ZOMBI(ゾンビ)をプレイ

本日からPlayStation StoreでリリースされたZOMBI(ゾンビ)。2,592円という低価格ですが、元々はWii Uでフルプライスのタイトルなので22.25GBという容量。

英語音声、決定ボタン×、無規制
Wii U版の日本語音声は良かったので、それが無くなったのは残念。しかも字幕がやや読みにくい。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_003

決定ボタンは×

Wii U版は規制ありのD指定でしたが、PS4版は北米版から無規制のZ指定です。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_008

グラフィックはショボい
Wii U版からほとんど手を加えていないようで、グラフィックはボヤけているようですしモデリングもショボい。

Eurogamerが比較動画をアップしています。差がわかりやすいところはスローにして見せていますが、それ以外のところは基本的にWii U版と同等。PS4基準として見るとかなり粗いグラフィックです。PS3レベル。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_001

大きく変わったところといえば、Wii U版では人間視点のところでもレンズの汚れが表現されていたが、PS4版の人間視点では、それを排除してある。特にオープニングがわかりやすいが、PS4版ではカメラ視点だとレンズ汚れ表現あり、人間視点だと無しになっている。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_002

操作性は大幅に向上
デュアルショック4での操作となり、操作性は大幅に向上しています。かなりプレイしやすくなった。マップも見やすいですし、ゲーム画面から目を離す必要もないため没入感も失われません。操作面において問題点はないですね。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_004

タレットやスコープを使う銃撃でも大画面で撃てるのがいい。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_010

内容はWii U版とほぼ一緒
Wii U版は3周以上していますが、ゲーム内容はほぼ一緒。Wii U版の攻略がそのまま使えます。ただ、Wii U版の感覚だけでプレイすると追加武器の釘バットを見逃してしまいますけどね。

少し残念なのが、Wii U版同様にクリケットバットとL9A1拳銃がアイテム倉庫にしまえない事。これが所持品欄を圧迫します。せっかく新打撃武器の釘バットを入手しても、使わないクリケットバットを持ち続けないとならない。ここは気を利かせてほしかった。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_006

メタスコアは現時点で71点(10件)。2012年のWii U版が77点だったので、ほぼそのままのグラフィックとゲーム内容で今のPS4基準で評価すればこんなものでしょう。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_007

サバイバルホラーとしては良くできています。初プレイの人であれば何度も死んで主人公交代する事になると思う。ほど良い歯応えがあります。無双タイプのゲームじゃなくて、少ないゾンビを相手に死の緊張感があるタイプのゲーム。

150819_ZOMBI(ゾンビ)_009

ゲームとしてはシンプルで、敵の種類も少ないです。それゆえに戦闘の幅も狭い。近接武器でのゾンビ戦にはチープさも感じるところがある。2,592円になった事で、このシンプルさは納得できるところ。PS4でゾンビゲームはダイイングライトがありますが、それとは規模が全然違います。

ダイイングライト【CEROレーティング「Z」】
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
2015-04-16


ZOMBI Uをデュアルショック4操作に対応しただけという感じ。でもそれによって操作性が良くなって遊びやすいのはプラス。グラフィックはもう少し頑張って欲しかったけど2,592円という価格で納得するしかないか。

もしかしたらプラチナトロフィーは簡単かもしれない。「サバイバルモードでゲームをクリア」だけが難所だと思われるが、セーブデータを外部ストレージに保存可能なら少し手間ではあるがクリアは問題なくなる。Wii U版のサバイバルモードは、ゲームオーバーになるとセーブデータが削除されて初めからやり直しになるモード。

ZOMBI - PSN Trophy Leaders

元々好きなゲームだったので、懐かしさも感じながら楽しくプレイしています。