PS4とVitaのリモートプレイのやり方

 PS4のゲームやアプリケーションは、Vitaで遠隔プレイすることが可能です。Vitaの画面にPS4の画面をそのまま映して操作可能になりますので、ほぼ全てのゲーム・アプリケーションがVitaリモートプレイに対応していると言えます。


 


 ここでは、PS4とVitaのリモートプレイのやり方について説明します。とても簡単です。動画も用意しましたので、それを見ていただければ簡単にわかると思います。



PS4とVitaのリモートプレイのやり方 - YouTube


 


1.VitaをPS4に繋ぐ


 Vita本体に付属しているUSBケーブルでVitaとPS4を繋ぎます。


f:id:hamasukei:20140125013033j:plain


 


2.PS4を起動して機器認証番号を表示させる


 システム画面の「設定」→「PS Vita接続設定」を選択。ここで「PS Vitaと直接接続する」にチェックしておくと、室内での通信は安定しやすいです。「機器を登録する」を選択すると画面に機器認証番号が表示されます。


f:id:hamasukei:20140125010948j:plain


 


3.Vitaを起動して「PS4リンク」アプリを起動する


 Vitaを起動して「PS4リンク」アプリを起動。「リモートプレイ」を選択すると機器認証番号を入力する画面になりますので、先ほどPS4側で表示された番号を入力して「登録」。あとは自動で認証されて完了。すぐにリモートプレイが可能になります。


f:id:hamasukei:20140125013345j:plain


 


 認証は1度やればもうやらなくてOKです。次回以降はケーブルで繋がなくても「PS4リンク」からリモートプレイができます。


 


 私はPS4リモートプレイのためにVitaを買いました。買ったのはPCH-2000 ZA12 White。購入前に旧型(PCH-1000)か新型かで悩みました。旧型はスクリーンが有機ELディスプレイなのでキレイなんです。ネットでの比較画像を見ても旧型のスクリーンが魅力的に見えました。しかし新型のバッテリー持ちの良さと、軽さ、薄さに魅力を感じ、そして今後の周辺機器は新型基準でリリースされるだろうとも思って新型を選択しました。結果、大満足しています。液晶に映し出されるPS4のゲーム画面は超美麗で、二世代先の未来の携帯ゲーム機を手にしたように思えました。新型Vitaの液晶不安は一発で吹っ飛んだ。次の目標は風呂場でPS4をVitaリモートプレイすること。



PlayStation Vita Wi-Fiモデル ホワイト (PCH-2000ZA12)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ホワイト (PCH-2000ZA12)