PS4版『ファイナルファンタジー9』ロード時間比較など

f:id:Hamasukei:20170919205158j:plain

2017年9月19日にリリースされたPS4版『ファイナルファンタジー9』のロード時間比較やPS版との違いなど。

ほぼベタ移植+便利システム

Steamでリリースされているバージョンとほぼ同じかと思います。PS4版『ファイナルファンタジー7』と同じ感じですね。FF7と違ってインターナショナル版がないので、無印のFF9と内容は同じかと思います。

 

  • トロフィー対応
  • SHARE対応
  • ゲージマックス(OPTIONSボタンを押してL1)
  • ダメージ9999固定(OPTIONSボタンを押してL2)
  • 高速モード(OPTIONSボタンを押してR1)
  • エンカウント無し(OPTIONSボタンを押してR2)
  • オートバトル(戦闘中にR2)
  • BOOSTER:アビリティマスター(コンフィグで設定)
  • BOOSTER:レベル魔石力MAX(コンフィグで設定)
  • BOOSTER:ギルMAX(コンフィグで設定)
  • ムービースキップ機能(ボタン)
  • キャラクターやムービーの高解像度化

トロフィーコンプリートは高難易度。なわとび1000回やエクスカリバーIIの入手(記憶の場所まで12時間以内に到達)がトロフィーに入っています。

「記憶の場所まで12時間以内に到達」は便利機能とムービースキップを駆使すれば、オリジナル版から比べて難易度は大幅に下がるはず。

 

SHARE対応も重要なポイント。今までは配信するのにグレーゾーンだったわけですが、これで晴れてFF9のブロードキャスト配信がホワイトになりました。

 

4つの便利機能は、OPTIONSボタンを押した状態でL1/L2/R1/R2を押してON/OFFを切り替える。ムービー中は切り替えられないのが難点で、高速モードでプレイしている時にムービーに入るとムービーも高速で再生される。

f:id:Hamasukei:20170919204436j:plain

 

3種のBOOSTERは、1つでも使用すると以降のトロフィーが獲得できなくなります。 

 

キャラクターやムービーは高解像度化ですが、背景はそのまま。ややキャラクターが浮いた感じになります。リマスター版らしいアンバランスさはある。

f:id:Hamasukei:20170919205352j:plain

ロード時間比較

エンカウントからATBゲージが表示されるまでの時間。

  • 4秒75 - PS4版 高速モード 戦闘開始時の演出スキップ/ON
  • 6秒08 - PS4版 高速モード 戦闘開始時の演出スキップ/OFF
  • 11秒54 - PS4版 通常モード 戦闘開始時の演出スキップ/OFF
  • 14秒79 - ゲームアーカイブス版(PS3)

PS版よりはかなり速いですが、高速モードでも約5秒かかるということで、動き出しまでは意外と遅かった。でも戦闘自体が超速くて、終了もスムーズ。1戦闘12秒で終える。

高速モードだと戦闘が速すぎますが、コンフィグでバトルスピードを遅くすれば、ある程度は調整可能。

シリーズ最高評価

メタスコアはFFシリーズ最高の94点(22件)。PSで3作目のナンバリングFFといことで、完成度が高い。

 

f:id:Hamasukei:20170919210524j:plain

FF8もニュースに

FF8もPC版がリリースされているのに、なぜかスキップされましたね。しかも偶然にも9/19にFF8のオメガウェポン新攻略法が18年の時を経て見つかったというニュースがありました。もし今回配信されたのがFF8なら、この攻略法を試す人が多かったでしょう。

そのうちFF8もPS4版が出るはず。

 

【PS4】いただきストリートドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30th ANNIVERSARY

【PS4】いただきストリートドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30th ANNIVERSARY