『スクールガールゾンビハンター』 キャンペーンモードをクリア

f:id:Hamasukei:20170113210221j:plain

2017年1月12日(木)に発売された『スクールガールゾンビハンター』のキャンペーンモードをクリアしました。

操作はカスタマイズ可能

デフォルト操作だと、×を1回押すとズーム、もう1回押すとズーム解除になっていて「なんでこんな操作にしちゃったんだ……」とガックリきましたが、操作方法はカスタマイズ可能で、一般的なTPSと同じようにL2押しっぱなしでズーム・R2で銃撃という操作にも変更可能で安心しました。

f:id:Hamasukei:20170113210718j:plain

 

自由なボタン割り振りは嬉しい。

f:id:Hamasukei:20170113210536j:plain

 

エイミングの感覚にやや不満があります。微妙に狙いづらくて、FPS・TPSの銃撃戦として気持ち良くない。もっと細かく感度の設定が出来れば良かったです。

シンプルな銃撃・近接攻撃と武器・衣装集め

右スティックでレティクルを操作してゾンビを銃撃するTPSです。近接攻撃は部活攻撃という名前。

 

ミッションルールは、

  • 殲滅ミッション(ゾンビを規定数倒すとクリア)
  • 目的地到達ミッション(ゴールに到達するとクリア)
  • カードキー入手ミッション(カード3枚入手するとクリア)
  • 拠点防衛ミッション(押し寄せてくるゾンビ達の攻撃から拠点を守る)
  • 援護狙撃ミッション(スナイパーライフルのみで規定数のゾンビを倒すとクリア)
  • 物資回収ミッション(ゴールに到達するとクリア)
  • 時間耐久ミッション(制限時間まで生き残る)
  • ボス撃破ミッション
  • 不浄門破壊ミッション

 

ミッション前にフルボイスのイベントムービーがあります。全てのミッション前にあり、頑張っているなと思いました。

f:id:Hamasukei:20170113205829j:plain

 

ゾンビを倒すと「未鑑定武器」を落とすことがあり、ミッションクリア後に自動鑑定されて新たな武器を入手可能。ミッション中に衣装を拾うこともあり、こういった武器・衣装集めの要素は楽しく、ミッションを繰り返しプレイするモチベーションになります。

f:id:Hamasukei:20170113205035j:plain

 

キャラクターのレベルシステムもあり、ミッションをクリアして経験値稼いでレベルが上がる。レベルが上がると体力とスタミナが増えるので、難しいミッションも攻略しやすくなる。

f:id:Hamasukei:20170113205215j:plain

制限時間3~6分と無限湧き

ミッションは制限時間3~6分です。1ミッションがサクッと終わる遊びやすさは良いのですが、急いで敵を倒すorゴールを目指すだけのゲームになってしまい、単調さに繋がっています。

 

防衛系は制限時間があって当然ですが、目的地到達ミッションやカードキー入手ミッションにまで短い制限時間を入れる必要はなかったと思う。時間を気にするミッションばかりで遊び方の幅が狭くなっている印象。目的地到達ミッションやカードキー入手ミッションは基本的にゾンビが無限湧きかと思いますが、爆発系のゾンビが目の前で湧いて突進してくるのがやっかいですし、倒してもすぐ湧いてくる。それに加えて時限ミッションですので非常に忙しい。さらにマップがわかりづらいところもあり、面白さよりストレスが勝るところもあります。

f:id:Hamasukei:20170113205336j:plain

 

殲滅ミッションはゾンビを撃つ楽しさが堪能できて良いです。拠点防衛ミッションも撃ちまくる楽しさがありますが、味方AIの動きにムラがありすぎて安定しないところもある。

惜しいっ

シンプルな銃撃と打撃でゾンビを倒しまくり、武器を収集したり、育成でキャラクターが強化されていくという基本となるレールは良いです。全てのミッションにイベントムービーがあるのもキャンペーンモードの魅力になっている。

 

ミッションデザインにイマイチなところがあり、目的地到達ミッションなどで、操作キャラの目の前にゾンビが湧いたかと思ったら突進してくるというのは面白くなかった。近距離で敵が湧くことに加え、やたらと結界に閉じ込められるバトルもTPSと相性が良くないように思う。中距離や遠距離武器が不要になってきます。制限時間もゾンビを倒す楽しさを味わいにくく、中途半端なレースゲームのようになってしまった。

 

ミッション失敗した時に、強制的にメニュー画面に戻るロード→同じミッションを選択してまたロードというテンポの悪さも気になった。

 

操作感は酷いとまでは言えないですが、二線級ではあります。FPS・TPSは欧米のゲームが厳しい競争の中で育っていますので、そういうゲームに慣れていると嫌でも差を感じます。エイミングの感覚、銃撃の手応え、敵のリアクション、グラフィックなどなど物足りない。このへんは覚悟して購入しているので、いざプレイしてガッカリということはないですし、むしろ思っていたよりは良かったくらいです。

 

粗はあるのですが、わりと好きなタイプのゲームです。私はシンプルな銃撃ゲームが好きですし、収集・強化要素もわかりやすくて良いです。問題点をアップデートで改善・調整すれば、けっこう良いゲームになりそうな気はします。

 

難易度:NORMALでキャンペーンモードをクリアするだけなら5時間未満ですが、HARDモードもありますし、全ミッションで評価SSSを狙ったり、武器収集やキャラクター強化のやり込みもある。マルチプレイモードもあります。まだまだ続けたいという魅力はあり、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』をクリアしたらまたやりたい。

 

SG/ZH School Girl/Zombie Hunter - PS4

SG/ZH School Girl/Zombie Hunter - PS4