『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』快適

f:id:Hamasukei:20170713223449j:plain

本日、2017年7月13日リリースの『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』。ガンビット+4倍速+オートセーブ+ロード高速化で非常に快適。

ファイナルファンタジーXII(無印)のリマスターではありません

FF10の時もそうでしたが、無印版のリマスターではありません。『ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム』をベースにしたリマスターです。

無印版(PS2)とゾディアックジョブシステム(PS2)の主な違い
  • 従来1種類だったライセンスボードが12種のジョブごとに分割。
  • 従来版では独自に考え行動していたゲストキャラクターや召還獣をプレイヤーが自由に操作可能。ゲストキャラクターにはガンビットも設定することができるようになりました。ゲストキャラクターのレベルアップも可能。
  • ダメージ・回復量の制限が撤廃。従来は9999まででしたが、10000以上も可能。
  • ガンビットが33種追加。ストーリーの序盤で全てのガンビットを購入できるようになった。
  • 16:9のワイドスクリーンモード対応。
  • ハイスピードモードモードが追加。L1ボタンで戦闘や移動が高速化。場所によってスピードが異なり2~4倍くらい。
  • 英語音声のみ対応。
  • ムービーイベントの追加。セリフ変更。ボイス追加。モブの討伐報酬が変更。
  • トライアルモードが追加。モンスターと連戦するバトルモード。
  • 強くてニューゲームが追加。
  • 弱くてニューゲームが追加。
  • その他バランス調整。
ゾディアックジョブシステム(PS2)からザ ゾディアック エイジ(PS4)の主な変更点
  • 映像表現力の向上。PS4 Proでは4K対応。
  • サウンド表現力の向上。
  • 従来は各キャラ1種だったジョブが各キャラ2種選択可能になった。
  • ロード時間短縮。
  • オートセーブ機能が追加。
  • ハイスピードモードが強化。2倍速モードと4倍速モードに切替可能。
  • 英語音声と日本語音声を選択可能。
  • ロケマップの透過表示機能が追加。

 

リマスター版ということでPS4版での変更要素が注目されますが、『ゾディアックジョブシステム』を未プレイの私は、むしろ無印→ゾディアックジョブシステムの変更点に魅力を感じました。この『ゾディアックジョブシステム』は2007年8月9日にリリースされ、2007年の販売本数が10万7461本とのこと。230万本以上売れた本編に比べてプレイしている人はかなり少ないです。
私のように無印版しかプレイしていない人からすれば、ゾディアックジョブシステム→ザ ゾディアック エイジという2段階分の進化を享受できる。

ガンビット+4倍速+オートセーブ+ロード高速化で非常に快適

もともとテンポの良いゲームだったと思いますが、ガンビット+4倍速+オートセーブ+ロード高速化で非常に快適。ガンビットさえ隙なく設定すれば、高速で動き回っているだけで敵を自動で倒してくれる。

育成の自由度も高くて、ライセンスボードを解放するLPは雑魚敵ならほとんど1LP。中盤まで稼ぎどころがないなんてことはなく、序盤からLPをガンガン稼いでライセンスボードを開放していける。バンバン開放していくのが気持ち良くて止まらない。

f:id:Hamasukei:20170713223120j:plain

 

現代のゲームと比べてもテンポが良いです。『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』もそうでしたが、テンポが良いので止め時がなく延々と遊んでしまう。

縛らない限り、難易度は易しいかと思う。稼ぎがサクサクなので、詰まるようなことがあっても少し稼いで強化すればゴリ押しできそう。

 

2006年のゲームということを考えればグラフィックは頑張っている。でも、輪郭がカクカクしたところも多々あり、古さはある。絵柄が独特でフォトリアルのゲームではないので、あまり粗さは気になりにくいのが良いです。

f:id:Hamasukei:20170713223015j:plain

ジョブは変更不可なので悩んだけど

ジョブの途中変更は不可なので、かなり悩むところだと思います。「最初は好きに」と言われても、そもそもジョブの特性を知らない最初こそ好きも嫌いもない。初回プレイの参考になりそうなのは公式放送のジョブ設定。

ヴァン:ブレイカー/シカリ
バルフレア:機工士/時空魔戦士
フラン:赤魔戦士/弓使い
バッシュ:ウーラン/ナイト
アーシェ:白魔道士/もののふ
パンネロ:モンク/黒魔道士

2つめのジョブが選択できるのは中盤です。

f:id:Hamasukei:20170712211502j:plain

非常に良い

北米版も同じ週にリリースされており、メタスコアもハイスコアです。

f:id:Hamasukei:20170713222137j:plain

高い評価にも納得で、とても面白い。元々が力の入ったAAA級タイトルで、それがリマスターされてビジュアルと快適さが大幅に強化されているから当然とも言える。

 

無印版のことはあまり覚えていないのですが、ガンビットやらゲームシステムは好きで、ストーリーは記憶に残りにくかった印象。

『ザ ゾディアック エイジ(PS2)』は未プレイなのでシステムは新鮮さがあるし、ストーリーもふんわりとしか覚えていないのでワクワクしながら進められている。今やってみると、意外とキャラ同士の会話が面白いですね。期待以上に楽しめており大満足。

 

面白いのは良いけど『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』と発売日が近いし、PS Storeはサマーセールやっているしで大変です。