ヘディングの精度が凄かった北米版『Headmaster』

f:id:Hamasukei:20161018162927j:plain

PS VRのヘディングゲーム『Headmaster』($19.99)をプレイしました。ヘディングシミュレータと言えるような精度が素晴らしかったですが、ゲームモードは不満。

ヘディングの精度が凄い

いきなり驚いたのがヘディングの精度。私はサッカーをやっていてヘディングは得意ですが、現実にサッカーボールをヘディングするのと同じ動きでヘディングできます。微妙なコース調整も実際のヘディングと同じやり方。ヘディングシミュレータと言えるような精度。

f:id:Hamasukei:20161018162725j:plain

 

100%とまではいかず、たまに納得できない挙動もありますが、概ね満足で衝撃的な精度でした。ヘディングで狙い打つ面白さは十分に堪能できる。

 

メタスコアが74点(12件)で、まずまず好評という理由の大半は、このヘディングの精度かと思います。これは絶賛できるほど。

的当てゲーム

ドリルをこなしていくタイプのゲームシステムです。獲得したスコアで★0~★3の評価が得られる。★1ならドリルクリアの判定となるが、一定の★を貯めないとアンロックされないステージもある。過去のドリルをやり直して★を稼ぐ必要があります。

f:id:Hamasukei:20161018162158j:plain

 

基本的には的当てゲームです。飛んでくるボールをヘディングして、的に当てたり、枠を通過させたりしてポイントを稼ぐ。ヘディングの精度が高いので、狙い打って上手くコントロールできると気持ちいい。

f:id:Hamasukei:20161018162314j:plain

 

サイドからのクロスに対して、体を捻ってゴールに流し込むのが好きです。

f:id:Hamasukei:20161018162507j:plain

 

非常に残念なのが、的当てゲームでしかないという点。これだけ精度の高いヘディングが出来て、ヘディングする面白さが十二分に味わえるのに、キーパーとディフェンダー相手にヘディングシュートを決める快感が味わえない。本当にもったいないと思いました。枠外の的に当てても、そんなに面白くはない。やはりヘディングシュートはゴールに叩き込んでこそと思いました。

 

ドリルをこなすモードしかないのも残念なところで、練習も兼ねてフリーでひたすらヘディングできるモードがほしい。ドリルは少しテンポが悪い。

コントローラー不要

タイトル画面で×ボタンを1回押してからはコントローラーが不要です。項目の選択は、文字を見つめることで選択されるシステム。他のゲームでも採用されていますが、VRにおいては一般的なシステムになりそうですね。

f:id:Hamasukei:20161018162608j:plain

たまにトラッキングの乱れ

たまにトラッキングが乱れて位置調整が入ります。ボールがこちらに向かってきている時にも発生するのが厄介。

ヘディング精度は良いがゲームモードは不満

ゲームの基礎であるヘディングの精度が素晴らしい。ただ、その素晴らしい精度を楽しむためのゲームモードが不満。もうちょっとサッカーっぽいモードが欲しいです。$19.99は少し割高に感じました。