DMMゲームズが『エルダー・スクロールズ・オンライン』(Win/Mac)を提供するのでPS4には来ないかな

『The Elder Scrolls Online』をローカライズして『エルダー・スクロールズ・オンライン』としてDMMゲームズがWin/Macでリリース・運営するという話が9月16日に発表されていました。



500万ワードにものぼるテキストをDMMが翻訳作業しているとの事で、DMMゲームズ完全独占になりそうですので、PS4/XboxOne版のローカライズは絶望的か。

[TGS 2015]「The Elder Scrolls Online」日本語版が正式発表されたDMMのステージイベントをレポート。サービス開始は来春を予定 - 4Gamer.net

とは言ってもDMMゲームズが強奪したというわけでもなく、誰も手を付けずに余っていた物を拾ったという形でしょうから、DMMゲームズが関わろうが関わるまいがPS4/XboxOne版がローカライズされる事はなかったのではないかと思います。

洋MMORPGの日本運営は難しく、黎明期にウルティマはヒットしたものの、エバークエストなどのMMOは上手くいかなかった印象。それゆえにTESOも2015年初頭までライセンス契約を結ぶ会社がなかったのでしょう。

PC版は2014年4月4日リリース、PS4/XboxOne版は北米で2015年6月9日にリリース済です。DMMゲームズの片岸憲一氏がゼニマックス・アジアの高橋氏と初めてコンタクトをとったのは2014年夏頃で、2015年初めには片岸氏らが渡米して本国の責任者と会って正式にライセンス契約を結んだとのことです。



DMMゲームズが海外AAA級タイトルに関わってきたというのも大きな展開ですね。次にどんなタイトルを引っ張ってくるかにも注目ですし、事業の手広さで知られるDMMだけに海外AAA級タイトルをきっかけに家庭用ゲーム機と関わる可能性もないわけではない。ただ、DMMの主力がアダルトでもあるので、そこと関わる難しさはあるでしょう。日テレはDMMのCMを流さないという話もあり、普通の会社とは扱いが違ってくる。

異形の急成長企業DMM、多角化とトップの実像 - 日経カレッジカフェ

TGS開催週の今週で、ちょっと気になるニュースでした。

サイコブレイク
ベセスダ・ソフトワークス
2014-10-23