『2017 PlayStation® Press Conference in Japan』まとめと感想

f:id:Hamasukei:20170919170105j:plain

本日開催された国内のプレイステーションビジネスにおける販売戦略発表の場『2017 PlayStation® Press Conference in Japan』のまとめと感想。

 

新発表
  • マインクラフト ストーリーモード シーズン2 (2017年10月)
  • ドラゴンズクラウン・プロ (2018年1月25日)
  • ファイナルファンタジー9 (9月19日)
  • アイドルマスター ステラステージ (12月21日)
  • 機動戦士ガンダム バトルオペレーション2 (2018年)
  • 【VR】乖離性ミリオンアーサー VR
  • 【VR】The Inpatient -闇の病院-
  • 【VR】DARK ECLIPSE
  • 【VR】Stifled
  • 【VR】The Walker
  • 【VR】Kill X
  • 【VR】Legion Commander
  • 【VR】GUNGRAVE
  • 【VR】A列車で行こうExp.
  • 【VR】ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS
  • 【VR】ねこあつめVR
  • 【VR】JAPAN Studio VR音楽祭 (9月20日から先行配信)
  • 【VR】News VR 朝日新聞
  • 【VR】niconico
  • HIDDEN AGENDA 死刑執行まで48時間 (2017年)
    スマホで操作するPlayLinkシリーズ。
  • LEFT ALIVE (2018年)
    『フロントミッション』の匂いがするスクウェア・エニックスの新作。
  • EARTH DEFENCE FORCE: IRON RAIN
発売日決定
  • 地球防衛軍5 (12月7日)
  • 北斗が如く (2018年2月22日)
  • とある魔術のバーチャロン (2018年2月15日)
  • モンスターハンター:ワールド (2018年1月26日)
    PS4 Proの同梱版もリリース。本体は12月7日発売でソフトは1月26日から遊べるダウンロードコードが封入されている。

    f:id:Hamasukei:20170919170309j:plain

その他ニュース
  • PSVRカメラ同梱版が10月14日(土)から44,980円+税に価格改定。今までは49,980円+税でした。

感想

まず今回の東京ゲームショウ前の『PlayStation® Press Conference in Japan』は、あくまでも国内展開の発表ですので、6月のE3や12月のPSX(PlayStation Experience)と同等に見るものではありません。欧米のほうが売れるようなビッグタイトルはE3やPSX、もしくは10月末のParis Gemes Weekでの発表になるかと思います。

特に10月末のParis Gemes Weekは、2015年にカンファレンスを開催して『グランツーリスモSPORT』『Detroit Become Human』が発表されていましたが、2016年のカンファレンスは無し。それが2017年で復活するということは、何か発表すべきことがあるのかと思います。

 

ソフトだけでなくハードも同じで、PSPとPS3はE3、PS2とVITAとPS4はPlayStation Meetingで発表されました。SIEの新しいプラットフォームはE3かPlayStation Meetingのみで発表されています。

 

2014年以降の同カンファレンスでの新発表タイトルは、

2016年

GUNDAM VERSUS(ガンダム バーサス)
いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY
地球防衛軍5
無双スターズ
【VR】V!勇者のくせになまいきだR
グランブルーファンタジー PROJECT Re:LINK

2015年

Bloodborne The Old Hunters Edition
New みんなのGOLF
GRAVITY DAZE
GRAVITY DAZE 2
龍が如く 極 KIWAMI
THE KING OF FIGHTERS XIV
ワンピース バーニングブラッド
三國志13
討鬼伝2
仁王 ※PS4版
KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue
いけにえと雪のセツナ
十三機兵防衛圏
バイオハザード アンブレラコア
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期

2014年

トゥモロー チルドレン
サマーレッスン
地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR
ブレイドストーム 100年戦争&ナイトメア
魔界戦記ディスガイア5
ドラゴンクエスト HEROES 闇竜と世界樹の城

 

まず2016年よりは大幅に新発表タイトルが増えていて、昨年よりは見どころの多い内容だったと思います。

超ビッグタイトルである『モンスターハンター:ワールド』の発売日とPS4 Proの同梱版を発表できたのも大きい。『ドラゴンクエストヒーローズ』と同じ売り方ですね。年末商戦の売れる時期に同梱版を出しておくと。

 

個人的にはVRタイトルの充実が嬉しく、安心できたところでもある。明日から先行配信される『JAPAN Studio VR音楽祭』も楽しみ。『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』の発表も驚けた。PS4ユーザーでもPSVRを持っていない人のほうが多いので、VR関連の発表には、あまりピンと来なかったかもしれない。

海外では発表済ですが、今回のカンファレンスで『Bravo Team』『Skyrim VR』も国内正式発表されました。

f:id:Hamasukei:20170919174329j:plain

 

発表タイトルは多かったですが、粒ぞろいだった2015年と「おかえりなさい」のインパクトが強かった2014年と比べるとパンチ力不足だったところは感じる。総合力では2015年、1発のパンチ力は2014年。このカンファレンス、PS4発売後の1回目と2回目でハードルが上がりましたね。

今回は『ドラゴンズクラウン・プロ』と『ファイナルファンタジー9』が事前にバレていたのもサプライズ不足の要因となってしまった。

期待していたPS2 on PS4がなかったのも残念。

発表済タイトルも含めて、国内向け発表会でサードタイトルをこれだけ集められるのは凄いけど、SIE JAPAN Studioが弱すぎるというのも改めて感じた。2016年と2017年の同カンファレンスでSIE JAPAN Studioが目立たなすぎる。昔はSIEが多くゲームを作っていたのに。今後も国内向け発表会を盛り上げるにはSIE JAPAN Studioがゲームを出さないと厳しいかと思います。海外タイトルやサードタイトルはパンパン、これからもバンバン出るでしょう。求めるのはSIE JAPAN Studioの活躍。

 

ただ、『北斗が如く』と『モンスターハンター:ワールド』の発売日が決定し、来年もソフトがキツキツなので、これ以上増えても仕方がないという状況ではあります。

 

1/11 DISSIDIA FINAL FANTASY NT
1/19 二ノ国II レヴァナントキングダム
1/25 ドラゴンズクラウン・プロ
1/26 モンスターハンター:ワールド
2/15 聖剣伝説2 SECRET of MANA
2/15 とある魔術のバーチャロン
2/22 閃乱カグラ Burst Re:Newal
2/22 北斗が如く

年度末のソフト発売は、まだまだ増えるでしょう。真・三國無双8やGod of War(北米)も2018年Earlyです。レッド・デッド・リデンプション2が2018年春(3~5月)。Detroit Become Humanが2018年上期(1~6月)。取捨選択が難しい、有難いことです。

 

次の発表会は日本時間で10/31(火)午前2時。Paris Gemes Week ソニーカンファレンスです。2015年に開催されたカンファレンスでは『MATTERFALL』『Until Dawn: Rush of Blood』『Robinson: The Journey』『グランツーリスモSPORT』『WILD』『Detroit Become Human』が発表されています。とりあえず『Detroit Become Human』の発売日発表はありそうです。開発元の本拠地ですのでね。