読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高精度で安心させてくれたガンシューティング『Pixel Gear(北米版)』

f:id:Hamasukei:20161023202747j:plain

北米Storeで2016年10月18日にリリースされたPS VR専用ソフト『Pixel Gear』($10.99)。Move モーションコントローラー1本持ちのピュアなガンシューティング。高精度で安心しました。

基本操作

Move モーションコントローラー1本持ちのシンプル操作です。リロード(×)は弾切れになると自動でもリロードしてくれます。

 

T(トリガー) 銃撃
スキル(時間の流れが遅くなる)
× リロード
ムーブ

ムーブボタン長押しで武器ホイールを表示

レーザーサイトを向けて武器を指定

ムーブボタンを離して装備

 

WAVE制で襲ってくる敵を撃ちまくるゲームです。プレイヤーに移動要素はなく、前方180度を見ながら銃撃。背後から敵が来ることはありません。

f:id:Hamasukei:20161023202206j:plain

 

『マインクラフト』っぽさも感じるグラフィックですが、『マインクラフト』の要素は一切ありません。

 

レティクルの表示はなく、レーザーサイトで狙いをつけます。

f:id:Hamasukei:20161023202323j:plain

高精度

このゲームで最高に良かったところはトラッキングが高精度であるということ。『Until Dawn: Rush of Blood』をプレイした時はプレイ中にトラッキングがズレてしまい、キャリブレーションをやり直す必要があり、PS VR & Cameraのトラッキングに一抹の不安を残していました。

 

しかし『Pixel Gear』のトラッキングは文句なし。全ステージクリアまで、まったくズレを感じませんでした。遠くの敵に細かく狙いをつけてのヘッドショットもストレスなく操作できる。

f:id:Hamasukei:20161023203124j:plain

 

『Until Dawn: Rush of Blood』は二丁拳銃でしたので、トラッキングが難しかったのかもしれない。無理して二丁拳銃にするよりは、高精度な一丁拳銃のゲームを望みます。

全3ステージ

全3ステージで、クリアまで40~50分くらいだと思います。難易度は4段階あります。スモールサイズのゲームで、ゲーセンで100円入れてちょこっと遊ぶ感覚。定価は$10.99ですが、セール価格の$8.79で購入できましたので、価格に対するボリュームに不満はありません。それより、Move モーションコントローラーの高精度っぷりを見せてくれた喜びが大きい。

f:id:Hamasukei:20161023203252j:plain

 

天使を撃つとスコアがマイナス2000点。天使以外は全て敵ですので、撃ちまくるのみ。コインを持ったゴーストを撃つとコインを入手。WAVEクリア後にコインで買い物ができます。新たな武器の購入も可能。

f:id:Hamasukei:20161023202844j:plain

 

敵が多くなって総攻撃を受けるような状態になったら、ボタンのスキルで時間の流れを遅くして対処しましょう。

 

テレビでプレイするガンシューティングと違う部分は、例えば正面の敵をノールックで撃ちながら、左右の敵を目視で確認するテクニック。自分が見ていない=画面に表示されていない敵を撃つのはVRのガンシューティングならでは。

 

各ステージのラストにはボスが出現。ボスの体力は画面右上空の星座。

f:id:Hamasukei:20161023201949j:plain

SIMPLE1000 ガンシューティング

『SIMPLE1000 ガンシューティング』といった感じのシンプルなガンシューティングゲームです。プレイヤーが動く要素はプレイアブルでもイベント等でもありませんので、ピュアな射的ゲーム。Move モーションコントローラーの精度が良いので、ストレスなく的を撃つ面白さが味わえました。射的のシンプルな面白さが味わえましたが、その面白さだけのゲームでもあります。

 

40~50分で全クリアできるボリュームですので、気軽な遊び。

 

『Until Dawn: Rush of Blood』の時に感じたトラッキングの不安を解消してくれたことは、$10.99を大きく超える価値がありました。ガンシューティンとしては『ぎゃるがんVR(仮)』の開発が発表されていますが、『Pixel Gear』と同等の精度で撃てるなら買いです。Move モーションコントローラーのガンシューティングの未来を明るくしてくれた1本。