ドラクエやってきて良かったと思える最高の内容でした『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』

f:id:Hamasukei:20170801212332j:plain

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』をクリアしました。

シナリオと演出が最高でした

今作はドラクエらしいドラクエを現行機で作り上げたわけですが、シナリオと演出が良かったです。本当にシナリオが面白くて、5回くらい泣けましたし、驚きも何度もあったし、ドラクエらしい笑いもあった。そして終盤の怒涛の展開から鳥肌の立つような真エンド。ドラクエやってきて良かったと思える最高の余韻を感じています。

 

途中までも「今作はシナリオ良いなぁ」と思っていて、システム的にも「安定して面白いなぁ」という印象でしたが、クリアしたかなと思った後の展開でとんでもなく興奮した。安易な言い方をすれば良ゲーから神ゲーになったという感じ。ゲームのシステムとシナリオの組み合わせ方が最高。やはり堀井雄二さんすごい。

 

歴史があって並び立つものがないほど存在でもあるので、これはドラクエでしか味わえない。DQ11はシリーズ最高傑作と思える内容ですが、それも過去作と思い出があってこそです。ゆえに新規ユーザーとは感じ方に雲泥の差があるところだと思います。特に音楽は過去作に頼り過ぎなところを感じますが、でもそれで喜べちゃっているから良いのです。

シナリオを心に染み入らせる映像の力

グラフィックには期待していませんでしたが、意外にも良かったので驚きでした。Twitterでも水のグラフィックが話題になっていましたね。岩肌、モンスター、衣類、草木などなど精細で質感も良かった。プレイ前は「ドラクエで4Kっているかなぁ?」という気持ちありましたが、高精細なテクスチャが多くて4Kが生きていました。

f:id:Hamasukei:20170802070709j:plain

 

映像の力は大きいなと感じました。美しい風景は思い出の場所になりますし、キャラクターの演技でより心に染み入るシナリオ。

f:id:Hamasukei:20170802071156j:plain

DQ10で培ったモーション

ドラクエのイメージそのままのモデリングのモンスターが活き活きと動いていたのも印象的。これはDQ10で培ったところが大きいでしょうね。DQ10を自社開発した意味が感じられます。

メインは良いけどサブクエストはおつかい

メインストーリーは面白かったですけど「(サブ)クエスト」はおつかいです。ちょっとしたエピソードにはなっているものの、こちらはさほど印象に残らない。

 

特定の敵を「れんけい」で倒すクエストが面倒でした。「れんけい」するためにゾーン状態にする必要がありますが、任意でゾーンになれるのは主人公だけ。他のキャラクターは防御してゾーン待ち、ゾーンになったら待機メンバーして他キャラのゾーン待ちという不格好な戦闘を強いられる。ゾーンシステム自体がイマイチですね。運任せなところがある。通常戦闘では邪魔になっていないので悪くはないのですが、(サブ)クエストで強制されると悪い部分を感じてしまう。

大作RPGらしい様々なロケーション

町や村が多数あり、ロケーションが豊富です。ドラクエとしては当たり前なのですが、久しぶりの据置機でのドラクエということでスケールが小さくなってしまうんじゃないかという不安もありましたが、不安は一掃されました。ゲームのボリュームも十分すぎるほどですし、大作RPGらしい内容。このあたりもDQ10で培ったものが大きかったのかと思います。

 

終盤は素材の再利用も多く見られましたけどね。

操作面は少し不満

操作はPS4に最適化されていない印象もあります。3DSと共通操作にするために、デュアルショック4を生かしきれていない感じ。タッチパッドは使用しない、L1/R1がカメラ操作に設定されているなど。カスタマイズもできない。

 

操作自体がシンプルですので不都合があるわけではないのですが、もっと便利にしようと思えばできたんじゃないかと思います。

かなりマイルド

かなりマイルドですので、ゲームに慣れた人からすれば物足りない部分もあるでしょうし、私もヌルすぎると感じるところは多々あります。ドラクエシリーズは誰でもクリアできるようなゲームになっていますが、その敷居が従来よりも下がった印象。

 

でもドラクエはコアゲーマーの意見に引っ張られる必要はないとも思う。A指定の300万本RPGである以上、誰でもプレイできる分かりやすさは重視されるべきでしょう。コアゲーマーが求める要素が毒にもなりかねない。今回はTwitterもAmazonレビューなんかも高評価が多数ですので、正しい選択だったと思う。

ドラクエらしいドラクエ

個人的にはドラクエらしいドラクエで大満足。その「らしさ」により新規ユーザーから見ると不自然と思える仕様もあるかと思う。300万本も売れるシリーズが30周年にもなり、存在が大きくなりすぎて舵取りが難しいところだと思います。今回はシステム的にはオーソドックスで無茶をせず、現行の据置機への落とし込みを重視した印象。DQ10で培った物も大きかったようで、上手くハマっていたと思いますし評判も良いです。

 

とにかく史上最高に熱中してクリア後の余韻も良かった。それに尽きる。新しいドラゴンクエストを堪能できました。

 

PlayStation(R)4版 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 公式ガイドブック (SE-MOOK)

PlayStation(R)4版 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 公式ガイドブック (SE-MOOK)

  • 作者: スクウェア・エニックス,スタジオベントスタッフ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2017/08/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る