北米版『Gone Home: Console Edition』日本語に対応していました

2016年1月12日(火)に北米でリリースされた『Gone Home: Console Edition』が日本語に対応していました。

翻訳の具合もフォントも良い
機械翻訳的ではなく、ナチュラルな日本語です。
フォントも味気ない物ではありません。
音声は英語です。 

160114_Gone Home_003

160114_Gone Home_002

ジャンルは『Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失-』に近い
主人公のケイティが1年ぶりに家に帰ると家には誰もいなかった。
家の中を捜索して、妹のサムに何があったのかを読み解くゲーム。

160114_Gone Home_004

「ゲーム」というと少し違う感じもするジャンル。家の中を調べて主に「サムの日記」を読んで、「ふーん、こんな事があったんだぁ」という感じを体験するもの。この体験にハマれるかハマれないかで100点か0点かに分かれるようなゲーム。小説などの読み物が好きで、文章から想像して状況や感情を読み取って楽しめる人向け。

薄暗くて誰もいない家を徘徊するのは不気味さもありますが、ホラー要素は0。

メディア評価は高いがユーザー評価は低め
2013年8月15日にリリースされたPC版『Gone Home』はメタスコア86点(56件)で、2013年のGOTYレースでも10個を獲得して5位。

1位 The Last of Us - 249
2位 Grand Theft Auto V - 159
3位 Bioshock Infinite - 43
4位 Super Mario 3D World - 12
5位 Gone Home - 10

しかし、ユーザー評価は高いとは言えません。metacritic.comのユーザースコアは5.4点(1854件)、Steamでは76%が好評(12,788件中)。

映画とも小説ともゲームとも言えない体験で、芸術性や斬新さがメディアに高く評価されたものの、合わなかったユーザーも多いという感じかと思う。

2時間かからない
普通にプレイして1時間30分もかからずクリアできました。1度クリアして仕掛けがわかると、1分以内にクリアできます。リプレイ性も高くないので、ボリューム的には少ない。あまりないタイプのゲームなので希少価値はありますが、$19.99は少し高めと感じた。

雰囲気に浸り、1つ1つの文章を深く読んで想像する。そういう楽しみ方のゲーム。こういう雰囲気に浸れるゲームをVRで遊んでみたい。