『Fallout 4 Far Harbor』クリア

2016年5月31日(火)から配信されているFallout 4の大型DLC『Fallout 4 Far Harbor』をクリアしました。メインクエスト完了まで約12時間でした。

新しいエリア
『Fallout 4 Far Harbor』の舞台は新エリアの島です。オブリビオンのDLC『シヴァルリング・アイルズ』のエリアよりも広いとのこと。とはいえ、端から端まで移動するのに、さほど時間はかかりません。印象としてはコンパクト。

160604 Fallout 4 Far Harbor 004

ケンジ・ナカノという人から娘を探して連れ戻してほしいと頼まれるのが物語の発端。

島の特徴は霧。視界は悪くないですが、放射能を含んでいます。RADアウェイやRAD-Xが重要になる。生身のまま探索しようとすると放射能ダメージが気になるので、まったり探索派には好まれないかもしれない。

160604 Fallout 4 Far Harbor 005

新しい敵も出現します。

三つどもえ
ファー・ハーバーの住人、チャイルド・オブ・アトム、人造人間という三つどもえの構図です。Falloutらしい構図で、どの陣営に肩入れするかなどの選択も迫られる。

陣営への肩入れだけでなく、個人に対しても殺すか見逃すかなどの選択があり、まさにロールプレイングゲームという自分の考えが反映できるのが面白い。

160604 Fallout 4 Far Harbor 003

新しい拠点
島では、いくつかの新しい拠点が得られます。普通にクリアするだけなら12時間程度ですが、拠点に凝り始めると数時間があっという間に過ぎますね。

今回の舞台は放射能を含む霧がたちこめていて人が住めるような土地とは思えないだけに、ホッとできる場所である拠点をちゃんと作りたいと思える。

160604 Fallout 4 Far Harbor 001

少し面倒だったパズル
メインクエストのパズルが少し面倒でした。パズル自体はタワーディフェンスの要素も含んでいて、バランス的にも出来が悪いわけではありませんが『Fallout 4』には求めていない要素。クエストと戦闘を楽しんでいたところに水を差された感じです。全5面もあったので後半は面倒な作業と感じました。でも1クエストだけなので言うほど重い存在ではありません。メインのクエストや戦闘が面白すぎるからこそ、パズルをやらされるのが煩わしいというところもある。

160604 Fallout 4 Far Harbor 002

たまにカクつく
フレームレートは不安定なところがあり、たまにカクつきました。激しいアクションというわけでもないので、操作に大きな支障をきたすほどではないですが。

本編の魅力そのままに
基本的には『Fallout 4』の魅力そのままに拡張されたエリアとクエスト。『Fallout 4 Automatron』の時も書きましたが、Fallout 4がめちゃくちゃ面白いので、拡張されて遊べるだけで大満足。ちょっと気になったのはパズルとフレームレートくらいで、楽しい事の方が圧倒的に多い。Fallout 4が好きならスルーする理由がない良DLCですね。

ウィッチャー3は完結しましたが、Fallout 4は大型DLCが今後も予定されているようです。まだまだ寂しい気持ちになる事もなく、次のDLCを期待して待ちます。今回はトロフィーも簡単そうなので、達成しようかと思います。