『Bulletstorm: Full Clip Edition』が9/14にリリース決定しましたがD指定

f:id:Hamasukei:20170904142616j:plain

北米Storeで2017年4月7日にリリースされていた『Bulletstorm: Full Clip Edition』。とても面白いゲームでしたが、ようやく日本でのリリース日が決定。しかし、メーカー側の意向とは違うD指定が無念。

9/14~9/21の期間中は特別価格3,400円(税込)

リリース日は2017年9月14日、ダウンロード版のみのリリースとなります。

価格は4,400円(税込)ですが、初週限定価格で3,400円(税込)。もちろん『Duke Nukem's Bulletstorm World Tour』もついてくる。北米版が$59.99ですので、日本版の価格はかなり頑張っています。

「できるだけそのままの表現でリリースしたい意向」でしたが

『Bulletstorm: Full Clip Edition (北米版)』の感想を書いています。

この時のコメント欄でもD指定でリリースされたPS3/Xbox360版の規制に関してコメントをいただきました。Amazonレビューを見ても、多くの人が規制に関してのネガティブなコメントを残しています。

Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: バレットストーム(PS3)

Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: バレットストーム(Xbox360)

規制のルールが違いますので、北米版から日本版にローカライズする時に規制せざるをえないゲームは多々ありますが、ここまで規制がゲームの足を引っ張るのは珍しいほうだと思います。

 

ファミ通が2/23時点の記事でGearbox Softwareの担当に聞いたところ「できるだけそのままの表現でリリースしたい意向だが、ただ万が一通らなかった時のために対応の準備もしてある」とのことでした。

このコメントから、無規制もしくは一部規制のZ指定で日本版がリリースされる期待が高まりましたが、まさかのD指定。

f:id:Hamasukei:20170904141122j:plain

これではPS3/Xbox360版と同様の反応が待っているのは目に見える。「できるだけそのままの表現でリリースしたい」と語っていたのに、なぜ今回もまたD指定になってしまったのか、その経緯は気になります。

メーカー側の意向で規制したかったならその理由があるのも納得ですが、今回はGearbox Softwareとしては規制したくないという意向を語っていたのに、このような結果になったのが残念なところ。

 

価格が安いのは、規制結果を考慮してのことかと思います。Gearbox Softwareの心苦しさも感じられる補填。

 

ゲームが社会悪として販売禁止にならないためにCEROの存在意義は大きい。メーカーの意向に反して規制が入ったのなら規制ルールに引っかかったということでしょう。しかし、無念。

 

Bulletstorm Full Clip Edition (輸入版:北米)

Bulletstorm Full Clip Edition (輸入版:北米)