読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強寒波を迎えて『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』クリア

レビュー・感想

f:id:Hamasukei:20170115181758j:plain

『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』をクリアしました。

最終章の途中までは面白かった

最終章の途中までは非常に面白いストーリー展開でした。キャラクターの魅力はあるし、学級裁判では予想できない展開で驚かされっぱなし。良質の海外ドラマのように次の展開が気になってやめられない魅力がありました。脚本が驚きを狙いすぎて説得力がないキャラの行動もありますが、細かいツッコミどころは気にせず素直に楽しんでいました。

 

しかし、最終章の途中から急激に冷え込みました。それなりに驚きがあるオチなのかもしれませんが、ネタとしては斬新ではなく似たような展開の作品もあります。いくつかの作品名を出せば「そういう感じなのね」と、すぐに理解できるんじゃないかと思います。好みが分かれるオチかと思いますが、私はプレイして冷めきってしまいました。24時間くらいプレイして90点前後の熱いテンションで来ていたのが、最後の2時間で0点を突き破ってマイナスに落ちるくらいの最強寒波という感じ。オチを見せた時点までは悪くないですが、そこから結末への持って行き方に熱さや説得力が欠けて冷めていきました。このタイプのオチが必ずしもダメというわけではないですが、扱い方が難しいと思います。

この逆方向のパワーは面白い体験でもありました。キーワードの1つである「絶望」を見事に表現しているのかもしれない。ゲームプレイの9割以上が大満足でありながら、シリーズ続編が出ても購入したいと思えないというくらいになるのは摩訶不思議。無難な終わらせ方をしないというところは魅力でもある。

やや間延びした印象もある

クリアまで26時間くらいでした。1つの章あたり4時間ほどですが、中身が詰まっているというよりは、やや引き延ばしてプレイ時間が増えている印象。学級裁判では「そのやりとりいる?」というレベルのやりとりもありますし、音ゲーやドライブゲームの要素は、推理としては答えがわかっているのに数分の作業を強いられる。ダレてしまうところではありましたが、ストーリー展開に魅力があったので続けて遊べました。

 

新システムの中では「議論スクラム」がカッコ良くて、演出として好きでした。2チームに分かれて、相手チームの発言に対して1人ずつ言い返す。共闘感が決まっていた。

 

移動は快適で、ファストトラベルも便利でした。PS4&大画面でプレイしやすかったのも良いです。新システムは良いものあり、ちょっとゲームの魅力からズレたように感じるものもありという感じでしたが、そこまで足を引っ張るようなシステムはなかったです。システム面では大きな不満はありません。

オチも含めて印象的なゲームでした

熱中できたゲームで非常に面白かったのですが、オチからの冷めっぷりも凄かった。平坦ではなく、マイナスの領域にまで落ちるパワーがあったのは逆に面白い体験。ただ、私はダンガンロンパシリーズのコアなファンではないので、オチも含めて印象的でしたし、トータルで見れば満足度の高いゲームでした。

こういうゲームは中々ないので体験する価値ありだと思うのですが、本当にダンガンロンパシリーズのファンなら、受け入れられない結末という人も多いかと思う。逆に好きな人もいるでしょうし、シロかクロか、はっきりしやすいオチ。

 

クリアした人のレビューは最大のポイントがオチになるかと思います。賛否両論と言えますが、強い感情を持った「否」が多くなると予想できる。これからクリアする人が増えていくにつれ、例えばAmazonなどの投稿型レビューの点数は下がるんじゃないかと思う。オチだけのゲームじゃないのですので、そういった点数を見るとせっかくの魅力が伝わらないかとも思います。トータルで評価するメディアレビューは安定し、重要な1点で大きく減点しやすいユーザーレビューは低くなる感じですかね。

 

個性的なゲームですし、ストーリーにここまで入れ込んじゃうゲームは多くない。

 

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4