読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのニーアが帰ってきた!『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』最初の感想

f:id:Hamasukei:20170224013521j:plain

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』をプレイしています。最初は手ごたえが弱かったのですが、楽しくなってまいりました。

Aエンディングクリアは序章みたいなもの

Aエンディングをクリアしましたが、ゲームクリアではまったくなく、序章が終わったという感じです。とりあえずゲームの概要を見せてくれただけ。Aエンディング後に「ようやくニーアが始まった!」と思ったほど興奮して急にストーリーにワクワクしてきました。正直言うと最初はイマイチ楽しめないことが多くて気分が乗らなかったのですが、Aエンディングクリア後から急激に面白くなってきた。

 

これは周回プレイ前提のゲームと言ってしまうのも御幣があるかと思います。

例えば『バイオハザード7』は周回プレイも楽しかったですが、ストーリー的には1周で完成しています(マルチエンドですが)。『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』はストーリー的に完成していないと言えます。ストーリー以外の部分も違うので、難易度が変わるとか敵の配置だけが変わるとか、それだけの2周目でもない。ですのでAエンディングクリアは1周したとは言い難くて、ゲームの演出として“エンディング”ということにしてあるだけで、実際は序章を終えた感じ。これから見えるものがニーアの真骨頂かと思う。

『ニーア レプリカント』とも少し違って、こういう構造にしてあるんだなってのがわかる。

緊張感は薄いが爽快感はあるアクション

『ニーア レプリカント』は個人的にPS3のベストナラティブと言えるほどストーリー体験が印象深かった。でも、アクションゲームとしては稚拙なところもあり、海外の評価も高くない。それが今回、アクションゲームを多く手掛けているプラチナゲームズの開発になり、ストーリーだけでなくアクション面での期待も大きくなりました。

 

過去作よりもアクションは良くなっていて、アクションRPGの戦闘としては中々良いと思った。ただ、ガチなアクションゲームとして見ると粗もある。エフェクトが派手すぎたり髪と服の色が同じ仲間も一緒にいたりで乱戦時は画面がぐちゃぐちゃ。カメラも低すぎる印象で、草や岩で画面が隠れたりグラグラ動いたり壁際で見難くなったりすることがある。操作としてはロックオンが少し使いづらいと思った。

f:id:Hamasukei:20170224011709j:plain

 

でもNORMALだと簡単なので、こういった粗がストレスに繋がることは少ないです。遠距離での銃撃が安定し過ぎるうえに回復アイテムが3種類あって各99個持てる。それがショートカットで瞬時に使用できるので即死攻撃以外で死ぬことはほぼない。無双系と言うほどボタン連打するアクションではないですが、スピード感があって爽快にアクションして勝てる。反面、生死をかけた緊張感はなくて、ボスも初見で全部勝てて達成感はない。銃撃と回復を縛らない限り、簡単だと思う。

アクションゲームとして遠距離での銃撃が安定し過ぎるのはバランスがおかしい感じでもありますが、ストーリー重視のゲームとしてそれもアリなのかと思いました。アクションRPGとしてサクサク進みやすい。

スタイリッシュさを求めて戦う楽しさはある。ギリギリで回避すると発生する強攻撃が気持ち良いので、あえて安全な遠距離攻撃を控えめにして近接で回避からの反撃をするのが楽しい。

 

横スクロール風になったりトップビューになったりして演出が凝っているのですが、これはあまり面白くなかった。マップとしても把握しにくい。

f:id:Hamasukei:20170224011145j:plain

 

飛行してのシューティングゲームは多いです。シューティングRPGかと思ってくるところもある。ゲームとしてのジャンルが違ってくるので好みが分かれるところかと思いますが、個人的にはほど良い楽しさ。これも難易度は低めなので、撃ちまくってボコボコ破壊する爽快感系の楽しさです。

f:id:Hamasukei:20170224011244j:plain

 

『仁王』にハマった後でもあり、アクションに求めるハードルが上がり過ぎていて、最初はあまり楽しい気分にならなかったのが正直なところ。でも少しずつゲームに馴染んでいって楽しめている。

オートセーブなしで不具合に泣いた

このゲームにはオートセーブがありません。回復アイテムがたっぷりあるから心配ないかと思っていたらフリーズで進行不能になり、手動セーブしたところまで巻き戻った。

f:id:Hamasukei:20170224010943j:plain

 

2Bが9Sに近寄るイベントシーンで他プレイヤーの死体に引っかかって進行不能に。直前のセーブ不可な長いシューティングシーンを全部やり直し。再発を防止するために回線を抜いてプレイ。

f:id:Hamasukei:20170224121551j:plain

 

ゲーム内でオートセーブに対応していないことを3回くらい言ってくるので何か仕掛けがあるのかもしれませんが、今のところ不便なだけです。オートセーブのないゲームも珍しくはないですが、不具合での巻き戻りを数回体験すると非常に悪い印象になる。

音楽は良いグラフィックは物足りない

音楽は印象に残ります。単にメロディが美しいってだけではなく、聞いていて面白い曲もある。主張が強すぎるくらいですが、ニーアらしくて良い。

 

グラフィックは粗い部分もあり、特に背景は現代のPS4タイトルの高いレベルの中では見劣りする。

f:id:Hamasukei:20170224012910j:plain

ワクワク感が半端じゃない

最初は「不満が多いから愚痴みたいなことをブログに書いても仕方ないな」と思っていたほどで、そんな時にフリーズで巻き戻って最悪な気分でしたが、Aエンディング後に楽しい気分になってプレイできています。やはりストーリー的にあの最高な『ニーア』の世界が垣間見えたところが大きい。ネガティブな気分を吹き飛ばした。あばたもえくぼ(自分が好きになった惚れてしまった相手であれば、あばたでさえひいき目で可愛らしいえくぼに見えるということ)みたいな調子のいい手の平返しではありますが、アクションもシューティングも楽しい面を強く感じてきた。

Aで概要を見せて、Bで少し裏を見せてワクワクさせてくれる感じでしょうかね。実際にワクワク感が半端じゃないです。Cで大きく動いてDで締まるのかな?とにかく「ニーアが帰ってきた」という興奮状態。

 

ニーア オートマタ - PS4

ニーア オートマタ - PS4