PlayStation Nowのβサービスをプレイ

9/16から始まったPlayStation Nowのβサービス。1ヶ月利用権(2,500円)を購入してプレイしました。

定額制サービスで遊べるタイトルは昨日の記事でまとめています。
100タイトル以上がズラリと並んでリッチ
定額制サービスで100タイトル以上がプレイできます。実際にStoreで見てみると、これほどのタイトルが遊び放題なんだという驚きは大きい。リッチな気分です。

150917_Now_001

Storeで選択してゲーム起動まで45~50秒ほど
Storeでゲームを選択してから起動するまで(「ゲームの開始中です...」が消えるまで)の時間は45~50秒ほどでした。通信状況にも左右されると思いますが、問題ないレベル。PS4のソフトと比べたらめちゃくちゃ遅いわけですが、ダウンロード不要で遊べるクラウドゲームという事を考えたら、このくらいなら良いんじゃないでしょうか。

150917_Now_006

エイミングの遅延が厳しい
FPS・TPSのエイミングに遅延が発生するのがキツかったです。照準が遅れてきたり滑ったりするのが気持ち悪くて操作が難しい。よっぽど強力なエイムアシストがないゲーム以外でFPS・TPSはプレイする気にはなれないレベルだと感じた。FPS・TPSは多いので、このジャンルがまともに遊べないのは厳しい。

150917_Now_005

150917_Now_012

逆に言うとFPS・TPSのエイミング以外は特に気になりませんでした。格闘ゲームの『Virtua Fighter5 Final Showdown』も楽しくプレイできた。1フレーム単位を意識してプレイするような上級者なら違和感を覚えるかもしれませんが、そういったプレイヤーでもない限り遅延は感じない。FPS・TPSのエイミングように照準が遅れたり滑ったりして気持ち悪くなるような操作ではないですからね。ただただ楽しい。

150917_Now_003

みんなのGOLF 6も問題なくプレイできました。理論上はPS3実機よりも遅延があるはずですが、操作していてやりにくさは感じなかった。でも結果としてはスイングで亀(タイミング遅れ)が多かった。これは自分の腕のせいか。こういうタイミングを合わせるゲームは、多少の遅延があってもそれに自分が順応すれば済む問題でもある。

150917_Now_004

プレイした事がないゲームに関しては遅延を感じようがない。ゲームは入力遅延0で動いているわけではないので、実機より2フレームくらい遅れても、それがこのゲームのモーションなんだろうなとしか思えない。セガエイジスオンライン スーパーハングオンをプレイしてみても、入力した瞬間にちゃんと反応しているとしか思えない操作感でした。

しかしエイミングは初めてプレイするゲームであっても他のゲームと比較できてしまうので、照準の動きの鈍さはわかってしまう。

150917_Now_002

遅延に関しては個人の感覚の違いが大きい。個人的にはFPS・TPSのエイミングがNGで、その他は気にならない。

仕様上、実機よりも遅延はあります。だから「ある」「ない」ではなくて、「遅延を感じる・気になる」か「遅延を感じない・気にならない」かです。遅延に敏感なら全てのゲームで遅延が気になってしまう人もいるでしょう。私は気にならなかった『Virtua Fighter5 Final Showdown』も、やり込んでいて感覚が体に染み込んでいる人からすれば、まったく違う感想になると思います。

単品レンタルの場合、遅延が気になりそうなゲームは4時間レンタルで遊んでみるのが無難かと思う。問題なければ後から7日~90日を選択すれば良い。

画質は粗さがわかる場面も多々
ストリーミング映像ですので通信状況によっては粗くなる事がある。DigitalFoundryがYoutubeに比較動画をアップしていましたが、実際にプレイしてみると思った以上に粗さが目立つところではあった。動きが速くてごちゃごちゃした場面では特に映像の乱れは嫌でもわかってしまう。

PS4ユーザーからすればPS3っていう時点で画質は求めていないので、PS3実機のままだろうが多少乱れようが大きな差は感じなかったりもする。

150916_Now_005
PlayStation 3 vs PlayStation Now Video Quality Comparison

レトロ系のゲームはキレイでした。

150917_Now_011

通信は安定
20タイトル以上は起動しましたが、エラーは無かったですし、動作が不安定になる事もありませんでした。これに関しては各家庭の通信環境が大きく影響すると思います。

北米では、かなり前からサービス提供されている事もあり、システムとしては安定しているのかなと思いました。

PS4のボタン割り当ては有効
PS4のボタン割り当て機能はPlayStation Nowでも有効。
バイオハザード4をL2エイム、R2射撃に出来ました。

Moveは使えない
Move向きのタイトルが4タイトルもあったので「もしや」と思いましたがMoveは使えませんでした。Moveのガンシューティングが好きなので、Moveが使えたら定額サービスを継続したくなる。

150917_Now_007

PlayStation Move モーションコントローラ (CEJH-15018)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2012-11-22


SHARE機能は無効
PlayStation Nowではスクリーンショットや動画の録画、ブロードキャスト配信などのSHARE機能は一切使えません。これは最初からわかっていた事ですが、PS4のスクリーンショット撮影に馴染みすぎていたようで、SHARE機能の無効が寂しく感じられた。

つまみ喰いは楽しいけどホーム画面とトロフィーが乱れる
PlayStation Now 定額サービスでのゲームつまみ喰いは面白いです。あっという間に2,500円分の満足度を得た感じです。

しかし、ホーム画面がPlayStation Nowのタイトルで埋め尽くされます。VITAみたいにアプリになっている方が嬉しい。

150917_Now_008

トロフィーも5%未満の中途半端なトロフィーが増えますね。私はトロフィーは気にしないのでいいですが、トロフィー履歴を気にする人には問題かと思う。0%は削除できますが、1%以上は削除不可です。

150917_Now_009

2,500円で100タイトル以上が遊べるので、適当に食い散らかすのは面白い。価格以上の満足度はある。でも継続するかと言ったらしない。1年後あたりに定額サービスのタイトルが増えていれば、また1ヶ月だけ遊んでみたいと思うかもしれない。1ヶ月でタイトルが大幅に増えるなら3ヶ月契約もアリですが、そのへんは様子を見ないとわからない。タイトルは大作よりもシンプルに遊べるゲームだったり、自分からは絶対買わないだろうなというタイトルの方が嬉しい。

定額サービス利用権の購入時は自動更新設定になっているので、「設定」→「PlayStation Network/アカウント管理」→「アカウント情報」→「サービスリスト」→「PlayStation Now」から「自動更新を停止する」という作業が必要です。

150917_Now_010

月2,500円で100タイトル以上が遊べるという喜びは十分で、1ヶ月目の満足度は高い。しかしクラウドゲームの問題点をはっきりと肌で感じました。遅延と映像の乱れ。この2つが解決できていない問題で、さらにオンライン依存のシステムにも不安は残ったまま。障害発生時は遊べなくなるでしょうし。現時点で、あえてこの悪い環境を選択する理由もない。100タイトルを食い散らかして遊ぶというプレイや体験版・テストプレイには向いているけど、1本を最後まで真剣に遊びたいプレイ環境ではないと思いました。画質の悪さは嫌でもわかってしまうし、遅延を感じにくいタイトルに関しても「実機より悪い」というのはわかってしまっていますからね。ちゃんと遊びたい1本は、Nowで安くレンタルされていても環境の良い実機で遊びたい。

「カジュアルに遊ぶ分には問題ない」と言ってしまいますが、自分の好きな遊びだからこそ、良い環境・楽しめる環境で遊びたい気持ちの方が強い。100タイトルを一気に遊ぶような楽しみ方は、ソフトを個別に買って遊ぶのは難しいので、定額制サービスの強みではある。

VITA
PlayStation NowはPS4ユーザーよりもVITAユーザーの方が喜び・有難みが大きいと思います。VITAの小さい画面なら粗さも気になりにくい。最初に『AQUANAUT’S HOLIDAY ~隠された記録~』を起動した時は感動を覚えるレベルでした。

VITAでの操作タイプは4種あり、デフォルトではタイプ2です。これはL2/R2/L3/R3が前面タッチ。PSボタンを押して「ボタン割り当て」からタイプ1に変更する事により、背面タッチ上部がL2/R2、下部がL3/R3になります。タイプ1なら『PSVITA2000用 L2/R2ボタン搭載グリップカバー』が活用できます。



リモートプレイと、このPlayStation Nowの存在によって、L2/R2/L3/R3が搭載されたVITAが欲しいという気持ちが強くなる。

セーブデータはオンラインストレージに保存されますので、PS4のPlayStation Nowで遊んだタイトルを特別な操作を必要とする事無く、VITAのPlayStation Nowで続きからプレイできます。逆も同じ。この自然な共有は素晴らしい。

映像ストリーミングサービスではNetflix(ネットフリックス)という大成功があります。これのゲーム版で大成功しようと狙っている会社も多々あるでしょう。現時点でクラウドゲームが抱える問題も、新たな技術で解決する可能性もあり、しばらくはどうにもならない可能性もあり、吉と出るか凶と出るか行く末に注目です。PSにとって「PlayStation Now」が新しい刺激になったのは間違いない。今後の進化や変化もチェックしてきたい。