自由潜入とマザーベースの拡大が中毒的に面白い『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』最初の感想

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』のメインミッションを14個クリアした時点での感想。

自由潜入とマザーベースの拡張が中毒的に面白い
このゲームの大きな魅力は自由潜入とマザーベースの拡張。個々に優れている上に相乗効果もあって中毒的に遊んでしまう。

ミッションは基本的に自由潜入。目的だけ与えられて、そこまでの過程はプレイヤーの自由。本当に敵と庭だけが与えれている感じで、「ここをこうしてくださいね」っていう製作者の意図を感じない自由さがある。時間制限も無いので自分のペースでプレイできる。何度でもずっとでも遊んでいたい潜入ごっこ。

広大な箱庭で自由に遊べて気持ちいいですが、広いので移動が面倒に思う時もある。

オープンワールドなのでフリーで歩き回る事もできる。サイドオプスというサイドミッションを消化したり、資源やカセットテープの回収などもフリーでできる。

150902_MGSV_002

マザーベース拡張も中毒性がある。自分の軍隊を作るという壮大なスケール。敵を気絶or眠らせてフルトン回収する事でマザーベースに送る事ができる。

グラフィックが美しい
1080p/60fps、しかも広大なマップでここまで美しいとはビックリ。解像度やフレームレートを犠牲にしてグラフィックを美しく見せるゲームが多いですが、MGSVは1080p/60fpsのオープンワールドでここまで美しいのだから別格である。しかも移動中にエリアロードなどもなく安定している。これがFOX ENGINEの力なのか。

150902_MGSV_001

最初は覚える事が多くて少し大変
最初から情報量の多いゲームで、操作も少しクセがあるので、ゲームの感覚になれるまでは少し大変です。これは『ドラゴンエイジ:インクイジション』や『ウィッチャー3』も同じでしたが、ある程度ゲームに慣れてから急激に面白さが増してくる。

銃撃は少しクセがある
カバーアクションが出来そうな場所で出来なかったり、銃撃の時に障害物で遮られるとき「いやそこは撃てるでしょ」って思うような場面があったり、段差があるところでの銃口の向け方が不器用だったり、銃撃は少しクセがある印象。慣れれば問題ないですけど。

150902_MGSV_003

ミッションは繰り返しプレイ可能、アバターも作り直し可能
一度クリアしたミッションの再プレイは可能。ですので1回目から神経質にハイスコアを狙う必要はありません。やり込みはミッション毎に後からできる。最初は自由に気楽に遊ぶのが楽しいかと思います。

ゲーム開始時にアバターを作成しますが、アバターの顔も後で再編集可能。キャラメイクが出来るゲームだと、納得いくキャラが出来なくてゲームを始められないという声も聞きますが、最初はテキトーに作ってもいいです。名前と生年月日はCUSTOMIZEからの再編集はできませんが、ミッション『0 - [回想] 序章 覚醒』を再プレイすれば再設定可能です。

課金要素のあるFOB
FOBというオンライン要素があり、ここに課金があるようです。でもMBコインを購入できない不具合が出ているようで、ロンチはみんな仲良く無課金ですね。ミッションを14個クリアした状態ですがFOBは解禁になっていません。中盤から後半の要素なのかな?時短課金らしいですけど、FOBをプレイできるようになるまでにけっこうな時間がかかりそう。

マザーベースとは別にオンライン上にFOB(前線基地)を作成して、資源集めなどが効果的に行えるようになる。それによってマザーベースの拡張がしやすくなるというもの。このFOBに敵が侵入してくる事があり、自分で防衛して追い返すというPvP要素もある。逆に自分が侵入する事も可能。ウォッチドッグスの侵入システムと同じで、普通にゲームプレイ中でも侵入される。

メインストーリーを堪能している時に侵入されると煩わしいと思うなら、オフラインにもできる。あくまでオマケのオンライン要素なので、プレイしなくても問題なさそう。マザーベースを拡張しやすくなる要素ではあるが、FOBを使わなくても普通に拡張できる。課金要素には敏感になりがちですが、たいした要素じゃなさそう。トロフィー的にも潜入を1回プレイするだけのようです。



期待以上の面白さで、メタスコア95点は伊達じゃないという感じ。自由潜入の面白さと、マザーベースを拡張していく楽しさ。この柱がしっかりしていますね。ちょっとしたお笑い要素もあったり、シリーズを遊んでいればニヤッとする場面もあったり、メタルギアソリッドらしい演出も魅力。不具合もなくて安定しています。