読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PS4 Proの4K

f:id:Hamasukei:20161229194247j:plain

PS4 Proの4Kと2Kでどれくらい違いがあるのか、いくつかのゲームを紹介。というか、過去に紹介したもののまとめです。

Rise of the Tomb Raider

ネイティブ解像度:TBD

 

初めて4Kの洗礼を受けたゲーム。今までの感覚では「こんな小さな文字が読めるはずないだろ」と思っていたような小さな文字までクッキリ表示。4Kを体験したことにより、2Kの全体的なボヤけも気になるようになりました。

 

f:id:Hamasukei:20161229110525j:plain

 

f:id:Hamasukei:20161229110654j:plain

The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition

ネイティブ解像度:4K native

 

Proの本体を1080p出力にすれば通常の2Kと同じになると勘違いした作品。1080p出力でもレンダリング解像度は4Kのままでオーバーサンプリングで1080p表示にしているからと教えてもらいました。初期型PS4で起動してみたら違いは歴然。

 

f:id:Hamasukei:20161229110330j:plain

 

f:id:Hamasukei:20161229110345j:plain

The Last of Us Remastered

ネイティブ解像度:Native 2160p/30fps または 1800p/60fps

 

2Kでもキレイすぎて、特に人物に関しては大きな差を感じなかった。

 

f:id:Hamasukei:20161229193425j:plain

 

しかし、少し遠くのオブジェクトのジャギがはっきりと違う。動かして見ると顕著で、2Kはジャギがチラチラして気になるところも4Kでは気にならない。遠くのオブジェクトの線までキレイに表現できるところがすごい。

Ver 1.08でジャギが出るようになったようです。ですのでVer 1.07以前にプレイした人は「ジャギ目立ったっけ?」と思うところではあるでしょう。

 

f:id:Hamasukei:20161229193516j:plain

 

ネイティブ解像度に関しては、IGNがリスト化しています。

 

上記の画像jpegなので画質は劣化しています。肉眼で見れば、もっと良さがわかりやすいかと思います。ジャギが出るところは動かして見た方が目立ちますね。4KテレビはREGZA 43G20X。遅延面ではPCのゲーミングモニターと比べても遜色ない低遅延ですが、画質では4Kテレビの中で下位の方だと思います。画質重視の4Kテレビで見れば、また違う印象になるかもしれない。

 

4Kはキレイですが、4K/30fpsと2K/60fpsとだったら2K/60fpsの方が嬉しいです。Rise of the Tomb Raiderくらいのクオリティだったら、ゲームのジャンルによって変わってきますが。

 

Skyrimのように4Kで稀に27fpsくらいまで落ちるのと、2Kで30fps固定の差だったら迷わず4Kを選びます。4Kのシャープさを知ってしまうとボヤけ具合の方が気になってしまう。

 

今年は4KとVRを体験し、ハード面での驚きが大きかったです。来年はハード面で驚きのネタはなさそうなので、ハードを生かしたソフトに期待します。使いまくっている印象がありますが、まだPS4 Proは発売して1ヶ月半、PS VRは2ヶ月半ですからね。ハードを十分に生かしたソフトが出るのは、まだまだこれからかと思います。

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)