『Fallout 4』クリア!分岐前のセーブデータは残しておいた方が良いでしょう

『Fallout 4』のエンディングの1つに到達しました。

151222_Fallout 4_001

とはいえ、これで終わりどころか、むしろここからが本番なのかという気持ちすらある。1つのエンディングを迎えた事で、気兼ねなく拠点開発などに注力できます。

分岐クエスト前のセーブ
「The Molecular Level」というクエストが重要な分岐クエストです。これの選択によって、いくつかのクエストは受けられなくなります。この時に警告は出ません。このクエストの後に「○○と永久的に敵対関係になります」という警告があるクエストが発生しますが、その時点では既にいくつかのルートは消滅している。

各エンディングを見るためには「The Molecular Level」クリア前のセーブデータを残しておきましょう。これの1つ前のクエストが「Hunter Hunted」。

本編クリア後も残ったクエストを進行可能ですが、敵対関係になった組織と関係するクエストは全て消滅していますので、やり込むには味気無さがあります。分岐前の方が、いろんな事ができて面白いかと思う。

2015年を締めるにふさわしい大作
バグとロード時間・回数に難点は感じましたが、とんでもない中毒性を持ったゲームでした。レビューを途中まで書きましたが、どうもうまく伝わらないので削除しました。壮大すぎるゲームで、このゲーム世界の中でプレイヤーが触れられるのは一部だけかと思う。クラシックなRPGであれば、当たり前のようにコンプリート可能ですが、『Fallout 4』は規模が大きすぎて最初からそういう志向に縛られず自由に遊べました。「この世界にいる」というバーチャルリアリティー感をこれほど感じるゲームは初めてで、それがレビューの難しさでもあった。極端に言えば人生というゲームをレビューするような難しさ。全てを語ることはできないし、何かを選んで語っても全体像は伝わらない。Amazonレビューやゲームブログなどで多数のレビューを読むのが良いですね。

大型DLCも期待して待ちます!
あとアップデートでバグの改善。