読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4K+HDRテレビの入力遅延データサイト

f:id:Hamasukei:20161021091619j:plain

海外のサイトでテレビの入力遅延を4K+HDRまで含めて測定しているサイトがありました。何を買おうか悩んでいる4K+HDRテレビですが、とても参考になりました。

Rtings.com

Rtings.comという、テレビとヘッドフォンのデータサイトで、4K+HDRまで含めて入力遅延(Input Lag)を測定して公開されています。

HDRの遅延

「4k @ 60Hz @ 4:4:4」と「4k @ 60Hz @ 4:4:4 + HDR」の項目を見比べると、低価格モデルでは入力遅延は無いですが、高価格モデルでは大幅に遅延しています。

 

TV

4k

60Hz

4:4:4

4k

60Hz

4:4:4

HDR

Sony X700D(2016) 32.4ms 32.4ms
Sony X750D(2016) 32.5ms -
Sony X800D(2016) 35.3ms 33.2ms
Sony X850D(2016) 57.4ms 93.0ms
Sony X850C(2015) 58.2ms 94.0ms
Sony X900C(2015) 65.2ms 100.6ms
Sony X930D(2016) 74.7ms 110.2ms

全体的に遅延大

入力遅延のデータが公開されている機種は「4k @ 60Hz @ 4:4:4」も「4k @ 60Hz @ 4:4:4 + HDR」も全体的に遅延大で、特に高価格モデルは100ms以上も遅れるということでゲームにならないレベルの数値になっています。2年ぐらい前に旧PS4ちゃんねるでテレビのことを書きましたが、その時と変わらずテレビ選びの難しさがある。画質にこだわった高価格テレビはゲームにおいては遅延が酷い。SONYの2016年モデルで比べても、安い順に低遅延となっています。予算に余裕があっても「いっちゃんええやつ」という選び方は難しい。

PCモニターでは実測9ms~11msで頭打ち

displaylag.comでも入力遅延の実測値を公開していますが、PCモニターでは2007年から現在まで実測9ms~11msの入力遅延で頭打ちです。10ms前後で横並び状態ですね。私も『Video Signal Input Lag Tester』を購入して自分のPCモニターを測定しましたが10ms前後で同じ。カタログでは遅延0.05msと書いてあっても、実測では10ms前後になります。

 

古いテレビのデータですが、

TVLag Tester
SONY BRAVIA 42W650A(2013) 12.7ms
東芝 REGZA 42J8(2013) 13.6ms

2013年時点で上記のような測定結果もありますので、2Kテレビにおいては、PCモニターと低遅延テレビに大きな差があるわけではありません。4Kテレビが、この数字に近づけるかどうかがポイント。

東芝

2015年に映像事業を見直し、国内に注力している東芝のテレビは上記サイトで測定されていません。ゲームにおける低遅延にこだわっている東芝なので、実測値はわからないものの低遅延に期待が持てます。

 

TV4Kゲーム・ターボ or ターボプラス
Z20X

0.83ms(約0.05フレーム) ※1080p(120Hz)入力時

10ms(約0.6フレーム) ※1080p/1440p/4K(60Hz)入力時

Z700X

10ms(約0.6フレーム)

※1080p(60Hz)、1440p(60Hz)、4K60p入力時

M500X

5.8ms(約0.35フレーム)

※1080p(60Hz)、1440p(60Hz)、4K60p入力時

G20X

0.83ms(約0.05フレーム)

※1080p(60Hz)入力で、画面サイズ「ネイティブ」または「フル(ジャスト)」選択時

※4K60p入力で、画面サイズ「4Kフル」選択時

※ 映像処理による信号遅延時です(パネルによる遅延を除く)

 

迷っていますが、今のところG20Xが最有力のまま変わらず。Z20Xが0.83ms(約0.05フレーム) となっていて「おっ」と思ったのですが、少し離れた下にある注釈を見ると「1080p(120Hz)入力時」に限定されていました。PS4で使う場合は10ms(約0.6フレーム) になりますね。

 

気になるHDRの遅延に関しては、低価格モデルはnit数が低いためかわかりませんが、ほぼ遅延に影響しないようなので大丈夫なのかなと思いました。その分、高価格モデルに比べて画質は落ちるでしょうけど。