『KNACK 2 Demo』をプレイ

f:id:Hamasukei:20170829104616j:plain

英国Storeで配信された『KNACK 2 Demo』をプレイしました。

やや残念なDemo

前作の評価が良くなかったのですが、あえてナンバリングの続編をリリースしてきたということで、前作の不評を覆す物を作ってきたのかと思いきや、あまり面白さが伝わらないDemoでした。

 

基本となるパンチとキックのアクションが地味で単調、一世代前のグラフィック、味気ない仕掛けを繰り返すステージ構成、これがインディーズ系で$19.99なら悪くないですが、SIEがナンバリングシリーズとして作るようなレベルには至っていない印象。『KNACK 2』は$39.99ですので、価格は少し安く設定されている。

f:id:Hamasukei:20170829104353j:plain

 

前作との違いは、R1ボタンでいつでもナックのサイズが変更できるようになった。しかし、Demo版ではわかりやす過ぎる使用ポイントしかなく、この機能の面白さは伝わらなかった。

f:id:Hamasukei:20170829101736j:plain

 

ナックの耐久力が前作より増しているのでプレイしやすくなった。これは良い変更点かと思います。

 

ゲームとして大幅な変化は感じられず、前作同様に固定視点で先へ先へと進んでいくアクションゲーム。右スティックは回避アクション。

f:id:Hamasukei:20170829105538j:plain

 

2人協力プレイにも対応しています。前作もローカルで2Pがロボナックを操作して簡易的な協力プレイができましたが、今作は最初から最後まで協力プレイができるようです。

f:id:Hamasukei:20170829104155j:plain

 

私は前作をクリアして、そこそこ楽しめました。メタスコア54点(83件)、ユーザースコア6.5点(1101件)という低い評価ですが、そこまで酷評されるようなゲームではないと思います。PS4ロンチの新規IPという期待は大きかったでしょうけど。

f:id:Hamasukei:20170829103828j:plain

Demoをプレイした感じだと、前作が嫌いじゃなければ今作も楽しめそうですが、前作の評価を覆すものにはなっていない印象。54点は超えるでしょうけど、Positiveラインの75点は難しいのではないでしょうか。これがPS4ロンチでリリースされていたら良かったですが、2016年、2017年は凄いゲームがバンバン出ていますので、前作よりは進化しても旧世代感を感じる。

 

しかし、これはあくまでDemo版です。面白い部分を切り取ったというものではなく、チュートリアルみたいなもの。本編では派手で豊富なアクションが用意されているかもしれない。

 

日本では『アンチャーテッド』と同じく、ナンバリングではありません。『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』というタイトル。タイトルとパッケージで協力プレイを強調しているような日本版。前作から劇的に変わる可能性があるのは協力プレイの面白さだとは思います。

f:id:Hamasukei:20170829105100j:plain

 

北米版は9/5リリース、日本版は9/28リリースです。

 

【PS4】KNACK ふたりの英雄と古代兵団【早期購入特典】「ミニサウンドトラックがダウンロード出来るプロダクトコード」同梱

【PS4】KNACK ふたりの英雄と古代兵団【早期購入特典】「ミニサウンドトラックがダウンロード出来るプロダクトコード」同梱