読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USBストレージに入れた360度3D動画の再生に対応している『Littlstar VR Cinema』

f:id:Hamasukei:20170325122210p:plain

PS4のメディアプレーヤーがアップデートでVR動画の再生に対応していましたが、2Dのみで3Dには未対応。そんな中、PS VR向けアプリ『Littlstar VR Cinema』が3D360度動画の再生に対応しています。

360度動画には2Dと3Dがある

周囲をグルッと見回しても途切れることのない360度の映像。まるでその動画の世界に入ってしまったような錯覚を覚える素晴らしいものです。

 

360度動画といっても、2Dと3Dがあります。2Dは平面動画ですね。これが3Dになると立体感が生まれ、動画の世界に入ったという感覚がとてもリアルになる。PS4のメディアプレーヤーがVR動画に対応していますが、今のところ2Dまで。2Dでは真のVR動画の良さを味わえませんでした。Youtubeアプリは360度3Dにも対応していますが、USBストレージに入れた自分の動画を再生はできませんし、アップロードして見るにも手間がかかりますし18禁はNGだったり規制もあります。

PS VR向けアプリ『Littlstar VR Cinema』が360度3Dに対応

3月上旬の話ですが、USBストレージに入れた360度3D動画の視聴がPS VRで解禁されています。

 

日本のPS Storeでも配信されている無料アプリ『Littlstar VR Cinema』がアップデートでUSBストレージ内の360度3D動画の再生に対応。

Littlstar VR Cinema - PlayStation®Store

 

このアプリはプレーヤーというわけではなく「世界各国のトップブランドとトッププロデューサーが配信する没入感のあるVR体験とパフォーマンスをお楽しみいただけます」というものですが、USBストレージの動画を再生する機能もあります。海外基準のアプリらしく決定×、キャンセルでした。

 

『Littlstar VR Cinema』は無料アプリで、USBストレージの動画再生も無料でできますが、Littlstarへのログインが必要となりますのでメールアドレスは必要です。

 

ダウンロードした『Littlstar VR Cinema』はテレビ&ビデオのグループに入っています。

f:id:Hamasukei:20170325115743j:plain

USBストレージに「LITTLSTAR」というフォルダを作成

まずUSBストレージの一番上の階層に「LITTLSTAR」というフォルダを作る。USBストレージを差したまま、LITTLSTARの起動→ログインをすると自動で作成されました。

 

f:id:Hamasukei:20170325114149g:plain

ファイル名の末尾を書き加える必要がある

この「LITTLSTAR」フォルダ内に360度3Dの動画を入れれば良いのですが、『Littlstar VR Cinema』で360度3D映像だと認識させるには、ファイル名の末尾を書き加える必要があります。

 

VR映像は2つの映像を使う仕組みになっています。PS VRのゴーグルを見ても左目と右目で2つの映像に分かれていますよね。この2つの画面の分け方にトップボトム(上下)とサイドバイサイド(左右)という2種類があります。

f:id:Hamasukei:20170325130202g:plain

 

360度/トップボトム(上下)の場合、ファイル名の末尾を「_ou.mp4」にする必要があります。拡張子(.mp4)が表示されない設定の場合は「_ou」まで。

PS4.mp4 → PS4_ou.mp4
PS4 → PS4_ou ※拡張子が表示されない場合

 

360度/サイドバイサイド(左右)の場合、ファイル名の末尾を「_sbs.mp4」にする必要があります。拡張子(.mp4)が表示されない設定の場合は「_ou」。

PS4.mp4 → PS4_sbs.mp4
PS4 → PS4_sbs ※拡張子が表示されない場合

 

180度の場合は、それぞれ「_180」を追記。背面が真っ暗で180度動画っぽくても、実際は後ろが黒く塗られているだけの360度動画である可能性もあります。

PS4.mp4 → PS4_180_ou.mp4
PS4.mp4 → PS4_180_sbs.mp4

 

PCで動画再生すればトップボトム(上下)かサイドバイサイド(左右)かは簡単にわかります。

 

ファイル名を変更した動画ファイルをUSBストレージの「LITTLSTAR」に入れてPS4に差し込む。『Littlstar VR Cinema』アプリのライブラリから動画を選んで再生。

f:id:Hamasukei:20170325120407j:plain

動画が上手く再生されない場合
  • フォルダ名かフォルダを作る場所を間違えている
  • ファイル名を間違えている
  • 再生に対応していない動画形式、DRMでロックされている動画

PS VRの存在感が増した

自分で用意した360度3D動画が再生できるようになった意味は大きいです。アダルトサービスが氾濫している現代において、アダルト面を売り込んで大きな効果があるかといえば疑問ですが、PS VRが360度3Dのアダルト動画にも対応できたということです。ただし、DRM(デジタル著作権管理)でロックされていない動画のみ再生可能で、DMMは再生不可、Adult festa VRのスマートフォン版は再生可能という違い(2017/3/25現在)。

PS VR対応のアダルト動画に関しては少なからず注目されるところかと思いますが、情報を見るなら2017年3月以降に書かれた情報を見たほうが良いです。

 

360度3D対応カメラで撮影した動画をPS VRで視聴できるようになったことも大きな魅力。以前、Youtubeでの360度3D動画について書きましたが、バーチャルリアリティの世界の中で、本当にその人が目の前にいる感覚というのは平面の写真や動画では味わえない生々しいものです。思い出を残す媒体としてVRの凄さと素晴らしさを知るきっかけになるかと思います。

カメラ選びは悩むところですが、Kickstarterで目標を達成したTwoEyes VRに注目しています。出資者には2017年8月に発送予定とか。Youtubeにサンプル動画をアップしていますので、PS VRで確認できますね。プロが公開している動画でも画質は粗く感じる物が多いですので、低価格のカメラとなるとさらに画質は粗いですが、黎明期のエントリーモデルとしては手を出しやすい。



なんにせよ『Littlstar VR Cinema』は無料ですし、様々なVR動画を視聴できますので、PS VRを持っている方にはオススメです。本日、PS VRが再販されて、またPS VRユーザーが増えたようですので。

 

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版