読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発売日発表

f:id:Hamasukei:20170411140806j:plain

本日、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発売日発表会が開催されました。

2017年7月29日(土) 発売

最初に発売日が発表されました。2017年7月29日(土)発売。

ハードはPS4と3DSで、今回はSwitch版の発表はありませんでした。価格はPS4版が9,698円(税込)、3DS版が6,458円(税込)。

f:id:Hamasukei:20170411141808j:plain

 

PS Storeでは今日からダウンロード版の予約が開始されました。

今は当たり前になっていますが、発売日の0時からプレイ可能です。

【予約】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて - PlayStation Store

 

7月以降のPS4タイトル発売予定は、

 

7/6(木) オメガラビリンスZ
7/6(木) GUNDAM VERSUS(ガンダムバーサス)
7/13(木) ハコニワカンパニワークス
7/13(木) ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
7/20(木) ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック
7/27(木) ナルティメットストーム トリロジー
7/29(土) ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
9/8(木) Destiny 2

 

予想と願望もあった6/10(土)は外れましたが、ハードの売上が落ちやすい7~8月の発売ということで、今年の夏はPS4の勢いが落ちるどころか盛り上がりそうです。勢いをつけて年末商戦を迎えられる。

 

FF15は3/31に発売日発表がされて、その時は9/30(金)発売予定でした。そこから延期して最終的には11/29(火)に発売。DQ11も延期の可能性はあります。

パッケージ/特典/限定版/同梱版

PS4版と3DS版のパッケージが公開。

f:id:Hamasukei:20170411141737j:plain

 

早期購入特典は、

  • しあわせのベスト - 戦闘後に入手する経験値が増えるイケてるベスト
  • なりきんベスト - 戦闘後に入手するゴールドが増える金ピカのベスト

f:id:Hamasukei:20170411142223j:plain

 

限定版の発売もあります。

f:id:Hamasukei:20170411142305j:plain

 

DQ11同梱の本体も発売されるようですが、こちらに関しては今回のステージでの詳細発表は無し。

ゲームプレイ

スタートの村となるイシの村。

ゲーム開始直後、右下に「オートセーブしました」の文字。オートセーブに対応していのは嬉しい。

f:id:Hamasukei:20170411142921j:plain

目的地は紫色で表示される。目的地を真っすぐ目指してもいいし、探索してもいい。ドラクエらしく、幅広いユーザーが遊べるようなわかりやすい作りになっているかと思います。

f:id:Hamasukei:20170411143115j:plain

今回はフィールドでのジャンプアクションがある。×かR2がジャンプらしい。

ジャンプはPS4版だけの機能とのこと。

f:id:Hamasukei:20170411143451j:plain

装備の外見への反映はあり。

f:id:Hamasukei:20170411143655j:plain

ダンジョンには強すぎるモンスターもいる。シンボルエンカウントですが、プレイヤーを追ってくるモンスターと追ってこないモンスターがいる。

f:id:Hamasukei:20170411144243j:plain

賢いドラゴンが何かを教えてあげている。モンスターの生活感も描いたとのこと。

f:id:Hamasukei:20170411145700j:plain

フィールドから敵シンボルを指定して先制攻撃を決めつつバトルに入る。

従来通りのコマンド&ターンバトルですが、操作キャラの移動が可能。今回のプレイでは、仲間3人はDQ4方式のAIでした。「めいれいさせろ」もあるようです。

f:id:Hamasukei:20170411144422j:plain

操作キャラクターだけが移動可能で「違和感あるかも」と思っていましたが、オートカメラモードがあり、こちらはカッコいいカメラでDQ8の正統進化のようなバトル。安心しました。

f:id:Hamasukei:20170411144811j:plain

倒すと乗り物になるモンスターがいる。

f:id:Hamasukei:20170411145049j:plain

 

オートセーブやジャンプ移動による立体感を取り入れて現代的になりつつも、ドラクエらしいドラクエで一安心。主人公だけがチョロチョロ動く戦闘画面は不安になりましたが、その後に見せてくれたオートカメラが恰好良かったので安心しました。