ボーダーランズ風のグラフィックで遊べる『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の拡張機能が良い

クリア後の『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』。宝物を集めてアンロックポイントを貯めて、OPTIONSボタンから「ボーナス」→「レンダーモード」で解除できる拡張機能が良い出来でした。

160515 アンチャーテッド 004

この中の「マンガ」を選ぶと、ボーダーランズっぽいグラフィックになります。ただのジョークじゃなくて、実用に耐えうるレベルなのが素晴らしい。新鮮な気持ちで周回プレイができる。

160515 アンチャーテッド 003

160515 アンチャーテッド 006

160515 アンチャーテッド 007

もう1つ「盗人ビジョン」はワンボタンで切り替えたいほどの効果がある。アサシンクリードなどでもお馴染みの、味方は青く表示され、敵は赤く表示される機能です。 遠くにいる人物も見つけやすい。

無力化した敵は、すぐに青になるので普通のグラフィックよりもわかりやすく、銃撃戦で敵を無力化したタイミングが瞬時にわかるので無駄弾を撃つ事が減るかと思います。さらに、落ちている銃なども青く表示されるので見逃しにくいです。

160515 アンチャーテッド 002

8ビットは面白いアイデアですが、画面全部にモザイクがかかったようになる機能なので、さほどレトロ感は無いし、見難い。ゲームプレイオプションの「4ビットサウンド」と併用すると雰囲気が出る。

160515 アンチャーテッド 005

クラッシュ・バンディクーをプレイ時にレンダーモードを使っていると画面が表示されないので注意。

他にも様々なレンダーモードがありますが、常時使いたいと思えたのは「マンガ」、攻略的に有効なのが「盗人ビジョン」、インパクトがあるのが「8ビット」という感じ。プレイ中にOPTIONSメニューを開けば、いつでも切り替えられるので気軽にお試しできます。