初期型PS4を2TBのSSHDに換装

f:id:Hamasukei:20161030150248j:plain

2TBのSSHD『Seagate FireCuda 2.5 2TB』が届きましたので、早速PS4(CUH-1000)に換装しました。厚さ7mmです。

本体ストレージ容量は1.77TB

2TBのSSHDの場合、本体ストレージ容量として認識されるのは1.77TBです。

f:id:Hamasukei:20161030131401j:plain

ロード時間が短縮されるSSHD

PS4はHDD、SSHD、SSDに換装可能。標準で搭載されているのはHDDですが、これをSSHDやSSDに換装する理由はロード時間が短縮されるからです。Xbox Oneでもエリートモデルは1TBのSSHDが搭載されていますね。

 

現行のPS4はSerial ATA 2ですので、SSHDやSSDの真価を発揮できるわけではありませんが、それでも違いが見られます。PS4 ProはSerial ATA 3ということで、SSHDやSSDの効果がより大きくなるんじゃないかという期待があります。

 

ゲームによってロード短縮効果の違いに差があり、旧PS4ちゃんねるでも測定して比べていました。こういった比較はいろんな人がやっており、Youtubeで『PS4 HDD SSHD』と検索すると比較動画がたくさん出てきます。

 

私が以前に『Fallout 4』で測定した時は、HDDが1分1秒のところをSSHDで36秒でした。

安かった

SSDの方が速いわけですが、2TBになると実売6万円以上になりますので価格がネックになります。価格をまったく気にしないならSSDの方が高性能なので良いです。SSHDはHDDとSSDのハイブリッドですので、価格が安いのが魅力。『Seagate FireCuda 2.5 2TB』もアマゾンにて13,478円で購入できました。今までは一般ユーザーが使えるレベルでの2.5インチ SSHDは1TBまでしかなく、今回ついに2TBの登場となったわけですが、意外と価格は抑えめで有難かったです。同じレベルの競合製品がないのに良心的な価格でした。

 

家庭用ゲーム機にしては大容量の2TBで、しかもSSHD。これがこの価格となると、PS4のHDD換装候補として人気の製品になるのではないかなと思います。2.5インチで2TB SSHDのライバル製品が他にないですしね。

 

今まで使っていた1TBのSSDはPS4 Pro用にして、現行PS4は2TBのSSHDで使っていこうと思います。