『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』の4Kがとてもキレイ

f:id:Hamasukei:20161119200036j:plain

PS4 Proロンチの時に見ていたわけですが、所持している4K対応タイトルをザッと見た後でも『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』の4Kがわかりやすい美しさでした。

3つのモード

高フレームレート より高いフレームレートにより、スムーズなゲームプレイを提供します。
視覚性向上 グラフィック要素を向上し、より活き活きとしたリアリスティックな体験を提供します。(30fps)
4K解像度 対応する4Kテレビに接続した場合、ゲームを4K解像度で表示します。(30fps)

パッと見でわかる違い

他の4K対応ゲームは画面を見比べてわかる違いという感じでしたが、『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』はパッと見でわかる違いがありました。

 

下記画像はタイトル画面で「高フレームレート」と「4K解像度」を比較して撮影したスクリーンショットです。JPEGなので、この画像自体が劣化しているし、43型のテレビで見るのとPCの小型モニターで見るのとでも印象が違いますが、そんな比較条件でもはっきりと違いがわかる。

f:id:Hamasukei:20161119191756j:plain

 

「高フレームレート」では潰れてしまう腕の模様も、

f:id:Hamasukei:20161119192215j:plain

 

「4K解像度」だとキレイに描写される。

f:id:Hamasukei:20161119192257j:plain

 

文字、キャラクター、地面、植物、どこを見ても違いがすぐわかる。ゲームで行っていない場所の画像を出されても、その精細さを見れば2Kか4Kか簡単にわかると思います。

 

『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』の4Kを見てから2Kを見ると、今までは気にならなかったフルHDのボヤケ具合が気になります。これは他のゲームでは感じなかった。

SDしかなかった頃は画質が気にならなかったSDも、720pを知ってボヤケ具合が気になるようになった、720pから1080pへ移行した時もそう。『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』の4Kを見て解像度の次のステージに行ったなと思いました。

これからのゲームに期待

『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』はPS4 Proの発表時にサンプルとして映像が使われていたほどなので、かなり早い時期からProモードに力を入れられたタイトルなんじゃないかと思います。

 

逆にFF15の田畑氏はBarcelona Games Worldで「Proの存在を知らなかった」と答えており、いつ知ったのかまではわかりませんが、十分に対応できる期間はなかったようです。体験版でも対応はしていましたが、今後のアップデートでPro対応を強化させたい考えを述べておられました。

 

一部の開発者以外は、Proの存在を知って日が浅いと思われますので、これから力の入った対応が増えてくるのではと期待します。『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』で「ここまでキレイになるのか」という1つの基準を見せてもらえましたので、今後の4K対応タイトルに注目していきます。

さらに入力遅延が軽減

4Kとは関係ないですが、ロンチ時は不具合のような入力遅延があり「この鈍さは、かなり気になります」と書きました。それが10月26日のバージョン1.04で軽減されて「まだ少し遅さは感じますが許容範囲で、不満は大幅に解消されました」と書きました。そしてさらにバージョン1.05でも入力遅延が改善されました。もう十分です。このバージョンで初見プレイできる人が羨ましいです。

 

4Kの美しさ(Pro)、ロード高速化(Pro)、入力遅延の問題を解消(All)。10月13日時点のゲームとは大幅に変わりました。

 

ライズ オブ ザ トゥームレイダー 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

ライズ オブ ザ トゥームレイダー 【CEROレーティング「Z」】 - PS4