読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケムコのクラシックなコマンドRPG第二弾『レヴナントサーガ』クリア

f:id:Hamasukei:20170413152558j:plain

ドラクエ11を予約した勢いでケムコのクラシックなコマンドJRPG『レヴナントサーガ』(1,080円)をプレイ。プラチナトロフィーまで獲得しました。

クラシックなコマンドRPG

PS4としては2016年12月13日にリリースされた『アスディバインハーツ』に続くケムコのクラシックなコマンドRPGとなる『レヴナントサーガ』。どちらも1,080円ですが、『レヴナントサーガ』にはプラチナトロフィーまであります。

PS1or2のリマスターのようでもあるが現代的なスピード感

グラフィック的にはPS1.5くらいの印象で、それをそのままHDでシャープにした感じ。新作だけど懐かしさがあります。

f:id:Hamasukei:20170413151109j:plain

 

フィールドのRPGツクールっぽさは健在。2Dのフィールドは魅力です。

f:id:Hamasukei:20170413151525j:plain

 

システム的にもオーソドックスなJRPGという感じですが、現代的なスピード感があります。『アスディバインハーツ』の感想でも書きましたが、ロードが短くて移動サクサク・戦闘サクサクでテンポ良く進行する。アクションゲームよりも軽快な印象のあるコマンドRPG。

トゥルーエンドまで約15時間(戦闘ショートカットや戦闘アニメーションカットも活用)、プラチナトロフィーまで20時間未満でしたが、ボリュームがないわけじゃなくて、ゲームの進行スピードが早すぎる。中身は水増しなく詰まっていますので、大作RPGを短時間・低価格で遊べるという魅力があります。

 

イベント演出は簡素です。会話イベントは多いですが、演出自体は昔のJRPGと比べても抑え気味かと思う。ゲームの進行スピードが早いこともあり、少し淡々とした印象もある。ボイスもありません。

雑魚は弱くボスは少し強い

これも『アスディバインハーツ』と同じで、雑魚敵は弱く、ボスは少し強い。雑魚戦はオートバトルでスイスイ進めますが、ボス戦は味方のステータスアップと敵のステータスダウンが重要。

複雑な操作をさせにくいスマホアプリという事情もあるのか、雑魚戦での戦略性はあまりなくて、ボス戦だけは手動でコマンド入力が必要なほどの戦略性をもたせるという作り。

 

戦闘は、通常攻撃/スキル/ガード/アイテム/リベレーションというコマンドがある。リベレーション以外は、王道中の王道コマンド。リベレーションは変身して強くなるけど、変身中はHPの回復ができないというデメリットがある。

元々がスマホアプリなのですが、UIが完全に最適化されているとは言えない。通常攻撃以外のコマンドは「コマンド」をクリックしてから選択するので、例えばスキルを使う場合は、コマンド→スキル→使用したいスキル、という具合に3クリック必要。

f:id:Hamasukei:20170413151749j:plain

 

画面左下に行動順を示すバーとアイコンがあり、SPDの速い順に行動するシステム。これも『アスディバインハーツ』と同じですし、JRPGにはよくあるシステム。

 

戦闘中にボタンでオートバトル。OPTIONメニューで戦闘ショートカットをONにすると、弱い敵は一瞬で倒せる。手動ですとコマンド入力の煩わしさは少しありますが、雑魚戦はオートバトルをメインにしていましたので快適さのほうが大きい。

 

レベルは999まであり、終盤に開放される島で1時間も稼げばレベル999になるので、ストーリークリアまでのゲームバランスは壊し放題。難易度も3段階あって、いつでも自由に変更可能。難しいゲームではありません。

いい奴ばかり

ストーリーよりも印象に残ったのが、いい奴ばかりの仲間キャラクター。4人パーティーのJRPGで、メンバーに余りはなく4人旅。ギスギスしてもおかしくない展開もあるのですが、みんないい奴。ギスッたかと思いきや、いい奴ならではの行動だったり。ちょっとくさいくらいに甘くていい奴らなわけですが、パーティー内でのやりとりが良かったです。ほっこりニヤニヤできて、3回くらい泣けました。

ギャグ系のストーリーではなくて、けっこうシリアスなストーリーなのですが、その中でいい奴ばかりというところがポイント高い。

f:id:Hamasukei:20170413152333j:plain

 

ストーリーは突拍子がないところもあって二線級な印象もありますが、わりと王道的。復讐から始まり、悪の王を倒すというところも。

ケムコの第三弾にも期待

個人的には『アスディバインハーツ』よりも好みでした。全体的なプレイ時間とサクサク感は同等ですが、『アスディバインハーツ』は先制攻撃された時のダメージが大きくてフラストレーションが溜まるところもありましたが、『レヴナントサーガ』にはそういうところはなかった。

ストーリー的にも『レヴナントサーガ』には、甘っちょろいくらいのいい奴4人組という軸がありました。これが効いていたから先の展開も気になったし、キャラクターにも物語にも興味を持ち続けることができました。

 

プレイ時間+やり込みも丁度良くて、15時間でトゥルーエンド、そこから4時間でプラチナトロフィー。1,080円のクラシックなコマンドRPGを50時間も遊びたいわけではありませんので、スピード感のある展開で20時間内に収まるのは嬉しい。

 

ケムコの1,080円RPGシリーズ、いい感じです。元々がスマホの低価格アプリですのでチープなところはありますが、1,080円でここまで遊べれば大満足です。価格が3桁の990円だったら、もうインパクトが大きかったでしょうけどね。第三弾もあればプレイしたい。