『ファイナルファンタジー15 エピソード グラディオラス』の感想

f:id:Hamasukei:20170328144059j:plain

FF15のストーリーDLC第1弾『エピソード グラディオラス』をプレイしました。NORMALで1周、スコアアタックで1周したところです。

独立したDLC

セーブデータ的には本編と連動しない独立したDLCです。『エピソード グラディオラス』をNORMALで1周、スコアアタックで1周して、それぞれクリア報酬が本編に反映されるという繋がりはありました。

 

1周1時間12分でしたが、1周して終わりというDLCではなく、スコアアタックとエキストラバトルがアンロックされます。バトルゲームとしてはスコアアタックが本番という感じ。

バトル&イベントで最深部の大ボスを目指す

ほぼ1本道を進みながら道中の雑魚敵を倒し、3~4体ほどの中ボスも倒しつつ、最深部の大ボスを目指す。キャンプではコルとの会話イベントあり、プレイアブルの道中でも会話しつつ進みます。無料アップデートのCHAPTER13と同様にパズル的な要素はなく、クセのない作り。

 

シンプルな構造ですが新規ダンジョンであり、風景を楽しめるところもあった。

f:id:Hamasukei:20170328145944j:plain

 

強化要素はなく、武器も固定。アイテムは3種類です。アーケードゲーム的なステージクリア式のアクションゲームっぽい作りです。

 

強化要素がないこともあり、ゲームの軸はアクションバトルにあるかと思います。ソウルシリーズのようなアクションを意識したとまでは言えないですが、敵の攻撃を見極めてパリィ→カウンターというアクションが気持ちいい。ダメージ倍率システムもハマっていて、ガードを使って倍率を高めて一気に叩き潰すという展開も気持ちいいです。特にボス戦ですね。x1.0だと「堅いなぁ」と感じていたボスが、x4.0+超必殺技で一気に溶かせる。スコアアタックは、こういったパリィ→カウンターとダメージ倍率x4.0を上手く使えるようになっていくと楽しいかと思います。

アクションゲームっぽさが増したゆえに、カメラの悪さと敵の攻撃モーションのわかりにくさ、乱戦時の見にくさやハメのような動きにくさが少しストレスになる。「仁王なら透過したのになー」と思うこともしばしば。

f:id:Hamasukei:20170328150053j:plain

アクションゲームとして一流とは言えませんが、悪い部分を差し引いても十分に楽しさを感じられました。

 

コルの昔話は興味深かったし、グラディオラスとコルという組み合わせの会話も本編にはあまりないところでしたので新鮮でした。王の盾を掘り下げて見せるというコンセプトかと思いますが、まとまりもあって良かったと思います。エンディングも良い余韻がありました。また本編をやり直せば、グラディオラスとコルの印象が少し変わるかもしれない。

f:id:Hamasukei:20170328155005j:plain

大ボスに関しては、何ともかんとも言い難い。今に始まったことでもないですが、過去作の人気キャラの名前を使っただけの別物という感じでもあります。最近目にする「自分の事を〇〇だと思いこんでいる〇〇」みたいな、むず痒さがある。人気キャラの名前と人気曲を使えば、それなりの反応があるだろうという安易さのようなものも感じてしまう。マイナスポイントというわけではないことですが、過去作のキャラ名を使うなら、もっとニヤッとできたり「おおっ!?」と驚かせるような使い方をしてほしい。もったいないと思いました。

スコアアタックモード

敵の配置は通常モードと同じ。イベントシーンはカット。落ちているアイテムは無し(最初からそれなりの量を所持している)。10分/10分/15分/10分の4ステージに区切られている。基本的には戦闘に特化したモードです。アタックポイント、キルポイント、最大ヒット数+ボーナス、残りタイム+タイムボーナスでスコアが換算される。

f:id:Hamasukei:20170328143801j:plain

 

普通に1周してみたら28分で53万点でした。トロフィーコンプリートには100万点以上が必要です。それでも初回プレイ時より上手くなっていて、上達を実感できました。アクションゲームとして重要な、上達の手応えは感じやすい。『MLB The Show 17』を購入していなければ、もう少しやり込んでみたいと思える。

アクションゲームのスコアアタックがFFファンに望まれているかはわかりませんが、DLCだからこその、本編とは違った遊び方が提案されたのかと思います。

f:id:Hamasukei:20170328143953j:plain

本当は本編拡張型が好き

話は少しズレますが、個人的には『Fallout 4』『ウィッチャー3』のような本編を直接拡張するDLCが好きです。遊びこんだゲームが$19.99~$29.99の追加でさらに拡張されるという。

DLCを企画する最初の選択で、本編の隙間を縫う独立した小型DLCという選択になったのは少々残念です。キャラ愛が強ければ、そのキャラが主役になるショートエピソードは魅力が大きいかと思いますが、私はそこまでじゃないです。

 

単品価格540円は安いと思いました。通常モードはショートエピソードとしてまとまっていたし、繰り返し遊べるスコアアタックもある。さらに本編で使える報酬として武器と衣装がある。

 

欲を言えば、本編でもグラディオラスを操作したかった。ノクティスよりもグラディオラスのアクションが好きになりましたので。『オンライン拡張パック:戦友』(1,620円)で「各プレイヤーがノクティス、グラディオラス、プロンプト、イグニスをそれぞれ操作し、オンラインで協力プレイをすることが可能になります」ということですので、そこまで出来るようになるなら、いずれは本編での使用キャラチェンジも出来るようになるのかなと期待しています。

 

GOODなDLCでした。6月の『エピソード プロンプト』も楽しみです。

 

気の早い話ですが、DLC全部入りの完全版によるリローンチ(再発射)にも注目。『ウィッチャー3』や『フォールアウト4』のDLCをプレイした時にも度々書いていますが、DLC全部入り、バグ修正済の完全版を新規でプレイする人を羨ましく思える。AAA級タイトルはDLC展開や複数回のアップデートが当たり前にもなってきているし、DLC全部入りの完全版(しかも価格は抑えめ)がリリースされることも多い。このリローンチの準備や盛り上げ方は重要になってくるかと思います。