108円は安い『HITMAN Prologue』ゲームのベースとなる部分

f:id:Hamasukei:20170721195325j:plain

体験版みたいなものかと思いきやゲームのベースとなる部分で、トロフィーも獲得できるものだった『HITMAN Prologue』。

体験版というよりはゲームのベース

Z指定のゲームは無料体験版が配信できないので、108円で体験版が販売されることがたまにあります。これも同様のものかと思いきや、体験版というよりはゲームのベースとなる製品版という感じでした。

 

108円が返金ではなく、『HITMAN THE COMPLETE FIRST SEASON』のダウンロード版を108円引きで購入できることになっているのも、あくまで体験版ではないんだなと思う。

となるとパッケージ版を買う人は注意が必要で、割引サービスは受けられず、108円も返ってこないことになります。

 

『HITMAN Prologue』のトロフィーは銀4/銅13あります。これに追加DLCを加えることでトロフィーも加えられていく。日本ではバラ売りはなさそうで『HITMAN THE COMPLETE FIRST SEASON』という6つのエピソード+1つのボーナスエピソードが含まれた完全版がリリースされる。

f:id:Hamasukei:20170721195037j:plain

言うまでもなく『HITMAN Prologue』と『HITMAN THE COMPLETE FIRST SEASON』のセーブデータは共通。

2つのステージ

『HITMAN Prologue』ではICA施設というロケーションのみプレイ可能で、ここでは2つのステージで試験的なミッションがプレイ可能。「プロローグ ガイドつきトレーニング」と「プロローグ 最終試験」がチュートリアルみたいなモードで、基本操作を覚えることができる。

 

「プロローグ フリーフォーム・トレーニング」はガイドなしで自由にミッションを進められるモード。

 

オンラインに繋いでいれば「コントラクトモード」もプレイ可能。ステージ上の誰でもターゲットに指定可能で、暗殺方法と変装を指定してオリジナルミッションを作成可能。もちろんそれをネットで共有できる。

もともと1つのミッションの自由度が高くて何度も楽しめるゲームですが、「コントラクトモード」の存在で幅が広がりました。

f:id:Hamasukei:20170721195207j:plain

『HITMAN』は始まっている

ゲームとしては従来の『HITMAN』シリーズから大きくは変わっていない印象。楽しさも同じ。チュートリアルが丁寧なので、『HITMAN Prologue』をプレイすればすんなりゲームに入れると思う。

 

108円という価格なら十二分に満足できる。もともと製品版を購入予定でしたので、これが体験版ならプレイする必要は感じませんでしたが、ゲームのベースとなる部分で、この部分のトロフィーもコンプリート可能ということで、『HITMAN Prologue』をコンプリートして製品版を迎えたいと思います。

 

ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン

ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン