7月の北米PS Plusフリータイトル『Styx: Master of Shadows』コテコテのステルスアクション

北米で7月のフリープレイになっている『Styx: Master of Shadows』をプレイしてみました。通常価格は$29.99なのですが、北米のPS4フリープレイに$20以上のタイトルが来るのは珍しい。『Injustice: Gods Among Us Ultimate Edition』以来だと思います。

150727_Styx_005

コテコテのステルスアクションゲーム
オーソドックスなステルスアクションゲームで、敵に見つからないように隠れながら進み、時にはサイレントキルで静かに敵を倒す。死体を移動させて隠す要素もある。アサシンクリードやヒットマンシリーズのエッセンスを感じます。

光を消すことが重要でもある。壁の松明を積極的に消すことで、敵に見つかりにくくなる。砂の玉を投げて遠距離から松明を消す事も可能。

150727_Styx_001

戦闘要素もあるがStyxは弱い。アサシンクリードやヒットマンとは違って、大勢の敵に見つかったらほぼ勝ち目はない。戦闘はQTEみたいなもので、パリィやキルをタイミングよく行うだけ。海外レビューでも評判が悪かったです。1対1や1対2くらいまでならなんとか切り抜けられるという程度。1対1でもパリィをミスしたら死ねる。見つかる=死亡ではないものの、戦闘では不利になるため見つからないように進むのが基本。

150727_Styx_002

移動の自由度が高い
各エリアは広くて移動の自由度があるので面白い。わかりやすい「決められたルート」ではないので、自分で考えながらルートを選べる。目的地は表示されるが、そこまでの道のりは自由。

死にやすいゲームですが、リトライのロードは30秒ほどで長め。しかもロード後に×ボタンを押す必要がある。各エリアは広くて移動の自由度があるが、死ぬとエリアの最初からなので戻りも大きい。

150727_Styx_003

メタスコアは70点(9件)、ユーザースコアは6.5点(63件)。オーソドックスなステルスアクションゲームとしてそれなりの出来ではありますが、戦闘のつまらなさや敵AIのアホさがマイナス点になっています。グラフィックもPS4のタイトルとしてはパッとしない。

Styx: Master of Shadows for PlayStation 4 Reviews - Metacritic

150727_Styx_004

オーソドックスなステルスアクションゲームとして可能性を感じるものの、どこか抜けている。荒削りな部分を解消すれば評価がガラッと変わりそう。エリアの広さとルートの自由度は魅力的でしたが、イマイチ気分が盛り上がらない。$29.99で購入していたら不満が大きかったかなと思う。

PS4の北米タイトルで遊ぼう