

内容 相手 選択
うき編-1 事件現場/ああ、苦しい……血で口がふさがれてて、これじゃあ、息が出来ない。 山添 上記参照
うき編-2 キャンピングカー/それともやはり、抑えようとしても滲み出てしまうのだろうか。 山添
うき編-3 カフェLAX/いや、必要ない!! 山添

 

香月華編

 

内容 相手 選択
1章-1 キャンピングカー/宮代拓留「へ?」 尾上 ネガティブ
1章-2 教室/宮代拓留「……どうでもいいよ」 伊藤 ネガティブ
1章-3 教室/1人の女生徒が、教室内をのぞき込んでいた。 来栖 ネガティブ
1章-4 教室/川原雅司「……宮代。またお前か。今度は何したんだ」 来栖 ネガティブ
1章-5 新聞部/とは言え、見れたのは一瞬。 来栖 ネガティブ
1章-6 新聞部/部で一番PCのスキルがあるのは、このほぼネトゲ廃人の香月だ。  香月 ポジティブ
1章-7 ラブホテル/耳を澄ませてみるが、何も聞こえなかった。 尾上 ネガティブ
1章-8 キャンピングカー/いつもの、僕の部屋だ。 尾上/有村 ネガティブ
1章-9 キャンピングカー/棚をごそごそとやっている僕を見て世莉架が言った。 尾上 ネガティブ
1章-10 新聞部/来栖は甘い物が好きだ。 来栖 ネガティブ
[1]2段目の左 [2]3段目の中 [3]1段目の右 [4]2段目の右 [5]3段目の左
[6]力士シールは左 [7]1段目の中
1章-11 生徒会室/なんで、ここに……? 有村 ネガティブ
1章-12 生徒会室/宮代拓留「…………その。ホ、テル、で……」 有村 ネガティブ
2章-1 部室/宮代拓留「なんでもない。……なんだそれ?」 尾上 ネガティブ
[1]2段目の左 [2]1段目の左 [3]2段目の右 [4]2段目の中 [5]1段目の中
2章-2 校門/わかってる。 有村 ネガティブ
2章-3 新聞部/香月華「ん?」 香月 ポジティブ
2章-4 トイレ/尾上世莉架「…………」 尾上 ネガティブ
3章-1 廊下/表情こそいつも変わっていないが、何か困っているような雰囲気だった。 香月 ポジティブ
3章-2 昇降口/めちゃくちゃベタな状況じゃないか。 香月 ポジティブ
3章-3 教室/宮代拓留「い、いえ……」 有村 ネガティブ
3章-4 新聞部/尾上世莉架「こちょこちょこちょ~」
トロフィー「んんっ!」 
尾上/香月 ポジティブ→MORE


3章-4の妄想トリガーで香月華編は確定しています。
6章から華編に移行する。華編ではマッピングトリガーがあり、これを正確にこなすか間違えるかでエンディングが分岐する。

・Deep Sky End - マッピングトリガーを正確にこなす。
・香月華 BAD END - マッピングトリガーで間違える。

分岐となるマッピングトリガーでのマーキングは3ヶ所。
150627_カオスヘッド_001

TRUE ルートへ

5種類のエンディングを見るとタイトル画面にTRUEが出現する。

Over Sky End 1周目
Real Sky End 乃々編
Dark Sky End 雛絵編
Dream Sky End うき編
Deep Sky End 華編


150627_カオスヘッド_002

 

プラチナトロフィーの獲得難易度は低い

プラチナトロフィーの獲得難易度は低い。アクション要素はゼロですので、攻略情報を見れば回収は誰でも出来る作業になる。スキップ機能は快適ですが、ボリュームはあるので時間はそれなりにかかる。30時間は超えると思います。

全エンディングを見れば、ほぼトロフィーも埋まる状態になりますが、一応の注意点としては、

シルバー:やっぱりお前は情弱だわ
└マッピングトリガーで20回間違えた
これは同じ間違いを繰り返してもノーカウント。1つの問題でカード5枚あったとして、それぞれ別のカードを4枚選んで間違えるのは4回とカウントされる。同じカードで間違え続けても1回。

ゴールド:CGコンプリート
└全てのイベントCGを見た
全エンディングを見れば埋まりますが、見逃しやすいのは共通 BAD END。第4章のマッピングトリガーで2回連続間違う必要がある。超簡単な問題でカードも3枚なので、普通にプレイすると見る事は難しい。

ストレスの無いトロフィー設定
私はプラチナトロフィーを意識してゲームを遊ぶ事はあまりないですが、これは全エンディングを見ればトロフィーがほぼ埋まる状態になるので楽しくコンプリートできました。ストーリーが派手な展開で楽しめたので、全エンディングを見るという行為を作業的だと思う事なく遊べました。

トゥルーエンド=ノーマルエンディング
トゥルーエンドを見ないのは、猿の惑星で最後に何が出てくるかだったり、ミステリー作品で犯人が誰かわからないままゲームを終えるようなもの。こういうゲームはトゥルーエンドや真エンドという言葉を使いますが、作品としてはこれがノーマルなエンディングという感じですね。ゲームとしての1周目は概要に過ぎない。個別ルートで中身が出てきて謎も解けていく。トゥルーエンドで普通のエンディングを迎えるという具合。エンディングが13個もあって「エンディング」のバーゲンセールみたいですが、トゥルーエンドだけがエンディングで、それ以外はエキストラエピソードみたいな感じ。

150628_カオスヘッド_002

評価と感想
評価的には途中の感想と大きくは変わらず。

・かなりトンデモ展開な二転三転するストーリーに驚かされ、鳥肌が立つ場面が多い。
・驚きを重視している反面、かなり強引なところもあってツッコミどころもある。
・テキストがくどくて、緊迫した場面での長い会話や感想に白けていくところもある。
・クリア後、脳裏に焼き付くような余韻としてはゲーム史上5本の指に入ったかもしれない。
・個人的にはシュタインズ・ゲートよりも熱中して楽しめたのでシリーズ最高作品。しかし、グロ要素と鬱要素が色濃いので、シュタインズ・ゲートのように広くは受けないと思う。科学ADVシリーズですが、同じカレーでも甘口と辛口の違いがあるようなもので、これは苦手な人も多いと思う。
・グロ要素と鬱要素と人によって基準がバラバラでしょうし、その程度はなんとも言えない。グロ要素に関しては最後まで体験版に出ている範囲内かなと思う。個人的には1章が一番グロく感じた。
・システム的には、流石このジャンルを作り慣れているなという出来。AUTOは読みやすくて便利だったし、スキップ&妄想トリガーストップも快適。
・コントローラーで操作する場面があまりなく、ほぼ視聴しているだけ。故にストーリーの面白さ=この作品の面白さになってくる。
・前作にあたるカオスヘッドは未プレイでも問題なし。私も未プレイです。「続編か……」というところで遠慮する必要はありません。カオスチャイルド単体で成立している。
・ゲームのボリュームは十分。むしろ、もう少し削っても良かったんじゃないかと思う。

感想を長く書く意味もあまりなかったかもしれません。大事な事はストーリーメインのゲームでストーリーが面白かったので最高。だけどグロ要素と鬱要素が苦手な人にはオススメしにくい。これ以外の感想は、あまり大きな意味はないかもしれない。映像作品・読み物として面白かった。テキストアドベンチャー好きなら絶対に見逃せない作品ですが、テキストアドベンチャー好きなら言われなくても買っていそうですね。

ストーリーの衝撃は説明しにくい。クリアしてどんな気持ちになったかを言うだけでも、ある程度の方向性は予想できちゃいますしね。「面白かった」程度しか言えないけど、ただ「面白かった」と言えるストーリーなんて腐るほどあるわけで。セールス的には厳しいと思いますが、多くの人に最後までプレイしてみてほしいゲームですね。

ROBOTICS;NOTES DaSH - PS4

ROBOTICS;NOTES DaSH - PS4