願った事が叶ったオンラインストレージの10GB化

9/2にPlayStation Plusの「セーブデータお預かり(オンラインストレージ)」機能でアップロードできるPS4セーブデータの容量が1GBから10GBに増量しました。

PlayStation Plus - プレイステーション オフィシャルサイト

昨年11月に「PS4セーブデータのオンラインストレージが容量限界になった」という事を書きましたが、その時に考えた改善方法が2つとも叶うという嬉しい結果になりました。

上限に近づいてしまうと定期的に手動削除での整頓が必要になるので、自動アップロードが手間を要する不便なサービスになってしまう。改善方法として考えられるのは2つ。

1.オンラインストレージ容量の上限を増やしてもらう。
2.システムソフトウェア、アプリケーションのアップデートファイルとセーブデータの自動ダウンロード/アップロードを別管理にしてもらう。 このどちらかで改善される。

1.に関しては10GBくらいないと厳しいのですが、一気に10倍に容量を増やしてくれるかは疑問。

現実的なのは2.かなと思う。現状「自動ダウンロード/アップロード」機能は、
・システムソフトウェア
・アプリケーションのアップデートファイル
・セーブデータ
この3種がまとめて管理されています。システムソフトウェアとアプリケーションのアップデートファイルは便利なのでONにしたい。セーブデータに関しては以前から不具合もあり、容量の問題もあるのでOFFにしたい。この設定さえ可能なら問題は無くなる。

先にシステムソフトウェア・アプリケーションのアップデートファイルの自動ダウンロードとセーブデータの自動ダウンロード/アップロードを別管理にするというのが可能になって、すぐ満杯になるセーブデータの自動アップロードだけをオフにするという使い方をしてきました。

今回「10GBくらいないと厳しいのですが、一気に10倍に容量を増やしてくれるかは疑問」と思っていたところ、本当に10GBになり、しばらくは気兼ねなく自動アップロードできます。PS4のセーブデータは標準サイズが10.49MBでミニマムサイズが3.15MB。ザッと見たところ9割以上のゲームが50MB以内ですので、これなら10GBあれば十分。1本平均30MBと、かなり高めに見積もったとして340本分。

しかし、容量が大きいエディットデータを記録するようなゲームは上限がないので、そういうゲームはオンラインストレージではなくUSBストレージに残したほうが良いかと思います。それでも10GBもあれば、3GB分くらいは、大容量データのために使う枠として利用しても余裕がある。普通に使って10GBを使い切るのは難しそうだ。



容量が10GBになった事により、死に機能となっていた「セーブデータお預かり(オンラインストレージ)」が復活して嬉しい。

150911_ps plus_002