『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』クリア後の感想

『STEINS;GATE 0』(シュタインズ・ゲート ゼロ)をプラチナトロフィーまで遊んだ感想。

前作『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』を先にプレイするべき
『シュタインズ・ゲート ゼロ』は公式に『シュタインズ・ゲート』の正統続編です。

「ゼロ」ですが過去編ではありません。前作の複数あるエンディングの1つで、椎名まゆりの生存を選択し、牧瀬紅莉栖を諦めた世界からの続き。とは言っても何が過去で何が未来かっていうのは簡単には言えず、そこの真相も面白いところです。とりあえずゲームのスタート位置としては、そこ。

151212_シュタインズ・ゲート ゼロ_002

『シュタインズ・ゲート ゼロ』内でも前作で起こった事やキャラクターに関する最低限の説明はありますが、前作をプレイしていないと、あまり楽しめないと思います。先に前作『シュタインズ・ゲート』をプレイするか、アニメ版を見るかしておかないと、せっかくの『シュタインズ・ゲート ゼロ』の物語を中途半端な形で見てしまって勿体ないと思います。

ニコニコ生放送では(β)版がシュタインズ・ゲート ゼロに繋がるラストになっています。

ニコニコアニメスペシャル「シュタインズ・ゲート」1話~14話 一挙放送 - 2015/12/09 19:00開始 - ニコニコ生放送

ニコニコアニメスペシャル「シュタインズ・ゲート」15話~23話(β) 一挙放送 - 2015/12/10 19:00開始 - ニコニコ生放送

STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX【期間限定生産】
宮野真守
KADOKAWA メディアファクトリー
2016-02-05


ほぼ期待通りの内容
『シュタインズ・ゲート』『カオスチャイルド』などの科学アドベンチャーシリーズとして、ほぼ期待通りの内容。期待以下でもなく期待以上でもなく。

謎、驚き、熱さ、笑い、泣き、ストーリーは本当に楽しませてくれた。科学アドベンチャーシリーズの中でも本作は泣けるシーンが多かったように思う。これは続編の強みでもありますが、キャラクターへの思い入れも強くなっているし、物語背景も重く感じる事が出来るので感情移入してしまいます。

151212_シュタインズ・ゲート ゼロ_001

強引な展開だったり、不用意な行動、突拍子の無さもありますが、これらは過去作にもありますので、こういう要素も受け入れて楽しみました。

少し残念だったのがラストですかね。正統続編と言っていますが、やはりスピンオフっぽいとも感じてしまうところがある。スッキリしないところもあって消化不良な印象ですね。『シュタインズ・ゲート』『カオスチャイルド』は最後が盛り上がって印象的だった分、かなり期待してしまっていたので『シュタインズ・ゲート ゼロ』は物足りなかった。ラスト以外は過去シリーズと比べても遜色なく楽しめました。

ゲームと言うよりアニメ・小説
『カオスチャイルド』と同じ事になりますが、ゲームと言うよりアニメ・小説に近い作品。AUTOモードでテキストを送っていると99%は見ているだけです。たまーにRINEなどの着信に応答する操作があるのみ。ほぼコントローラーに触れずに進行できるので、ゲームで遊んでいると言うよりはアニメ・小説を楽しんでいる感じになる。

だからと言って「じゃあアニメ・小説だけで展開すればいいじゃん」という訳ではありません。少ないながらもプレイヤーの選択で物語が分岐し、それぞれの物語を楽しめるという作りは面白い。ゲームとしての魅力も大きい。

SKIPに少しだけ不満
AUTOの自動テキスト送りや、2周目以降のSKIPは便利。SKIPに関しては、テキストが被っているシーンでも別シーンと判定されるところがあって少し不便さもあった。

クリア後の喪失感は無かった
今年プレイした『カオスチャイルド』や『はーとふる彼氏』はシナリオが印象的で、クリア後には達成感を超えて喪失感を伴いました。道中は科学アドベンチャーシリーズとして十分に楽しめた『シュタインズ・ゲート ゼロ』ですが、クリア後の喪失感はほとんど無かった。元々が数あるエンディングの中の1つの続きっていうところと、「まだ続きそう」っていうところもあり、さほど失うことの重みを感じない。ゲームとしては面白かったので、面白いゲームを終えて寂しい気持ちはあります。

『シュタインズ・ゲート』が好きならスルーするのは勿体無い作品。ですが、やはり初代『シュタインズ・ゲート』は素晴らしかったので、それと同等以上の物を求めるとトータルでの満足度は少し及ばない。正統続編と銘打たれており、『シュタインズ・ゲート』の威光でセールス的には安定する反面、前作と比較されると少し辛口な評価にもなるかと思う。

土日を待たずして10万本超えの好スタートのようで、セールス的には大成功かと思う。これなら高い可能性で続編・スピンオフが制作されるのでしょうね。商業的理由で話を続けていく事で、いろいろ崩れてくる不安はありますが、新しいのが出たら、また遊びたいと思えるシリーズ。