読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイスピードとバイオレンスのスリル『THUMPER リズム・バイオレンスゲーム』

f:id:Hamasukei:20161025182059j:plain

高評価なPS VR対応ソフト『THUMPER リズム・バイオレンスゲーム』をクリアしました。難しかったです。

基本操作

レールの上を猛スピードで進むスペースビートルが自機となります。操作はデュアルショック4。

 

青や緑の光が来たら、タイミングを合わせて×ボタン。

赤い光は×ボタンを押しっぱなしで通過。

f:id:Hamasukei:20161025181535j:plain

 

コーナーでは×ボタンを押しながら左スティック(方向キー)を倒す。コーナリングの音とか光とか滑り方とかも気持ち良いポイント。

f:id:Hamasukei:20161025181454j:plain

 

障害物は、直前の光が踏切板になっているので、左スティック(方向キー)を上に倒しながら×でジャンプ。

 

高速で障害物やら光やらコーナーが次々と迫ってくるので、素早いボタン操作で切り抜ける。

 

音ゲーをレールに置き換えたようなゲームです。オーソドックスな音ゲーの場合、バーの上をボタンやら×ボタンが流れてきて、プレイヤーはタイミングを合わせて対応するボタンを押す。このゲームもレールの上に障害物やらコーナーが来るので、タイミングを合わせてボタン操作する。

 

Rezの影響を強く受けているようなゲームで、光と音がゲームプレイと共鳴するようなゲームです。ボタン操作をすると音が鳴りますが、それがBGMと重なるリズムになる。

 

PS VR「対応」であり「専用」ではありません。PS VRを持っていなくてもプレイできます。

邦題『リズム・バイオレンスゲーム』に納得

北米では『THUMPER』というタイトルですが、日本では『THUMPER リズム・バイオレンスゲーム』というタイトルです。最初にこのタイトルを見た時は、恰好悪い邦題だと思いました。ジャンルの説明をタイトルに追加しただけなんて。

 

でもプレイしてみると、まさにリズム&バイオレンスなゲーム。ここが『Rez』とは大きく違う。ステージ3までは『Rez』に近い感覚でした。心地良いスピード感とリズムに乗れて気持ち良いゲーム。ステージ4の中盤から難しさを感じて、ステージ6以降は死にゲー状態。ステージ9のボスは高難易度で心が折れそうになりました。公式の商品説明に「超光沢世界の暴力を五感で感じろ」とありますが、プレイヤーを容赦なく殺しに来る。

VRと相性が良いハイスピード

『Rez』と大きく異なる点がもう1つ、それはハイスピードなゲームであること。このスピード感はVRだからこそ体感できる世界であり、ここに目をつけたのは正解ですね。ジェットコースターに乗りながらボタン操作しているような速さです。

スリルの中の陶酔感

深夜の高速道路をハイな状態でドライブしながら生まれたゲームなんじゃないかと思います。非常に危険なドライブだけど、ハイスピードで死ぬスレスレのスリルが陶酔感を生む。

 

後半は高難易度ゲームで、何度も何度も死にながら打開しました。ゆえに、心地良さが長時間続くゲームではなく、途切れ途切れではあります。トライアル&エラーなゲーム。陶酔感に浸るには相性が悪い高難易度のようですが、油断したら即死ぬというスリルあってこそのハイスピードドライブですので、高難易度に大きな意味がある。死にゲーみたいですけど、中毒性があってリトライを続けてしまう。

 

後半の難しいステージで、考えてボタン操作するのではなく、感覚で反応している状態になるのが最高にハイです。

f:id:Hamasukei:20161025181808j:plain

 

光と音楽がプレイに重なって『Rez』みたいではあるのですが、音楽的な良さはあまり感じませんでした。悪くはないですが、オマケ程度に乗れる感じ。ハイスピードと暴力的なスリル、それに自分の操作感覚を限界を超えるほどに融合させて一体化するようなゲーム。

ステージのビジュアル的な変化は乏しい

『Rez』は5ステージ+α、『THUMPER リズム・バイオレンスゲーム』は9ステージありますが、ステージのビジュアルと音楽的な変化には乏しいです。『Rez』ほどステージ毎の変化はありません。

難しいけど熱くなれた

全9ステージクリアまで死にまくって4~5時間ほどでした。難しかったです。反射神経、動体視力、素早いコントローラーさばきも必要なゲーム。序盤のステージは幅広いユーザーが楽しめそうな難易度ですが、後半は完全にコアゲーマー仕様な難易度。操作自体はシンプルで、とっつきやすいゲームだけど、ライトなユーザーには手厳しすぎるところがある。

 

最後のボス2体は、諦めようかとも思いました。でも最後まで来て止めたくないなーと思ってクリア。最後は共感覚とかもう感じなくて、絶対無理だろと思っていたボスに挑戦して打開できたという喜びのみ。PS VR対応ゲームで、クリア後の達成感は一番でしたね。熱くなれたゲームでした。

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)