読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ映画だった全編実写のクリックアドベンチャー『The Bunker (北米版)』

レビュー・感想 北米版

f:id:Hamasukei:20161108214259j:plain

北米Storeのセールで購入した『The Bunker (北米版)』。全編実写のクリックアドベンチャーです。

ほぼ映画

「映画みたいなゲーム」は星の数ほどありますが、これはそれらとも一線を画します。ほぼ映画を観ている感じでした。映画の映像に無理矢理ゲームコントローラーでの操作を入れたと言うと少し言い過ぎですが、それに近いものはあります。

f:id:Hamasukei:20161108213809j:plain

 

例えばPS4の『ウォーキング・デッド』や『ライフ イズ ストレンジ』は映画のように物語を見せたりもしますが、自分で会話や行動を選択して、それが物語に反映されたり、左スティックで歩いていろいろ見て回る要素もあります。ゲームならではの魅力があり、「映画でいいじゃん」とはならない。『The Bunker (北米版)』も少しはストーリー外の場所を調べられたりしますが、ゲームならではの魅力を感じるほどではないので「映画でいいじゃん」と思える。

 

ゲームはほぼ全編実写で、カーソルを動かして調べられるポイントを調べるクリックアドベンチャー。

衝撃もあったストーリー

映画的要素がメインなだけあってか、ストーリーは良く出来ていました。クリアまで1時間30分~2時間くらいだと思いますが、映画としてよくまとまったストーリー。

 

核攻撃を受けたイギリスの地下バンカーが舞台で、そこで生まれ育ったジョンが主人公。しかし、他の住人は全員死んでしまい、ジョンが最後の1人。長年1人で生き続け、冒頭で何もない日々を描いた後にトラブル発生。トラブルの解決にあたりながら過去の記憶がフラッシュバックし、地下バンカーで何が起こったのかという真相を思い出していくといった感じ。

 

f:id:Hamasukei:20161108213932j:plain

 

登場人物が多くはないので、真相が予想しやすいところはあるのですが、薄々思っていても実際に確認すると驚けました。真相の件以外の部分でも、主人公の演技が良くて、孤独で平穏な日々からのトラブルで発狂したくなるような感情も伝わってきた。言語は英語のみですけど、ストーリーはわかりやすいです。

f:id:Hamasukei:20161108214036j:plain

トロフィーブーストゲーム

PSNTrophyLeadersでのトロフィー難易度はVery Easy。1,405人中の1,008人がトロフィーをコンプリートしていてプラチナトロフィーを獲得しています。

簡単だったので私もプラチナトロフィーを獲得しました。ついでに攻略ページも作ったので明日アップします。上手くやれば2時間以内にプラチナトロフィーが獲得できるゲームです。

実写映画にとってつけたようなゲーム要素

このゲームの評価は高くなくて、PC版のメタスコアが57点(7件)、PS4版が69点(11件)。これは仕方のない評価かと思います。とってつけたようなゲームシステムなので、そこは評価できない。逆に新鮮ですけどね。あくまで映画として楽しめる作品でした。1プレイも短く、リプレイ性も低い、これで$19.99となるとゲームレビューとしては厳しくなる。セール価格の$11.99で購入できて、映画として楽しみ、記念にプラチナトロフィーを貰えたので満足です。

 

映画・ゲームビジネスの著作権(第2版) (エンタテインメントと著作権-初歩から実践まで-2)

映画・ゲームビジネスの著作権(第2版) (エンタテインメントと著作権-初歩から実践まで-2)